オンラインお見合いの服装の疑問に答えます!【男女編】

ひと昔前までの婚活・お見合い方法と現在では、かなり違いが出てきています。

昔でいう「お見合い」は、上司や親戚がセッティングするものでしたが、現在では結婚相談所に在籍する仲人がセッティングすることも増えてきました。

その中で、出てきた新しいお見合い方法が、「オンラインお見合い」です。忙しく行動制限されることも多い現代人には、ぴったりの方法なので需要も高いようです。

増えてきているとわかれば、その内容が気になりますよね!

ここでは、リアルなお見合いとオンラインお見合いではどんな違いがあるのか、オンラインの時にふさわしい服装と合わせて紹介していきます。

オンラインお見合いの服装、リアルと違うの?

リアルなお見合いとオンラインお見合いで1番意識すべき違いは、カメラを通しての対面となることです。それ以外は、基本的には変わりません。

そのためオンラインのお見合いでも、リアルなお見合いでも、服装は変えなくてOK!

ただしカメラを意識して、カメラ映えする物を選ぶことがポイントになります。

オンラインでカメラ映えしつつ、異性ウケする服装については、詳しく後述していきます。

オンラインお見合いの服装!女性編

まずは、オンラインお見合いの女性の服装についてまとめていきます。

服装は、まず年相応の物であることが大前提になります。若すぎる物は頑張り過ぎている感じが出てしまい、落ち着きすぎたものを選ぶと、逆に老けて見えてしまうことも…。年齢に適した物を選ぶことは、このようにマイナスな印象を与えないことに繋がります。

おすすめの物は、プロフィール写真と似たような雰囲気の物になります。これは相手にギャップを与えないようにするためです。

そしてNGとなるのは、ラフすぎるもの・セクシー過ぎるもの・個性的すぎるものになります。

ラフ系は、結婚相手の候補と対面するときには、気が抜けすぎていますよね。セクシー過ぎるものは一見男性が喜びそうですが、結婚相手として考えるには、やや下品な印象になってしまい敬遠されます。個性的すぎるものも、相手が驚くのでやめておきましょう。

ここからは具体的な服装と、メイクについても触れていきます。

女性編①色

オンラインお見合いでの服の色は、白やパステルカラーなど淡い色がおすすめです。こういった色は、明るく見える上に、相手に親しみやすい印象を与えることができます。

逆に濃い色だと、個性的で印象が強くなりすぎてしまいます。こういった印象をもたれると、話しにくいと思われることもあるため、重めの色は避けた方が無難です。

この時に気にすべきポイントは、壁の色!

壁と服が同じ色の場合、カメラを通すとそれらが同化して境目がぼんやりし、体が大きく見えてしまいます。同化しないことだけでなく、壁の色との相性も気にしましょう。カメラのフレーム内では、1枚の写真のようになると考えると、わかりやすいですよ。

そしてこの観点から、服は無地系のものを選びましょう。柄物だと、画面がうるさく見えてしまい、ずっと見つめることが辛くなってしまいます。ワンポイントの刺繍などは、壁との同化を避けたうえで、女性らしい印象も与えてくれるので、おすすめです。

女性編②アイテム

男性ウケが良く無難なアイテムは、王道のワンピースや、ブラウスまたはカーディガンにスカートを合わせたスタイルになります。

オンラインお見合いで油断できないことが、カメラでは上半身しか映らないということ。この考えのもと、下半身を普段着にしてしまい、気が抜けた時にカメラに映りこんだという失敗談が多数報告されています。こういったケースに続いてしまわないように、下半身も気を抜かないようにしてくださいね!

しかし同時に、上半身に意識が集中するのは確かです。そのため、服を選ぶときには、顔をスッキリと見せることがポイントになります。

ぴったりとした服はボディラインをだせるので、スタイルに自信がある人は選びたくなるアイテムです。ですが、1度カメラで確認してみましょう。そのボディラインも上半身だけでうまく活かせるかは、全体のバランスを見ると別になってくるからです。

特にタートルネックはぴったりとして、自然と胸を強調できるアイテムです。しかし首まで布があり、首元でキュッとしまっているため、顔にボリューム感が出てきてしまうのでやめておきましょう。

ここで意外と推奨されるものが、Vネックです。冒頭でセクシーすぎるものはNGだと説明しましたが、オンラインお見合いでは、リアルと違って胸チラのチャンスがありません。そこでVネックなどで胸元を見せた方が良いという意見があるのです。

女性編③メイク

オンラインお見合いは、基本的には通常のお見合いと違わないと説明しましたが、メイクは異なります。

ここで意識すべきポイントは、カメラを通すということ!

基本ナチュラルメイクが推奨されるお見合いですが、カメラ越しに見ると顔色が悪く見えがちです。そのため普段より、はっきり目にメイクすることがおすすめです。

アイシャドウは、普段より明るめの色を選択し、目元を明るく見せましょう。またノーズシャドウを入れることで、鼻筋がきれいに見えます。リップはナチュラルよりも、発色の良いものがおすすめ。特に赤みがあり、光沢のある物を使いましょう。

口紅は発色は良いですが、べったりと重くなってしまいます。また顔の中でも、異常に目立ってしまうことで、派手な印象を与えてしまう可能性があります。リップの方が印象が軽く見えるのでおすすめです。

チークも顔色を気にして、普段より濃いめに塗りましょう。

ただし、どれもやりすぎは禁物です。イメージとしては、普段の2割り増しぐらいがいいでしょう。不安な時には、実際にカメラで確認すると安心ですね!

オンラインお見合いの服装!男性編

女性の次は、男性のオンラインお見合いでの服装について、まとめていきます。

男性の場合も、基本的にリアルなお見合いと同じで大丈夫です。そして女性の時と同様、年相応の服を選択することが、重要です。

特に男性の場合は、スーツ系がメインの服装になってくるため、年相応が難しくなってきます。「スーツ系ならどれを着ても、同じじゃないか?」と思っている人は、要注意!実は、ちゃんと違いを出す方法があるんですよ。

またオンラインの場合には、少しラフになっても大丈夫です。しかし普段着は、NGです。個性的なものも、避けましょう。

特に服選びの時には、清潔感を意識しましょう。

男性編①色

男性は基本的にシャツを着ている状態が、カメラに映るようになります。そのためシャツの色は、白か薄い色を選びましょう。水色やピンクのほかに、ライトグレー、ライトベージュなども印象よく見える色になります。

ジャケットを着る場合には、紺が無難です。他にも黒やグレーでもOK!

ただし背景が暗いときには、濃い色の服だと暗く見えてしまうので、バランスに注意が必要です。無難に明るい服の方が、おすすめですよ。

といっても、ジャケットで明るい色はなかなか無い上に、合わせにくいですよね。そのため、最初からなしにしてもいいでしょう。もし着る場合には、最初に軽く挨拶を交わし、一言声をかけてから脱ぎましょう。

男性編②アイテム

オンラインでもリアルの時と同じように、スーツまたはジャケットのアイテムがおすすめです。他にも、ノータイでジャケットに襟付きのシャツでもOK!爽やかな印象が、期待できますね。

オシャレに自信がある人なら、ジャケットにパンツスタイルやノータイが良いでしょう。ノータイなら、ボタンダウンのシャツがオシャレに見えます。こういった服装を選択すると、相手の女性に素に近い状態を感じてもらうことができます。

またこれは上品かつ爽やかに見え、重たさも感じさせません。その上、女性人気の高いスタイルになります。

ここで注意すべきことは、2点あります。

1点目は、サイズ感に注意することです。意外とサイズ感に無頓着な人が多いのですが、大きすぎるとかなりだらしなく見えます。逆に小さいものを選ぶと、標準体型でも太って見えることがあります。

男性の中には、筋力トレーニングをしている人も珍しくありません。そういった人は特に肩幅など、できるだけ体にフィットするような服を探しましょう。

注意すべき点の2つ目は、下半身です。トップスばかりに気を取られ、下半身が普段着のままの人がいるようです。カメラに映らないと高をくくっていると、失敗しますよ!実際にこういった失敗談は、多数報告されています。

ボトムスと、靴下も忘れないようにしてくださいね。

男性編③髪型など

男性は女性のように、メイクをすることがないので、日常のケアから大切になってきます。特に、30~40代以上の人は気を付けましょう。

オンラインお見合いが近くなった時には十分に休息をとり、クマなどを作っておかないようにしましょう。肌質だけで明るさの印象が変わるので、日ごろから化粧水を使うことがおすすめです。

またタバコを吸う人は、歯の色にも注意です。ヤニがしみつき、茶色くなった歯は、毎日磨いていても不潔に見えてしまいます。気になる人は、研磨剤の多い歯磨き粉を使うか、歯医者へ行きホワイトニングしてもらいましょう。タバコを嫌う女性もいるので、健康のためにも、禁煙することが1番ですけどね。

そしてオンラインお見合いの当日は、何よりも清潔感が大切です。ひげや髪型などの身だしなみは、リアルなお見合い同様整えておきましょう。ひげがのびやすい人は、できるだけオンラインお見合い時間の、直前に剃りましょう。

オンラインならではの注意点

最後に、オンラインお見合いならではの注意点をまとめていきます。

オンラインお見合いは、リアルなお見合いと違い、相手の視線をフレーム内で集中して浴びることになります。

注意点は、この視線を気にすることがポイントになります。

注意点①あらかじめカメラに映してチェックする

オンラインお見合いで相手から見た時に、自分がどのように映っているのかをチェックするためには、実際にカメラを通して見ることが1番です。

本番と同じ服装・メイクや身だしなみ・同じ場所で、映りをチェックします。日中で自然光が入る時間帯であれば、同じ時間帯に行うことが理想です。そして問題があると感じたところは変えていきましょう。

この変更時に買い出しが必要になるかもしれないので、前日や当日ではなく、少し余裕をもって数日前に行いましょう。できれば、他の人にもチェックしてもらえると安心ですね。

特に女性のメイクは、当日の肌の調子によっても変わってきます。加減がわかるよう、念入りにチェックしておきましょう。

注意点②背景とのバランス

背景が暗い時には、濃い色の服は暗く・重たく見えてしまいます。バランスに気を付け、明るめの服を選びましょう。

ただし、壁の色と同化すると、境目がぼんやりしてしまい大きく見えてしまう可能性があります。明るめの色で、壁とは違う系統の色を選択しましょう。

背景はカーテンや、家具ではなく、シンプルな壁にしておくことが無難です。

注意点③ライト・カメラの位置

カメラチェックするときには、ライトやカメラの位置も同時にチェックしておきましょう。

ライトは顔色を良く見せるための必須アイテムですが、置く位置によっては光が反射して、顔が真っ白になってしまいます。そこでライトの位置は、自分の斜め前に用意できればベスト!レフ版を使ってもいいかもしれませんね。

自然光が入る場合には、時間によって逆光になることがないかも確認しておきましょう。

次にカメラの位置ですが、カメラは下からではなく、やや上からになるようセットしましょう。下から映すと、老けたり太って見えることがあります。

カメラ位置が動かせない時には、必要に応じて、椅子を低くするなどして調整していきます。多少不自然でも、モニターに映っている範囲で問題なければ、大丈夫ですよ。

男女とも明るく・爽やか・清潔感がキーワード

オンラインお見合いでの服装は、リアルなお見合いの時とあまり変わらない物でOKです。ただしカメラ映りを考えて、多少の調整が必要になってきます。

男女とも、明るく爽やかな、清潔感ある服装を意識すれば、外すことはありません。

そこに加えて、背景や画面全体の色とのバランスを見ていきましょう。特にカメラを通すと、どうしても肉眼で見るよりぼんやりするので、壁と同化せず、カメラにはっきりと映ることを意識していきましょう。

また服装ばかりに気をやらず、ライトやカメラの位置も工夫していきましょう。

オンラインお見合いならではの工夫をこらして、婚活を楽しんでくださいね!

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ