婚活している男性の特徴とは?こんな女性を求めています!

婚活をしている男性は多くいます。もちろん年代も職種も様々ではありますが、婚活をしている男性には、年代・職種関係なく、共通の特徴があります。

それはどのようなものなのか気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、婚活をしている男性の特徴や、婚活をしている男性がどのような女性を求めているのかということについて紹介していきましょう。

これから婚活を始めるけれど、男性と出会えるか不安という人や、婚活をする男性はどのような人なのか気になるという人は参考にしてください。

婚活している男性=結婚できない人ではない

これは女性にも言えることですが、『婚活をしている』=『モテない』ということは大きな間違いです。とても残念な印象であり、実際はそうではありません。

もちろん、婚活をしている男女の中には実際にそのような人がいないわけではありませんが、多くはないでしょう。

婚活をしているというのは、結婚を前向きに考えているということであり、男性もそれは同様です。結婚願望が強い男性で、結婚に対してしっかりと計画を持ち行動しているといえます。

婚活をしている人の事情は人それぞれで、色々な人が婚活をしているので、「これが理由だから婚活をしている」ということは言えませんが、多くの男女はしっかりと結婚に対して意欲的に捉えており、婚活しているでしょう。

婚活をしている女性の中に、男性が婚活をしているのはモテないからだと思っている人もいますが、そのような先入観は捨て、真摯に男性と向き合ってください。

必ず何故その男性が婚活をしているのか分かる時がきます。その時に一緒の気持ちを抱いて婚活をしているのかどうかということが結婚に対しての価値観の一致に繋がります。

婚活している男性の特徴

婚活をしている男性は、様々な理由があってそれぞれ活動に取り組んでいますが、いくつかの特徴を持っており、多くの男性にはその特徴が当てはまるでしょう。

まずは、なぜ男性が婚活をしているのかということを知り、このような特徴を持って婚活をしているのだということを理解していきましょう。

中には、女性と似たような特徴を持っていますが、これも婚活ならではの特徴と言えるので、親近感も湧くのではないでしょうか。

では、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

2-1.仕事が忙しくて出会いがない

婚活をしているということは、結婚相手を探しているということです。身近にそのような対象になる相手がいなかった、又は普段仕事が忙しくて、そのような出会いを求める余裕がないとも言えます。

特に男性の場合は、大企業など社会的地位の高い職業についている人はこの『仕事が忙しい』ということに該当している可能性が高いでしょう。

社会的地位の高い職業というのは、医師や弁護士など特殊な資格を持っている人を示しており、このような職種の人はプライベートな時間も削られて仕事をしており、相手を見つける余裕もありません。

そのため、出会いや結婚相手を求め、結婚相談所や婚活アプリに登録している男性は少なくありません。

もちろん、前半の『対象が身近にいない』ということも可能性としては十分にあり得ます。この理由に仕事も上げられますが、出会いというのはそう簡単に転がっているわけではありません。

気づいたら周囲に誰もいなかったということも少なくないでしょう。20代や30代の男性であれば尚、仕事に夢中で気づいたら一人だったということもあります。

収入・仕事が安定している

結婚相談所に登録している男性は、年収や仕事が安定している可能性が非常に高いです。そのため、低年収、無職やフリーターというのはなかなかいません。

結婚相談所であれば、登録時に年収証明書の提出などが必要なことから、嘘も掲示できない仕組みになっています。

これは女性側の捉え方にもよりますが、結婚相談所の多くは年収500万円程となっているので、十分家庭を支えるくらいの収入は得ている人が多いでしょう。

もちろん中には300万円台や400万円台の人もいますが、あまり年収を条件としておらず、共働きを希望している女性にとってはそこまで大きな問題にはなりません。

結婚を対象として見た時に、女性も男性も安定した生活を考慮します。そこで、一番重要になってくるのは男性の収入や仕事なので、結婚相談所に登録している男性は望ましいと言えます。

婚活アプリなどでも、もちろん収入や仕事が安定している男性もいますが、それは確実にいるかというとそうではありません。

登録時にたくさんの書類を必要とする結婚相談所だからこそ言えることでしょう。

自分ひとりでは婚活に不安がある人

結婚相談所は他の婚活方法とは異なり、結婚相談所のカウンセラー、コンシェルジュと呼ばれる『担当者』がつきます。

そのため、結婚相談所を利用している人は自分ひとりで婚活を行うことに不安がある、又は心配という人もいるでしょう。

男性の場合であれば、あまり恋愛をしてこなかったが故に奥手であり、自分から恋愛に発展させることができない、女心が理解できないと不安を持っている人も少なくありません。

女性側からすると、リードして欲しいと思うこともあるでしょうが、出会った男性によっては、女性が手を貸すという所も見られるでしょう。

そのような際は、女性側も男性と一緒に協力して成長することで、一緒に結婚への道も開けてきます。もちろん、女性側にも男性と上手く恋愛できるか不安と感じている人もいます。

お互いに、婚活に対して不安を感じているようであれば、担当者に相談したり、助言をもらって婚活を乗り気ましょう。

結婚相談所は、様々なことに対してたくさんの補助をしてくれます。コミュニケーションの取り方だったり、デートコースやコーディネートまで。

必要だと感じたことは、とことん利用して婚活を優位に進めていくことができるので、男性も利用している人が多くいます。

婚活している男性が求める女性像

婚活をしている男性の特徴を理解していただけたところで、次は婚活をしている男性がどのような女性を求める傾向になるのか紹介していきます。

婚活をしていて、なかなか男性とうまくマッチングができない、お見合いまでいっても続かない、と男性との出会いに悩んでいる方は、婚活をしている男性がどのような女性を求めているのか参考にしてください。

そして、その女性像に近づけるように一度自分と向き合い、何が自分にあるのか、また何が必要なのか探してみましょう。

年収にこだわりはない

女性はよく男性の年収に視点を置きがちではありますが、男性は女性の年収にこだわりは持っていません。

男性自身の年収が低い場合には、女性に共働きを望むこともありますが、主に自分も収入があることから、そこまで大きな収入を求めることはないでしょう。

これと同様に、年収に関して求めていない背景には、自分が稼いでいるが故に女性の働き方に関して自由にしても良いという考え方を持っている人もいます。

調査には、同じくらいの年収を求める回答もありますが、自分より多くの収入を求める回答は少数派でしかありません。

女性側が専業主婦を希望している場合には、多少の年収がある男性ではないと厳しいことから、男性も女性には収入が少ないとしても、働いてくれることを望んではいるでしょう。

もし自分が働くことを希望していないとなるならば、その考え方は改めることで、幅は広がります。

共働きで家事は分担がいい

現代の日本は、『イクメン』という言葉があるように男性も家事や育児をするようになっています。もちろん、全ての男性がそのような考えを持っているわけではありませんが、意識している男性が多いことも事実です。

若い男性でであれば若い程、この傾向は強く、一緒に家事育児に取り組んでいこうという意思を持っているのでそのような気持ちを持つ女性にとってはとても良い関係を築くことができるでしょう。

また、家計を支える方法も『共働き』と考えている男性も少なくはないので、仕事を辞めたくない、共働きが良いという女性にも良い方向へ進むでしょう。

ただし、共働きはしたくないという女性にとっては向いているとは言えず、仕事を辞めたいと考えているのであれば、そのような価値観が合う男性と出会うことが望ましくもあります。

女性には家にいてほしいという考えを持つ男性は少なくはありませんが、多くもありません。幅広い男性と出会いたいと望むのであれば、共働きを視野に入れてみると良いでしょう。

相手との距離感が一番大事?

結婚生活を他人と送るということは、お互いの距離感がなければいけません。距離感が近いと制限されることや、趣味や自分の時間が制限されることがあり、特に男性はそれを好まないでしょう。

そのため、相手との距離感を最重視しており、相手の時間を作ってあげられる女性を男性も求めています。

婚活調査において、「お互いのプライベートを優先した方がうまくいくように感じる」という回答は多く、自分を優先して欲しいと考えている女性はなかなか男性とうまくいかないでしょう。

もちろん、自分の時間を削ってパートナーを優先にするという考えを持っている男性もいますが、それは女性にも求めているということで、双方のための時間を作れるかどうかを重要視しているでしょう。

自分は自分の時間を持っているのに、相手に与えないというのは自己中心的な考えになるため要注意です。

要注意な婚活男性の特徴

婚活をしている男性全てが前述で述べてきたような男性だけではありません。婚活をしている男性の中には要注意しなければいけない男性もいます。

万一そのような男性と出会ってしまった場合には、婚活を通して出会えたものであっても、時間を無駄にしてしまうことに近い程損をしてしまう可能性があります。

女性の中には、このような男性に出会い、成婚までいけたのにその後がうまくいかなかったという可能性が少なくありません。

そうならないためにも、どのような男性に注意するべきなのか紹介していきましょう。

自己中心的

自己中心的な男性は必ずいます。人の話を聞かなかったり、自分の話ばかりしている男性は特に要注意であり、初めてのお見合いでもその兆候は見られます。

やはりこれは男女共に求められる傾向にありますが、『傾聴』というものは必要で、どれだけ相手の話に寄り添い聞くことができるのか、またお互いの情報を交換できるのかということです。

自己中心的な人は、自分のことしか話さないことや、相手の話を遮ってでも自分のことを話したがる傾向にあります。

自身の武勇伝を話すことでモテると勘違いしている男性も多く、もちろんそのような話をすることは自由ですが、相手にとってはつまらないことや、うんざりされることも。

もしデートをしていて、話していてつまらない、自分の話しかしないなと思った際には、それ以降の関係の維持が必要なのか否かしっかりと見定めていきましょう。

清潔な印象がない

これも男女に求められることです。第一印象というものはとても大切で、清潔感がないと相手の印象は最悪なものになりかねません。

爪が長い、髪の毛がボサボサしているなどの場合は清潔感が欠けているといえます。もちろん仕事の関係で手が汚れていることもあるので、職種によってなどの見極めは必要でしょう。

清潔感がない人は生活がルーズなことも多く、デートなどの場でも清潔にできないということは、家でもそのような可能性があるので、掃除なども自分が全てやらなければいけないことになります。

もちろん、清潔感が欠けているからと言って悪い人だというわけではないので、他の性格や価値観などで惹かれるものがあるのならば、関係の進展を望んでも良いですが、注意は必要でしょう。

お金がかかる趣味がある

これも女性に言えることですが、お金のかかる趣味がある男性には要注意です。女性でもブランドものが大好きで、収集を目的とした趣味を持つ人もいます。

これと同様に、男性にも高級車であったり、ギャンブルを趣味とする人も多くはなくともいます。このような場合には、結婚後もお金を使い過ぎてしまう可能性が高く、浪費による借金などがあることも。

家庭を顧みずに高額な買い物をする男性は、どれだけ女性が共働きをして頑張ったとしても、家計をやりくりしようと努力をしても、それだけ使うので、意味も成しません。

そうならないためにも、お見合いの時に趣味などの把握や、職業や収入に見合った趣味を持っているのか否かなどの事前確認をしていきましょう。

婚活男性は結婚を強く希望している人が多い!

婚活をしている男性は、結婚願望が強いとも言え、将来設計をちゃんとしている人が多くいます。

婚活をしている=結婚ができない男性ということではないので、安心して出会いを求めても良いでしょう。

ただし、女性が男性にいくつかの条件を求めるように、男性も女性にいくつかの条件を求めていることが多いことは覚えておいてください。

また、婚活をしている男性の中には要注意するべき特徴を持っている人もいます。そのような人にだけは時間を使わず、「もしかして合わないかもしれない」「この人はダメかも」と少しでも思った際には、次のマッチングへ移行しましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ