結婚相談所で結婚した人のその後は?離婚率から幸せな成婚のための婚活のポイントまで

 

結婚相談所を利用して婚活をし、結婚した人は、その後どんな結婚生活を送っているのでしょうか。
どうやら「結婚相談所を利用して結婚した人は、スピード離婚をしてしまう人が多い」という噂があるようです。この噂は真実なのでしょうか。

今回の記事では、結婚相談所を利用して結婚した人のその後と、幸せな結婚生活を送るために、婚活する際に注意すべき点をまとめ、解説していきます。

結婚相談所で結婚した人のその後

結婚相談所を利用して婚活をし、結婚した人の大多数は、その後も結婚生活を続けているようです。
たとえ喧嘩することがあったとしても、基本的には仲良く、幸せに暮らしています。
「結婚相談所を利用して結婚すると、スピード離婚してしまう人が多くなる」という噂は、真実ではありません。

結婚相談所で結婚した人の離婚事情

ここからは、結婚相談所を利用して婚活をし、結婚した人がその後離婚してしまうケースについてまとめ、解説していきます。

離婚事情①離婚率は?

結婚相談所利用者の正確な離婚率に関する調査はありませんが、結婚相談所利用者の離婚率は、日本全体で見た場合の離婚率よりは低いとされています。

厚生労働省が行った調査「平成27年度(2015年人口動態統計の年間推移)」によると、全日本人の離婚率は35%前後を推移している、という結果が。
これに対し、全国仲人連合会が2012年に発表した、結婚相談所利用者の離婚率は10%程度となっているのです。

こうして見比べるてみると、結婚相談所利用者の離婚率のデータは公式でないにせよ、恋愛結婚と比べて、結婚相談所を利用した場合の方が離婚率がかなり低い印象を受けますね。

後ほど、その理由についても詳しく解説していきます。

離婚事情②スピード離婚はある?

実際のところ、結婚相談所を利用して成婚退会したカップルのスピード離婚が全くないとは言えません。

しかし、「結婚相談所を利用した人のスピード離婚が多い」というのは、単なるイメージです。
なぜこのようなイメージが先行してしまう傾向があるかというと、人生において、スピード離婚をはじめ、大きな動きがあった人の方が、何事もなく結婚生活が続いている人よりも自身の状態を発信しがちであるという点が理由として挙げられます。

仮に、円満に夫婦生活を営んでいる人が、その様子を頻繁にSNSなどで発信していたとしても、和やかな投稿よりも「離婚することになった」という発信の方が目立って見えるものです。

このような現象が、「結婚相談所を利用して結婚した人はスピード離婚が多い」というイメージに繫がっているのでしょう。

離婚事情③離婚した場合の理由は?

上述のように、結婚相談所を利用して結婚した人のスピード離婚は少ないものの、実際にスピード離婚してしまった場合の理由は気になるものですよね。

ここからはその理由について、大きく3つに分けて解説していきます。

①結婚に対する焦り

婚活には、常に焦りがつきまとうもの。

婚活が成功するか否かには、年齢が大きく影響します。「若いにこしたことはない」という要素がどうしても存在してしまうため、必然的に焦りが生まれてしまうのです。

加えて、同時期に婚活を始めた仲間や、周囲の同世代の友人などの、順調に結婚していく姿を見てしまうと、さらに焦りは募ってしまいます。

また、結婚相談所の婚活には、他の婚活サービスに比べ費用が高額です。婚活が長引くほどに経済的に圧迫されてしまう、という別の角度からの焦りも加わってしまうのです。

 

②婚活に疲れてしまう

良い出会いが訪れるかどうかには、運も大きく関係してきます。いくら一生懸命に婚活に励んでいたとしても、必ず結婚することができるという保証はありません。

このような状況の中で、たくさんの初対面の異性とメッセージのやり取りをし、お見合いをこなさなくてはならないため、婚活をする多くの人は疲れを感じています。

そして、婚活疲れによる判断力の低下に加えて「とにかく早く婚活を終わらせて楽になりたい」「妥協してもいいや」という考えに至ってしまい、勢いで結婚してまう場合があるのです。

③確認が不足していた

「早く結婚したい!」という思いが強くなり過ぎてしまい、交際に十分な時間をかけず、直感で結婚を決めてしまい、結婚生活が始まってから後悔する、というケースもあります。

婚活に短期集中で取り組むことは良い事ですが、直感で結婚を決めてしまうのは危険です。

 

以上の3つの理由によって、相手と十分な価値観の擦り合わせができず、「結婚後に性格の不一致」という形でスピード離婚の原因が生まれてしまっています。
結婚後のミスマッチを避けるために、成婚退会の前に、お互いの結婚における条件、価値観の確認を積極的に行いましょう。

相談所の離婚率が低い理由

ここからは、結婚相談所を利用して結婚した人の離婚率が低い理由を解説していきます。

理由①お互いに結婚前提で出会う

結婚相談所には、結婚願望の高い人が集まっていることも、離婚率が低くなる要因です。
結婚相談所を利用する費用は、婚活アプリや、婚活パーティなどの他の婚活サービスよりも、高額であるため、その分結婚に対して本気度が高い人が集まります。

そのため、結婚相談所での出会いにおいては、結婚したい者同士が、出会いの段階から「結婚相手としてふさわしいか」という目線で相手を見ていることになります。
結婚生活を具体的にイメージしつつ、恋愛結婚よりも客観的かつ、冷静に相手を見ている場合が多いのです。

性格、価値観、生活態度、趣味、仕事、収入、外見など、様々な面を総合的にチェックした上で「結婚」という判断をしているので、ミスマッチが起こることが少ないのでしょう。

理由②相手の情報を得てから出会う

結婚相談所に登録した際のプロフィールには、家族、出生地、職業、年収、学歴などについて、事実だけが詳細に述べられています。基本的にその情報が偽りであることはありません。
これも、結婚相談所利用者の離婚率が低い要因です。
相手の詳細な情報を事前に見た上で、会うか会わないかについて自己決定をしているため、希望の条件と大きくズレている人と結婚してしまう危険は少なくなります。

対して、恋愛結婚や、出会い系サイトなどがきっかけの結婚の場合、自分が求める相手のスペックをしっかり確認せず、あいまいなままにしてしまったり、相手が情報を偽っていたりする可能性があります。

とはいえ、相手の情報があいまいなままでも、好きになってしまえば、その瞬間は「愛する気持ちさえあれば大丈夫」と結婚を決断してしまうもの。その結果、気持ちが落ち着いた結婚後にミスマッチが生じてしまうのです。

理由③交際の段階を踏んでいる

結婚相談所を利用した婚活では、お見合い→仮交際→真剣交際→成婚と段階を踏むことが一般的たなっており、このシステムが離婚率の低下に一役買っています。

段階を経ることで、お互いの気持ちが着実に結婚へと向かうことができるからです。さらに、全ての段階において、お互いが「自分の結婚相手としてこの人はふさわしいだろうか」という目線で相手を見ており、複数の人を比べてから真剣交際に進む人を選ぶことができます。

また、それぞれの段階で必要に応じて、婚活カウンセラーに客観的な意見を聞くことができることもプラスに働き、「成婚まで進んだ=自分に合う結婚相手が見つかった」という状態になりやすいのです。

結婚相談所で結婚した人は後悔していない?

結婚相談所を利用して結婚した人の大多数は、後悔をしていないようです。上述の離婚率の低さがその証明となるでしょう。

しかし、ネットの書き込みの中には「後悔している」として、アドバイスを求めている人も見受けられます。こうした人は、

「相手が自分の事を好いてくれているうちに結婚しなければ」
「自分の年齢的に、この人を逃してしまったら結婚できないのでは」

というような、焦りや不安から、相手の事を深く知ったり、打ち解け合ったりする前の段階で結婚してしまい、後悔してしまっているようです。この傾向は、恋愛経験が少ないまま年齢を重ねてしまった人に、より顕著に現れています。

結婚後幸せになれる婚活のポイントとは?

せっかくお金、時間、エネルギーを割いて婚活をしたにも関わらず、スピード離婚してしまうのは悔しいですよね。

ここからは、幸せな結婚生活を送るために、婚活中にどのようなことに気を付けるべきかについて、解説していきます。

ポイント①焦らない・勢いで決めない

婚活に一生懸命向き合っているのにうまくいかない状態が続いたり、年齢的に最後のチャンスと思ってしまったりした場合は、焦って無理に相手を好きになろうとしてしまいます。そして、相手の事をあまり好きではないのに結婚してしまう場合もあるようです。

これでは、結婚生活がうまくいくはずはありません。

対処法としては、まずは「焦っている自分に気づく事」が大事です。自分を見失っていると感じたら、冷静さを取り戻すために、相談所のカウンセラー、家族、友人などに胸の内をさらけ出して相談し、客観的な意見をもらいましょう。

同時に、相手と「合う」「合わない」についての自分の感情を大切にしてください。大きな違和感があるならば、おそらく今は結婚するべき相手ではありません。

ポイント②お互いの価値観をすり合わせる

当たり前のことですが、世の中に自分と同じ人間は誰一人として存在しません。どんなに仲が良い人でも、自分と異なる点がゼロということはあり得ないのです。

この事実をふまえて、成婚前にお互いの価値観を擦り合わせ、相違点を努力で埋める事ができるのかどうか、確かめておく必要があります。

擦り合わせるべき具体的な内容は、金銭感覚、食生活、生活のリズム、家事の分担、趣味、希望の家族構成(主に子どもの人数)などです。これらの項目において価値観にズレがある場合は、結婚後の問題の火種となる場合があります。注意が必要です。

ポイント③お互いの素を出しておく

様々な調査で、結婚相手に求める条件として「価値観が合う」「気が合う」「自然体でいられる」などが上位にランクインしています。

たとえ燃えるような恋愛をして結婚したとしても、その情熱は徐々に形を変えていくもの。結婚してからは、お互いにフラットな状態で、ストレスが少なくおだやかに暮らすことができることが幸せに繫がるのです。

結婚を決断する前に、意識的にお互いの素の状態を開放し、居心地の良さを感じることができるのか、確認しておきましょう。

スケジュールを決めたかっちりしたデートや、高級レストランを利用したディナーなど、非日常的な空間では、お互いの自然体は分かりづらいもの。

お互いの素を引き出すためには、お互いの家でまったりするデートがおすすめです。何気なく映画を観たり、同じ空間においてお互いが好きな事をして時間を過ごすことで、これまで気づかなった一面を見ることができるでしょう。

また、スーパーなどでの買い物や、買った食材で一緒に調理するなど、共同作業をするのもおすすめです。やるべき作業を目の前にすると、自分のクセが自然と出てしまうもの。一緒に楽しく料理をして、楽しく食べることができるのか。これは良い判断材料となります。

その他、車の運転や、外食した際の店員への態度などにも素が出やすいです。デートを楽しむ意識を持ちつつも、冷静にお互いを観察しましょう。

まとめ.結婚相談所で結婚した人はほとんどが幸せに暮らしている

結婚相談所で結婚した人はスピード離婚してしまう、という噂は事実ではありません。基本的には問題はなく、幸せな結婚生活を送っている人がほとんどです。

こういった人は、婚活中、焦らずに相手を見極め、結婚前に価値観をすり合わせ、お互いが打ち解けて、素を出せるようになり、自然体の姿をお互いが受け入れられるのか、じっくりと確認をしています。

幸せな結婚生活を送ることができるよう、ポイントを押さえた婚活をしていきましょう。

自分1人で抱え込まず、常に婚活カウンセラー、家族、友人などに相談し、客観的な視点を維持すると共に、メンタルの平穏を保つ努力も忘れずに、幸せな結婚に向けて進んでいきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ