50代のオンライン婚活でお見合いまで発展するには?気をつけたいポイントまとめ

 

全世界を震撼させているコロナウイルス。その猛威はとどまるところを知りません。
婚活に真剣に取り組んでいる50代の人の中には、

『自粛生活が続き、寂しさがより一層つのってくる。早く結婚したい』
『コロナに感染したくないけど、婚活は自粛したくない』

などと感じ、モヤモヤしている人もいるのではないでしょうか。

婚活に悩む50代の人におすすめなのが、パソコンやスマホなどのIT機器を用いた『オンライン婚活』です。
実際に合わずに画面上で出会うことが可能であるため、コロナの感染を気にせずに相手とのコミュニケーションに集中できます。

しかし、実際にオンライン婚活を利用した50代の人の中には、

『ネットから始まる出会いに抵抗がある』
『お見合いまでなかなか辿りつくことができない』
『使い方がいまいち分からない』

などのネガティブな声も上がってきています。

そこで、今回の記事では50代がオンライン婚活でお見合いまでたどり着くために注意すべき点、上手な利用のしかたについて解説していきます。

オンライン婚活の利用を検討している、またはすでにオンライン婚活に取り組んでいるが結果がなかなか出ないという50代の方は、是非最後までお読みください。
オンライン婚活のコツが掴めるはずです。

オンライン婚活は50代に敬遠されがち

50代は『デジタルノンネイティブ世代』と呼ばれています。
インターネットやパソコンがある生活環境の中で学生時代を『過ごしていない』世代という意味です。

幼少期からインターネットや携帯電話が当たり前だった世代と比べ、オンライン婚活に不安を覚える人も多いようです。

また、50代は再婚の可能性も高いので、オンライン婚活を利用する、年下の世代からは敬遠されることも。
しかし、その一方で、自分より上の世代からはかわいがられることも少なくないため、一概に『50代は婚活に不利』と言うわけではありません。

50代のオンライン婚活でお見合いまで到達するためのポイント

ここからは、50代のオンライン婚活がうまくいき、お見合いまで到達するためのポイントを解説していきます。

自分にあったやり方を探す

ひと口にオンライン婚活とは言っても、現時点で3つのパターンが存在します。

①Zoom婚活パーティ・飲み会

Zoomなどのビデオチャットアプリを利用して、1対1の即席お見合いや、複数人でのオンライン飲み会に参加し、出会いを探すパターン。

どんな人が来るかは当日までわかりませんが、

「30代後半〜40代前半までの男女」
「〇〇好きな人が集まるオンライン婚活パーティー」

といった具体的な条件を設けて、相性の良い参加者が集まりやすいような工夫がされている場合が多いです。
費用が安価で、同時に複数の人と家にいながら関わることができるのが魅力的ですね。

②マッチングアプリ

『ペアーズ』などで有名なマッチングアプリも、現在はビデオチャットでオンライン婚活が可能となっています。

マッチングアプリは、そもそもオンラインで出会うために生まれたツール。
ビデオチャット機能の追加で、ネット上でもより親睦を深めることができるようになりました。

マッチングアプリは会員登録数が多いため、好みの相手が見つかりやすいのが魅力的なポイント。
無料(女性)〜月額4,000円程度の安価な料金で利用が可能です。

③オンライン結婚相談所

最近は、オンラインで完結できる結婚相談所も増えている傾向にあります。
これまでの結婚相談所とはちがい、店舗に通わずに婚活することができるのです。

  • 独身証明書、収入証明書などの提出
  • 登録
  • マッチング
  • お見合い
  • カウンセラーとの相談

などを全てをオンラインで行うことになります。

手厚いサポートに加え、費用が比較的高いことで、結婚に対する真剣度が高いユーザーが集まる点も手伝い、効率よく成婚までたどり着けるのが魅力です。

費用が高いとはいえ、実店舗を失くしコストカットすることで、従来の結婚相談所よりも大幅に安い月額5000~20000円で利用できます。
費用面で結婚相談所の利用をあきらめていた人にとっては朗報ではないでしょうか。

登録時の情報量に注意する

上記のどの方法を使うにしろ、会員登録時に情報量が少なすぎると登録すらできない場合もあります。
仮に登録できたとしても、相手が見つからないことも多いです。

オンラインから始まる出会いには、誰もが少なからず不安を抱えているため、プロフィールの情報量が少ない人は敬遠されてしまいます。
実際に詐欺目的の悪徳業者などもまぎれこんでいるためです。

きちんと丁寧に、時間をかけたプロフィールを作りましょう。

お見合い達成まで気をつけたいポイント

ここからはお見合いまでたどり着くためのポイントを解説していきます。

オンラインでのやりとりに不安を感じている50代の人でも、以下の点を意識すればお見合いをセッティングすることができるはずです。

味気ない短文で返事をしない

プロフィールにも言えることですが、短すぎる文章では相手に何も伝わらない上に、冷たい印象を与えてしまいます。

特に、最初の自己紹介の時に「よろしくお願いします。」だけはNGです。
何らかの自分の情報や、相手への質問を盛り込むようにしましょう。

顔写真からは、あなたの内面はわかりません。
オンラインなのですぐに返事をする必要はないのです。時間をかけ、『一文入魂』の意識でじっくり考えてみましょう。

絵文字だらけにしない

『若く見せよう』として絵文字を使いすぎるのはNGです。
あまりに多すぎるとかえって幼稚に見えてしまい、相手の印象は悪くなってしまいます。

50代らしい、どっしりとした印象を与えられるように、また文章が読みにくくならないよう、適度な絵文字の量を心がけましょう。

否定的な意見や第三者の評価を書かない

たとえ嫌なことがあった時でも、ネガティブな意見を書きすぎると『この人は暗い』と相手に偏ったマイナスの先入観が生まれてしまいます。

また、『みんなにかわいいって言われる』などの第三者の評価を自分でアピールしてしまうと『あざとさ』が増してしまうので、実際に言われていたとしても送るのを避けるべき内容です。

実際に会う前段階では、セルフイメージと婚活相手に与える印象が乖離しやすい傾向があります。
ネガティブな意見や第三者の評価を伝えるのはさけましょう。

50代に特化したオンライン婚活をサポートしてくれる結婚相談所もある

数は少ないですが、50代、60代、70代まで対応できる結婚相談所がオンライン上にもあります。

『茜会』や、再婚者限定の『再婚ネット』などが有名ですね。

オンライン婚活の主なやり方は、他の世代の場合と変わりませんが、同世代で相手を探したいのなら、自分の世代に特化した結婚相談所に登録した方が良い出会いをつかむ確率はアップします。

50代のオンライン婚活は難しいわけではない

50代は婚活市場でも層は薄い方ですが、決して自分を求めてくれる相手がいないわけではありません。

オンラインに抵抗がある人は、すこし苦労するかもしれませんが、上述の注意点を意識しながら自分にあった人を見つけましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ