ネット婚活で本名を教えるタイミングはいつがベスト?みんなはどうしてる?

ネット婚活(マッチングアプリ、婚活サイトなど)の場では、初めは本名を教えないのがスタダードとなっています。

悪徳業者や、個人情報を悪用しようとする人間がいるかもしれないからです。

とはいえ、相手と距離が近づくにつれて、どこかのタイミングで教える必要性が出てきますよね。

『けっこう仲良くなってきたけど、そろそろ本名を教えた方が良いのかな?』
『みんなはどのくらいのタイミングで本名を明かしているのだろう』

と気になったり、迷ったりしてしまう人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、ネット婚活の場で本名を教えるべきタイミングについて解説していきます。

そもそもネット婚活で本名は教えないとダメ?

ネット婚活において、初めから本名を教える必要はありません。基本的に、ネット婚活サービスの規約上、『本名でないと登録してはいけないとなっていない』からです。

しかし、距離を縮めていきたい相手が現れた場合は、いつまでも本名を教えないのは考えものです。
本名を教えない=相手を信頼していないというサインになってしまいます。

『この人と会ってみたい』と思えたのであれば、自ら一歩を踏み込む勇気も必要となるでしょう。

相手に合わせて教えなくてもいい!かわす方法

相手が本名を教えてくれたからといって、自分も教えなくてはいけないわけではありません。
冷静にじっくりと相手のことを見極める必要があります。

あくどい人に本名を知られてしまうと、SNSなどを検索して個人情報をチェックされたり、住所を特定されたりする可能性があるからです。

とはいえ、相手が本名を公開してきてくれたのに、自分だけ公開しないのは気まずいものですよね。

そこで、ここからは自分が『心の底から自分の本名を教えてもいい』と思えるまでの間、相手に本名について聞かれた際の『かわし方』について、解説していきます。

方法①下の名前・ニックネームを教える

本名を聞かれた際のかわし方、1つ目のテクニックは『フルネームではなく下の名前だけ、もしくはニックネームを教える』です。

『初めはそう呼んでほしい』
『友人からこう呼ばれている』

などと丁寧に伝えれば、相手も納得してくれるはず。

下の名前かニックネームを伝えるテクニックを使えば、婚活用の情報と、SNSの情報がつながったときに個人の特定ができないようにすることができます。
『まだ相手を信用できない』という時は活用してみてください。

方法②教えたくない理由を説明する

本名を聞かれた際のかわし方、2つ目のテクニックは、正直に『教えたくない理由を説明する』です。

『仲良くなるまでは教えたくない』
『直接会ったときに教えたい』
『初対面の人には下の名前だけ教えるようにしている』
『以前本名を教えて怖い思いをしたことがある』

などと丁寧に、素直に伝えれば相手は納得してくれるはずです。
もしあなたが、相手に嫌な思いをさせないよう気遣いをした上で上記のように伝えたとしても、相手が納得しなかったら。
あなたに真摯に向き合ってははいない証拠です。そのような相手とは距離をおくべきでしょう。

相手の事を思いやる事ができる人であれば、快く受け入れてくれるはず。
『相手の人間性を試す』という気持ちで、自分のスタンスを貫くことをおすすめします。

自分のタイミングで教えよう

ネット婚活で出会った相手に本名を教えるのは『自分が教えたくなったタイミング』で問題ありません。

上述のような対策をし、慎重に関わった上で、自分が心から『距離を縮めたい』『相手を安心させたい』と思ったのであれば、本名を教えても問題はないでしょう。

とはいえ、本名を教えたら、やはりSNSなどで検索される可能性はあります。
実際に相手と会う前に教えると、先に検索されて得た情報で自分を判断されたり、個人情報を特定されたりしてしまうかもしれません。
しかし、警戒するのは必要だが、臆病になりすぎてチャンスを失うはもったいないこと。

ここからは、迷った時のために『本名を教えやすいタイミング』について、具体的に解説していきます。

タイミング①相手が教えてきたとき

相手が本名を教えてくれたタイミングで自分も教える。
これは自然な流れであり、安心して教えることのできるタイミングと言えるでしょう。

相手も少なからずあなたと同じく『本名を教えて良いものだろうか』と不安を抱えているはずです。
その上でであなたに本名を教えてくれたのだから、信頼できる相手である可能性は高いはず。

ただし、出会ってすぐに自分の本名を教えてくる相手は、体目的や遊び目的の危険性があり
ます。
その場合、偽名を使っていたり、誰かになりすましている可能性もあるため、注意が必要です。
相手が本名を教えてくれたからと言って、自分も無理に教える必要はありません。
『相手が本名を教えてくれたこと』を1つの判断材料として、慎重に検討してください。

その上で『お互いに信頼関係が構築できている』と感じられるならば、そのタイミングで本名を教え合いましょう。

 

タイミング②話が合うと思ったとき

慎重に相手と関わった上で『話が合う』『また会いたい』『もっと話をしたい』などと心から思えたのであれば、本名を教えても良い可能性は高いでしょう。

自分の気持ちの流れに沿っているので、自然なタイミングと言えるからです。

リアルで会ってからの方が無難ではありますが、オンラインでも信頼関係ができていると客観的に判断できるのであれば、本名を教えても問題はないでしょう。

『好意、興味を持っている』事を相手に伝えられるというメリットもあります。勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

タイミング③LINEのやり取りに移るとき

LINEを交換するタイミングも、距離が縮まる1つの節目であり、本名を教えても良いタイミングです。

LINEを交換しても良いとお互いが思えた=ある程度関係が深まっている、と言えるからです。

 

LINEを交換した後はお互いに連絡をしやすくなるので、距離がぐっと縮まりだすタイミングでもあります。
『LINEを教えるついで』という気持ちはあまりよくないが、SNSなどで検索されうると自覚した上で『この人と距離を縮めたい』と心から思えるのであれば、本名を教えても問題はないでしょう。

タイミング④デートの約束をしたとき

デートの約束をした時に本名を教えるのも、おすすめなタイミングです。

デートではお互いのことを知ることができます。それと同時に本名で呼び合うことができれば、お互いに親近感が増していくはずだからです。

ニックネームで呼び合うのは気恥ずかしくなってしまい、デートの盛り上がりが減退してしまう場合もあるかもしれません。
デートの約束取り付け時に本名を教えておくことは、デートを盛り上げるための布石にもなるでしょう。

とはいえ、リアルで会う前なので、相手の『人となり』について分からないことがある状態である、という自覚は必要です。
慎重さは常に持っておきましょう。

タイミング⑤2回目のデートに進みそうなとき

2回目のデートに進む=相手に興味や好意がある、ということですよね。

このタイミングで本名を教えるのは、気持ちの流れからしても自然です。

さらに、リアルで一度会ったうえでの判断なので、一番安心なタイミングであると言えるでしょう。

信頼できる相手ならば、あとは自分のタイミングでOK!

『ネット婚活の場において、いつ本名を教えるか』

この問いに正解はありません。
2人の相性にもよりますし、個人の価値観によっても変わるからです。

とはいえ、相手に『まだ本名を名乗りたくない』と言われたとしても、そこで即交際終了となるわけではありません。
相手を『信頼するに値する人』であると思うことができているのを前提に、『距離を縮めたい』『好意を示したい』などと思えた時は、一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

 

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ