婚活しないのは結婚したくないから?その理由やきっかけを解説!

誰しもが結婚をしたいと思うことや、結婚しなければいけないと思っているわけではありません。

結婚に興味がないという人もいれば、結婚はしたいとどこかで思っていても婚活はしたくないと思う人もいるでしょう。

なぜそう考える人がいるのか、その理由やきっかけとなることは何なのか紹介していきます。近くに婚活をしないと言っている人がいて、気になるという人や、結婚や婚活はしなければいけないのかという疑問を持っている人も参考にしてください。

婚活しない理由は?

一昔前では結婚は当たり前、世間体というものがのしかかってくるため、お見合いなども決まってありました。

しかし、現代の日本では結婚に対する意識は薄れていき、したい人はする、したくないと思う人はしない。結婚の年齢幅も人それぞれ異なるようになりました。

そんな中、婚活や結婚をしない、したくないという人は少なくともいます。その理由とは何なのでしょうか。そう思っている人の代表的な理由を紹介していきましょう。

結婚したら自由がなくなる

未婚の人は結婚した人の話をよく聞く機会があります。その中でよく感じることがあるものが「自分の時間が無くなる」です。

既婚者と話をしてみると、子どもがいれば尚更休みの日は家族に時間を使う、自分の時間があるように感じないという人は少なくありません。

また、身の回りで結婚したことで付き合いが悪くなっている友人などを目にして、結婚に対して否定的な意見を持つ人も多いでしょう。

特に女性は結婚をすることで、自分だけではなく夫のことも含めて家のことをしなければいけない、子どもが生まれれば育児をやらなければいけないなど、そのような状況になりやすく、より自分の時間は持てないと感じます。

このことから、結婚をすると自由がなくなると感じる男女は多く、結婚をしたくない、婚活はしないという人が多くなりました。

結婚しなくても不自由していない

結婚をすることで何が自分の中で大きく変わるのでしょうか。結婚をしたいと思っている人は、それなりの必要性を感じているでしょうが、結婚をしたいと思っていない人にとっては、結婚の理由を見出すことができません。

大人になれば自分で仕事をしていることから、経済的にも自立しており、自分のことは自分で出来ます。

自分の生活のために結婚をしなければいけないというのは、一昔の考え方であって、今の若い世代にはない意見でしょう。

女性は特に、今は結婚をして男性の力を借りなくてはいけないという場面は少ないです。子どもが欲しい、一人でいたくないという考えを持っていないのであれば、結婚の意味も見いだせない人が殆どです。

ずっと恋愛をしていたい

結婚をしない人の中には『恋愛体質』の人もいます。結婚をするということは、生涯その人一人だけを見て、他の人を見るということは許されません。

そのため、結婚をするともう恋愛ができないと感じ、あえて結婚をしないという人も少なくはありません。

このパターンは結婚をしない(できない)というよりも、結婚をしない方がその人自身のためになるでしょう。

結婚をすると、後々浮気などの問題も出てきてしまい、相手を含めて悲しませる結末になります。人によっては最初はその人が良いと結婚をしたけれど、別の人を好きになるということも。

このようなことになれば、将来的にも悲しい結末になり、中には子どもをめぐっての裁判なども起こりかねません。

恋愛体質の人は、恋愛を楽しむことが優先で、結婚は望まない方が明らかに将来的にも良いのではないでしょうか。

婚活しない人は「結婚したい」と思っていない

結婚こそが人生の幸せであるという考えは昔の考え方と誰しもが思うでしょう。女性は現代ではキャリアウーマンとして認められ、働けない世の中でもなく、男性も自分のことができる人が増えたことで、結婚=幸せと思う人は少なくなりました。

結婚しなくても結婚以外の何かを得ている人も多く、そちらへ力を入れる人も増えています。それだけ結婚の意義というのは大きく変わってきているという事が現状でしょう。

そのため、婚活をしない人は、結婚をしたくないと思っている人が大半で、結婚に対しての必要性も感じていません。

そのような人に、「結婚、結婚」と言えば、更に結婚に対しての気持ちは冷め、また結婚を決めるのは本人の自由でもあるので、控えることが一番です。

結婚をしたいと思っている人にはそれなりの理由があり、結婚をしたくないと思っている人にも、それなりの理由があるということは理解しておきましょう。

「婚活しない」と決めた原因とは?

最初は結婚に対して少しでも気持ちを持ち、婚活をしている人も少なくありません。しかし、その途中で「婚活をしない」と決める人もいます。

何故途中でやめてしまったのか、婚活をしないと決めた人の心境とはどのようなものなのか、その理由について紹介していきましょう。

もちろん、以下紹介する理由だけではありませんが、もし途中で婚活をやめた人が周囲にいた場合には、その理由を聞いたりすることは控えてください。

もし相手に深い傷がついていた場合、それをえぐる可能性も否めません。

年齢が一つの境目

婚活をしなくなる理由の一つは『年齢』です。これは婚活を始めた年齢にもよりますが、婚活をしている年齢の30~35歳をきっかけに結婚をしないと選択する人が全体の3割にものぼります。

結婚相談所などの年齢層を見ていると、30代が最も多く利用しているようにも感じますが、35歳を機に婚活をやめるという人もいます。

家庭環境などの関係でもっと早くから結婚しないと考えている人も少数ながらいることも事実です。

婚活は時間と費用を有することから、婚活期間が1年以上となると、婚活に対する意欲が薄くなる人もいるでしょう。

30歳前後で婚活をしても、35歳頃まで成婚しなかったとなれば、諦める人も少なくありません。特に女性は20代、30代前半が婚活をしていても求められる年齢なので、それを過ぎれば厳しく感じるでしょう。

気になる相手へのアプローチも少なくなる

婚活を始めた当初は、勢いもあるので気になる人にどんどんアプローチをかけているという人は少なくありません。

しかし、アプローチをかけているにもかかわらず、無反応であったり、あまり好印象を受けない場合には、徐々に自信もなくなってきます。

そのようなことが原因で、気になる人がいても「相手から反応がなかったらどうしよう」という不安や、気に入られるとは限らないという気持ちからアプローチをやめてしまう人もいます。

もちろん、アプローチをする人でも「このアプローチの仕方はどうなの?」という方法でしてくる人も少なくありません。

しかし、アプローチ方法に正解というものはないので、自分流でやっていくしかありませんが、相手によっては上記のように、受け入れてもらえないということはあるでしょう。

婚活を年齢だけで諦める必要はない

結婚できないということと、結婚をしないということは意味が全く異なります。年齢だけに結婚意識はあるのに、年齢だけで結婚をしないという場合には、それは違うでしょう。

現在婚活は40代、50代でも利用している人は多く、そのような年代に向けた婚活もあります。もし30代で諦めようとしているのであれば、早いと言えるでしょう。

まずは、どのような年代層がいるのか、自分はどれくらいの人から受け入れてもらえるのかなど、情報収集を行ってみてください。

婚活しない理由はひとそれぞれ

結婚をする・しないは個人の自由であり、その理由も様々です。しかし、年齢だけで婚活をしていない、結婚を諦めているというのであれば、とてももったいないことをしています。

また、結婚をすることによって見えてくる新たな価値観というものもあり、周囲の状況や話だけで、結婚をしないと決めてしまうことももったいないと言えます。

まずは、結婚とはどのようなものなのか、結婚をすることで得られるメリットやデメリットは何なのかなど情報収集を行い、自分の環境に合わせて答えを出すことが望ましいでしょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ