無職でも婚活はできる?男性と女性の違いやデメリットも解説!

何らかの事情で無職になっている人でも結婚できる権利はあります。そして、無職だからと結婚を諦める必要はどこにもありません。

しかし、無職であるということがネックになり、なかなか結婚に行けない人や婚活を考えているけれど、うまくいくかどうかが分からない、無職でも婚活は可能なのかと気になっている人もいるでしょう。

果たして無職で婚活は可能なのか、無職というワードに対して男女の考え方はどう違うのか、無職であるが故のデメリットは何なのか紹介していきます。

仕事をしてはいないけれど、婚活をしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

男女で違う無職の婚活に対する意識

最初に無職の婚活に対してどのような意識を持つのか男女ベ別で紹介していきます。自分は仕事をしてて相手が無職だと知った際の男性、女性の気持ちはどう違うのでしょうか。

無職という言葉はあまり良い印象を与えないということは誰しも考えるでしょう。しかし、それは個々の考え方の違いでもあり、必ずしも悪い印象を与えるということはありません。

また自分では無職に関して劣等感を抱いていたとしても、相手は気にしていないこともあるかもしれません。

まずは男性はどのように感じるのか、女性はどう思うのか、大きく性別で分けて紹介していきましょう。

男性はあまり気にしない

女性が無職であった場合、実は男性はそこまで気にしていないことが多くあります。もちろん、全ての男性がそうだとは限りませんが、中には女性が仕事をしてなくても、そこまで考えていないという男性も少なくないでしょう。

その理由として、結婚後に女性には専業主婦として家庭に入って欲しいと望む男性も多いからといえます。

そのことから必ずしも女性に仕事を求めている男性が主ということはないでしょう。しかし、それで安心をしてはいけません。

確かに男性の多くは女性が無職ということを意識していませんが、男性の中には女性にも働いて欲しい、一緒に家庭を支えて欲しいと望む男性もいるので、そこの気持ちははっきりしておく必要があるでしょう。

女性にとっては大問題

では男性が無職であった場合、女性はどのような気持ちを抱くのでしょうか。女性の場合は男性が無職であるという状況を知った場合、大きなマイナスとなります。

女性の考えとして、結婚をしたら家事をしなくてはいけない、妊娠出産、育児があると一時的でも仕事を休まないといけないという強い意識を持っています。

そのため、男性が無職で女性が仕事を休まなければいけない時、『収入がなくなる』という考えにいたります。

家事や育児は男性がすれば良いと思う人もいるでしょうが、妊娠出産に関しては女性以外できません。そのような点を考慮すると女性にとって男性の無職は大問題となるでしょう。

男性が無職でも休職中であるという場合には結婚の可能性も上がりますが、本当に仕事をしていないという男性は厳しいということが現状です。

無職で婚活をするデメリット

無職で婚活をするということはそれ相応のデメリットが存在します。それは男女共に共通することであり、そのデメリットが婚活に影響するとも言えるでしょう。

では、無職が故に婚活に影響するデメリットとは何なのでしょうか。そのデメリットについて紹介していきます。

無職で婚活をする場合には、相手に以下のようなことを思われる可能性がある、行動される可能性がるということだけ念頭に置いておきましょう。

収入がないことを意識される

無職で収入がないということはどちらか片方の収入に依存することになります。この依存という形に対して何も思わない人もいますが、気にする人もいるでしょう。

それは無職で収入がない本人でもあり、依存される側や親も気にすることがあります。そうなってしまうと肩身が狭い状況に立たされる可能性もあり、後々何かしら言われる可能性も。

それを避けたいという場合には無職よりも仕事をしている方が安心感もあり、相手からも選ばれやすいというメリットはあるでしょう。

これは男女別の認識にもなりますが、女性の場合は無職であっても過去にはそれが一般的に当たり前ともされており、現代でも専業主婦という形があるので受け入れられやすい特徴があります。

しかし、その逆の形というのはまだ受け入れてもらえない傾向になり、男性で主夫、無職というのはどうしても世間の目には辛い状況となります。

なぜ無職なのかを詮索される

無職の理由というのは必ず誰しもあります。その理由が明確ならば相手にそれを伝えることが先決となるでしょう。

ただし、無職である理由が「一身上の都合」というのは一般的にも理解されにくいといえます。一身上の都合ではなく、その都合に関してもはっきりと伝えておかなければ婚活は上手くいきません。

もし一身上の都合であったり、あまり理解を得られない理由の場合で相手が受け入れたとしても、それは長くは続きません。

徐々に関係が深まっていくにつれ、無職の理由について更に詮索する可能性や、納得いかずモヤモヤして、関係が悪化してしまうこともあります。

自身も無職ということにすぐに飽きられてしまう、捨てられるのではないかという不安も常に付き纏うでしょう。

養ってほしいと思われてしまう

収入がないということは相手に依存しようとしていると思われてしまうということを上記でも解説しました。

依存しようとしているというのは、つまり養ってほしいと思われても仕方がないということです。無職である理由を伝えなければ余計に思われる可能性も。

相手の両親への心象も良くないため、結婚相手としての選択肢から外されてしまうことは少なくないでしょう。

結婚というのは、当人同士の問題でもありますが、やはり身内を入れた関係にもなるので、無職という人の存在がどのような形で印象を付けるかは分かりません。

何故無職なのか、これからどうしようと思っているのかなど詳しく説明することでも印象は変わっていくので、いくつか説明の準備をしておくと良いでしょう。

養って欲しいと思われることは決して良いことではありません。無職であっても結婚後にどのような結婚生活をしたいと思っているのかなど明確化しておくだけでも違います。

無職が婚活で影響しないようにするには?

では、無職が婚活に影響しないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。無職だからデメリットばかりで婚活は良くないと思う人もいますが、そういうわけでもありません。

自身がどのように行動していくのかというだけでも、相手が感じる印象は大きく異なってきます。

では、無職だからと婚活に影響しないようにするにはどうしたら良いのか、その方法について3点程紹介していきましょう。

就活を同時進行でする

婚活と同時に就活・転職活動をするということがまず一つの方法です。やはり無職であったとしても、仕事を探しているという意思表示は相手にもしっかりと伝わり、良い印象も与えます。

就活や転職活動ということも簡単ではなく、時間を有することなので、婚活との同時進行となるとなかなか婚活の時間確保が難しい可能性も出てくるでしょう。

しかし、相手が無職であるということに理解を置いていて、結婚をすることに関しても問題ないという考えがあるならば、無理に同時進行することはありません。

もちろん、自身の気持ちも重要なので、相手が問題ないと捉えていても、自分は仕事をしたいと思っているならばその気持ちも伝えておきましょう。

婚活は一人で頑張ってやっているように思えても、相手がいる以上は相手と共に進まなければいけません。伝えたいことや考えていることなどは正直に伝えていくことが、婚活を成功させる方法でもあります。

アルバイトやパートをする

色々な事情の中、正社員として仕事をすることが難しいという場合には、パートやアルバイトという選択肢もあります。

働く意思があること、少しでも家計を支えたいという意思から相手が現在無職であってもそのような気持ちを持つならと納得してくれることもあります。

もしやりたい事があっての無職ならば、それも伝えた上で少しでも働くことをおすすめします。やはり、自分の夢があっても、それを叶えるために努力しているという姿を見せることで、相手も応援してくれます

もちろん就活・転職活動同様に、相手が無職でも問題ないと考えている場合には、こちらも無理をすることはありません。

しかし、そのような意思はあるということを伝えるだけでもプラスへ働くことがあるので、伝えてみてください。

転勤が多い相手を探す

これは女性が無職である場合に有効となる方法ですが、もし男性が転勤族であった場合に好都合となります。

相手が正社員だった場合、転勤を有した際に自分が仕事をしていると辞めるか、単身赴任になってしまい夫婦の時間がなくなってしまいます。

そのため、夫が転勤族であれば無職の女性というのは一緒についていくこともでき、安心して側にいることもできるでしょう。

転勤族の相手についていくという意思を伝えるだけでもポイントはかなり高くなります。もちろん、パートやアルバイトをしていても同様です。

辞めやすい環境であることや、何か資格を有しているいう場合にも夫についていく、妻についてくことが可能です。

その点は色々と結婚前にも話をして決めておくと良いでしょう。

まとめ.無職の婚活は不可能ではない!

無職でも婚活は可能であり、問題もないが、相手によっては気にすることも少なくありません。そのため、無職だったとしてもその理由を明確化し、相手に伝えることも重要です。

また、就労の意思があるならばその意思をしっかりと相手に伝え、無職であることのメリットを伝えることができればそれも十分なアピールポイントにもなるでしょう。

婚活の場合は、自分だけのことではなく相手のニーズも関係してくるので、しっかりと今後どうしていこうと考えているのか、相手との関係性を築くためにも話し合いは大切となってきます。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ