結婚相談所の年齢にまつわる疑問のあれこれにすべてお答えします!

 

婚活をしているとついつい気になるもの、それは「年齢」です。
自分の年齢で需要があるのかだけでなく、婚活相手も希望する年齢なのかなど、気になってきますよね。

そのため結婚相談所を利用していると、登録している人の年齢層、男女でその年齢層に偏りはあるのか、成婚に至りやすい年齢層や年齢差など…言い出せばキリがないほど年齢に関して気になることは満載です。

今回はそんな、「結婚相談所で婚活している人の年齢にまつわるあれこれ」について紹介していきます。

結婚相談所の登録者の年齢層は?

結婚相談所に登録し婚活しているのは、男女ともに30代が最も多く、場所によっては会員の約半数を占めていることもあります。

ただ年齢層を公開している結婚相談所の統計を見ると、「20代」「25~30歳」など区切りが違うので、一概には言えない部分もあります。結婚相談所を選ぶときに、年齢層をチェックしている人は、年齢層の区切りに注目するといいかもしれませんね。

公開されている統計を見ると、若い世代は20代から利用しているようです。上の世代に関しては、年齢制限を設けている結婚相談所のもあるため、年齢上限は様々。

またシニア世代専門の結婚相談所もあるので、相談所の傾向やコンセプトによって年齢層は大きく変わってくるといえます。

男性の年齢層

多くの結婚相談所で男性の登録者は、30代前半~40代前半が割合を占めています。

30代前半頃の男性といえば、社会に馴染み仕事にも慣れて落ち着いてきたころになります。また40代前半というと、独身を謳歌しつくした!という人が家庭を求めてくる頃。このように男性陣の年齢層は、社会的要因が大きく関係しています。
1-2.女性の年齢層

結婚相談所に登録している女性は、男性の年齢層よりやや若い20代後半~30代後半が多くなっています。

女性が婚活を始める際に気にしていることは、「出産」です。女性にとって出産は、人生の一大イベント。体力を必要とすること、高齢出産のリスクなどを考え、行動にうつす人が多いようです。

結婚相談所の婚活相手との年齢差は?

婚活をしていると必ず聞かれることの1つが、相手の希望年齢です。希望として多い年齢差は、女性は「自分より5歳年上まで」、男性は「自分より5歳年下まで」です。

女性は年上男性を求め、男性は年下の女性を求める傾向があるので、登録者の年齢層と合わせて考えると、バランスが良いですね。

ただし年配に近い男性の中には、若い女性を求める人も珍しくありません。男性にとってパートナーとなる女性は若いに越したことはないようですが、成婚率は高くないので多くの場合は希望的観測で終わってしまうようです。

成婚している年齢層は?

成婚している年齢層は、データの理にかなった形となっています。

大手結婚相談所IBJによると、最も成婚しているのは男女ともに34歳。このデータを年齢層で見てみると、男性は30代前半~40代前半、女性は20代後半~30代後半が多いとわかります。年齢差では、成婚最多の30代は5歳差が最も多いようです。

 

結婚相談所の登録者で最も多いのは30代、理想の年齢差は5歳差というデータを見ると、納得の結果です。結婚相談所を利用している人たちは、理想の結婚を叶えているのです。

4.成婚しやすい年齢層は?

結婚しやすい年齢層は、実際に成婚している年齢層に基づきます。以下の内容は、大手結婚相談所IBJのデータによるものです。

https://www.team-masaki.com/ibj-%E6%88%90%E5%A9%9A%E7%99%BD%E6%9B%B8-%E2%91%A0/#srv2

男性が最も結婚しやすい年齢層は、実際に成婚している30代となります。その中でもピークとなるのは、30代前半です。そこから20代後半、40代前半と続きますが、40代後半以降は年齢が上がるとともに成婚のしやすさは下降していきます。

それに対し、女性で最も結婚しやすいのは20代後半~30代前半となっています。次いで20代前半、30代後半となります。女性も男性同様、年齢が上がっていけば結婚のしやすさは下がっていきます。

男女ともに30代前半を中心として結婚しやすくなっているので、若い方が有利とは限りません。しかし加齢とともに、結婚のハードルが上がっていくこともまた事実なのです。

結婚相談所の年齢制限は?

結婚相談所に登録しようと思うと年齢制限があり、若い人の場合20~25歳になっていることが求められます。まれに18歳からOKのところもありますが、若すぎると婚活相手が不安を抱いてしまうので、あまり需要は高くないと思ってください。

またシニア向けの結婚相談所の場合は、その相談所により制限はバラバラ。35歳以上・40歳以上など、相談所のコンセプトに合わせた制限が設けられているようです。

逆に上限ですが、一般向けの結婚相談所であれば、男性は65歳・女性は60歳が目安となっています。ただし制限がかかる前の年齢で登録していた場合は、年齢制限を超えても在籍できるシステムをとっている所もあります。

シニア向けの相談所であれば、上限は設けていないところがほとんどです。「絶対にない」というわけではないので、入会前に確認しておきましょう。

結婚相談所で年齢詐称はありうる?

基本的に結婚相談所で、年齢詐称をすることは不可能です。結婚相談所は登録時に、運転免許証やパスポートといった生年月日記載の身分証提示が必要です。

ただし一部チェックが甘い相談所も存在します。結婚相談所は開業しやすいため、個人経営のところなどで、確認していないこともあるようですが、かなり稀なケースです。

登録時に「チェックが甘いな」と不安になった場合は、他の所を検討してみた方がいいかもしれませんね。婚活パーティーなどでは年齢詐称もありえるので、詐称したい人がいるのは間違いないようです。

見た目年齢と実年齢、重視されるのはどちら?

見た目年齢と実年齢、どちらが大切か…これはかなり意見が分かれるところです。実際、好みの問題もあるからです。容姿や性格がよほど好みであれば、実年齢はおざなりになるかもしれません。

ただ一般的には、女性は男性の見た目年齢重視、男性は女性の実年齢重視がやや優勢です。

女性が男性に対し、清潔感を求めているのは今も昔も変わらないこと。男性はキャリアが長いと年収も増えている傾向にあるため、見た目年齢が良ければOKということです。

それに対し、昨今では「美魔女」や「整形メイク」など、女性の容姿に関しての表現方法が増えています。加えて、女性には出産問題もついてまわります。そのため男性にとって工夫で変化しやすい見た目よりも、実年齢の方が大切なのかもしれませんね。

つまり、男性は見た目を整え若く見せる、女性は少し早めに婚活を開始すると、それぞれ需要が高い状態になるのです。

年齢層別婚活ポイント

ここまではデータに基づいた、婚活の年齢にまつわるポイントを紹介してきました。しかしデータばかりを見ていても、実際にどのように活動すればいいのかわかりませんよね。

ここからは、年齢層別に婚活のポイントを紹介していきます!

20代の婚活のポイント

20代男性は、その「若さ」が不利になることがあります。「精神年齢は女性の方が高い」と言われることもあり、包容力・精神的な成熟度からやや物足りない印象を持たれたり、社会的に見ても職歴や収入面など安定しているとは言い難い状況です。

また晩婚化社会の中で20代男性が婚活をしていても余裕があり、結婚願望が他の人と比較すると高くないのでは?と先入観を持たれることも…。

それらを解決していくために男性は、将来についての考えをきちんと説明し、相手の話も聞けるようにコミュニケーション能力を高めていきましょう!

20代女性は男性と真逆で、その「若さ」ゆえにかなり需要は高いです。たくさんのアプローチを受けることになりますが、ここで注意すべきポイントは、勘違いしないことです。モテるから理想は高めに!と吟味しているうちに、どんどん若い人が増えていきます。

若さは期限付きの武器なので過信せず、自分磨きを怠らないようにしましょう。また相手に高望みせず、年を重ねた時に一緒に過ごせるような人を想像した上で、相手に求める条件を絞っておきましょう。

20代は経験値も少ないため、焦らずじっくり婚活に望みましょう!

30代・アラサーの婚活のポイント

30代は男女ともに、自分のスタイルが出来上がる年代です。しかしそれに伴い自信もついてくるため、他者の意見が聞き入れられなくなる人もいるので要注意です。物事を進めるためには順序があるので、焦らずに活動していきましょう。

男性は最も競争率が高く、ライバルが増えてくる年代です。ここで磨きたいのは、やはりコミュニケーション能力。他の人と差がつくポイントなので、苦手な人は特に頑張りましょう。

女性はこれまでの恋愛スタイルが変化する時期です。これまでの恋愛経験から相手に求める条件を設定している人は、ここで変えておきましょう。20代のころとは違うので、改めて自己分析し、自分に見合った条件で婚活をすることが大切です。

成婚率が最も高い年代になるので、この年代の人は勝負時ですよ!

40代・アラフォーの婚活のポイント

40代になると、出会いの数が減少傾向にあります。これは希望する年齢層がズレてしまうためです。男性は年下女性を求め、女性は同年代の男性を求めています。

男女ともに婚活するにあたり、窓口を自ら狭めてしまうことのないよう気を付けましょう。特に年収や年齢に関して、厳しい条件をつけると、出会いは減ってしまいます。男性は女性に年齢を、女性は男性に年収を求めすぎないことがポイントです。

また40代まで独身でいると、何か問題があるから独身なのでは…?と勘ぐられることもあります。「なぜ今まで独身であったのか」をしっかりと説明することでこの問題は解決できるので、前もって考えておくといいですね。

思うように進まないことも出てきますが、心折れず活動し続けることが肝心です!

50代・アラフィフの婚活のポイント

50代になると、これまでの人生経験を活かせるかどうかがカギになってきます。

男女問わず、立ち居振る舞いが美しく、余裕がある雰囲気は魅力的なものです。また自己の考えや価値観はもちつつも、そこに執着することなく謙虚に相手の意見を受け止め、柔軟に対応する力が求められます。

婚活を円滑にするためのポイントは、相手が求めていることを理解すること。50代ならではの落ち着いた服装と清潔感を大切にしましょう。また残りの人生設計をともに考えられるような人を探すと、条件がマッチしやすいようです。

持ち前の経験で、自分の価値観と相手の価値観をうまくすり合わせていけるように頑張りましょう!

60代以上の婚活のポイント

60代以上の婚活では、出会いのチャンスを得ること自体が大変です。そのため結婚相談所選びから、気は抜けません。結婚相談所は同年代が多いところを選択し、金銭的に余裕があればかけもちすることも視野に入れましょう。

婚活をするときには、年相応の服装や落ち着いた態度・気品ある行動を心がけましょう。コミュニケーションを図るときには、相手の意見を尊重し、聞き上手であると好感が持たれます。

またこの年代になると、介護問題や遺産問題も出てきます。結婚した時に重荷となることは想像されないよう、話題には注意が必要です。楽しく毎日を過ごせるような素敵なパートナーになれる!というアピールが大切です。

他の年代とは異なり婚活自体のハードルは高くなりますが、ゆったりとした生活を共に過ごせる人が見つかるといいですね。

自分の年齢に合った条件・方法で活動を

結婚相談所で「年齢」は、成婚に至るための1つの強みです。30代は需要の高さゆえに、成婚率も高いことがわかります。

しかし性別・年代により求められていることは違います。男性は実年齢を気にするより、見た目を整えること、女性は実年齢を重視されるかもしれないと念頭に置き、活動していくことが大切です。

年齢を重ねると成婚率は低くなっていきますが、0にはなりません。諦めず根気よく活動を続けていくことも、婚活には重要なポイントです。

相手が求めていることを考え、自分の条件と照らし合わせつつ、素敵なパートナーを見つけましょう!

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ