高学歴は婚活で苦戦?高学歴な人が直面する現実と本当の魅力!

高学歴の人というのは、結婚に困らないのではないか、スペックも高いからモテるだろうというイメージを持つ人がいます。

しかし、高学歴と言っても結婚というのはタイミングや運の部分があるので、婚活をしている男女はいます。そんな中、高学歴の男女は婚活で苦戦するという噂も。

それは本当なのか、その実態はどういうものなのか、また高学歴の人が持つ魅力というのはどういうものなのか含めて解説していきます。

ぜひ高学歴な人がどのような人を指すのか、またどのような魅力を持っているのか気になる人は参考にしてください。

高学歴な人とはどんな人?

高学歴というのは実際どのような人を指すのだろうかと気になる人もいるでしょう。実は『高学歴』を明確にする定義というものはありません。

以前は大卒=高学歴とされていた時代もありましたが、現在では進学率も50%以上であるということや、大学を出ることが当たり前となりつつあるので、高学歴とはなりません。

高学歴を指す人の例を出すならば、偏差値が高い学校や一般的に名の知れた大学を学部や学科を浪人・留年したなどは関係なく卒業している人になります。

有名な大学と言うと、東京大学や早稲田大学、慶応など様々ですが、この大学の名前を聞くだけですごいと感じ、何学科など関係なく周囲からは高学歴だと思われます。

高学歴の婚活が苦戦する理由

序盤でもお伝えし多様に高学歴の人は結婚が遅い、婚活をしても苦戦して長引いてしまうと言われています。

その理由としては高学歴の人にももちろんあるのですが、相手側の高学歴の人へ持つイメージや偏見などが理由なことも。

高学歴の人や高学歴の相手に対して抱いているものがどのような原因となるのか理解しておくことで、婚活に対する進み具合というのは大きく変わります。

どのような原因が高学歴の人の婚活を困難としているのか、自分はもちろん相手の原因についても紹介していきましょう。

相手にも学歴を求める

高学歴を持つ人は自然と相手にもそれだけの学歴を求めてしまうことや、自分の収入が良ければ、相手に同等の金額を求める傾向にあります。

女性が高学歴、高収入の持ち主であれば高学歴の男性以上に相手に求めることは自分と同等のスペックを持っているか、それ以上を求めます。

女性は結婚後に出産や育児があるので、自分の収入がなくなっても通常の生活には影響しないよう計画を持ってのことでしょう。

そして、このようにハイスペックを求めるのは、高学歴の人だけでありません。高スペックな男性を求めている女性も同様で、自分のスペックが高くなくても、相手にそれだけの学歴やスペックを持っていれば幸せな結婚生活を送れると思っています。

上記のことを見ると、明らかに合わない事が分かります。高学歴、高収入な人は相手にそれだけのことを求めるにも関わらず、高スペックを求めている女性は自分のスペックを無視して相手にだけ求めてしまっています。

そうなれば、お互いにすれ違ってしまうのはもちろん、出会い幅というのも極端に狭くなってしまうでしょう。

相手の親にも学歴を求める

これは一概に全ての人に該当するわけではありませんが、高学歴の親御さんの中には自分の子供同等の学歴を求めてくることもあります。

高学歴の子供がいる家庭というのは、親も高学歴であったり、裕福な家庭であることがあります。そのような家庭である場合には、自分の家の評価や血筋の関係で相手にも高学歴を求めがちです。

ハイスペックな男性女性が集まる結婚相談所では、両親の出身校を聞かれたというエピソードや、親から高学歴ではないため結婚を反対されたというエピソードもある程。

片方が裕福家庭で、もう片方は通常の一般家庭とした場合に、親同士の話が合わないということや、生まれてくる子供に不安を感じているなど、口を出してくる親も多いでしょう。

当人同士の婚活や結婚なのですが、親から言われると何も言えないという人も多くいるため、親の要望なども聞いた上で相手を探す必要はあるでしょう。

「高学歴」というだけで避けられる

高学歴な人は、何故か周囲から避けられることもあります。これも一概に全ての人がそうだというわけではないのですが、高学歴=『プライドが高い』『頭が硬い』『理詰めされる』などのイメージが先走ってしまい、相手を知ろうとする行動もないことが。

人を見下したような発言をする人や、人の意見を聞き入れずに自分の意見が全て正しい、間違っていないと受け入れない人もいます。

もちろん高学歴の人がそうであるというのは誰も言っていませんが、一部高学歴の人の対応でそのようなイメージがついてしまったとも言えるでしょう。

自分が高学歴の場合には、そのような態度は取らないこと、お互い平等で意見を尊重し合うなど思いやりを持って接するだけでも婚活は大きく変わってきます。

高学歴な人の市場価値は?

様々な人がしている婚活ですが、高学歴な人も婚活における市場価値とはどのようなものなのでしょうか。

実際に高学歴を求めている人も多いので、需要がないということはありませんが男女で需要や考え方には違いがあります。

その違いがどのようなものなのか理解している人としていない人では今後の婚活も大きく異なっていきます。ぜひ参考にしてください。

高学歴男性は需要が高い

高学歴男性というのは高学歴の女性と比べると相手に学歴を求めていない人も多く、収入に関しても高い傾向にあることから、市場価値も高いでしょう。

そして、高学歴・高収入の男性というのは女性から求められることもあり、需要はあるでしょう。

もちろん、女性の中には高学歴、高収入という部分だけしか見ていない人もいるので、出会った時に自分に相応しいのか、一緒に将来を歩みたい相手となるのか慎重に判断していく必要もあります。

需要がある、求められる確率が高いと言っても高学歴男性の中には女性に慣れていない人も多くいるでしょう。

その場合にはどのような女性が良いのか分からない場合もあるので、求める条件をしっかりと上げ、あまり高くない条件を持って他の人の意見を取り入れつつ判断するようにしていくことをおすすめします。

高学歴女性は人気が低い

高学歴の女性は男性と反対に需要が低い傾向にあります。その理由として、男性は女性に学歴を求めておらず、安心感や癒しを求めています。

そのため、高学歴であろうとなかろうとあまり重要としておらず、女性もわざわざそちらを伝える必要はありません。

むしろ、高学歴の女性というのは男性にとってあまりいいポイントにはならず、男性のプレッシャーとなりかねないでしょう。

それにプラスして高学歴な女性の方が高収入だった場合、前述でも記載しましたが、男性にそれ以上のことを求めているとなかなか決まらず、相手が見つからない婚活難民化してしまう可能性も。

高学歴であるというのは決して悪いことではなく、むしろ素晴らしいことですが、それを自慢するように男性に伝えると損をするので気を付けてください。

学歴以外にも自分の魅力を!

高学歴というのは一つの魅力にもなりますが、一つ間違えればその魅力をマイナスへと変えかねません。

自分の魅力を見つけるためにも、まずは高学歴というのは置いておき、その他の魅力をぜひ探してみましょう。必ず高学歴以外にも自分にとっての魅力はあります。

女性の場合は『容姿』『年齢』『結婚観』などを武器に、男性であれば『結婚観』『収入』を武器にすれば、マッチング率というのは一段と上昇するでしょう。

高学歴の人には高学歴向けの婚活パーティーや結婚相談所もありますが、決してそれだけに固執せず、どのような結婚生活を望んでいるのか、どのような相手が良いのか考えて行動してください。

学歴というのは大切な時もありますが、現代では学歴よりも性格や社会スキルというのも重要です。学歴ばかりに固執してしまうと周囲から置いて行かれる危険性もあるので十分に気を付けてください。

高学歴の婚活には学歴以外の魅力が大事!

高学歴というのは婚活をしていく上でそこまで重要ではないことが多いので、あまり固執せずに、相手に何を求めるのか、相手が求めていることは何なのかしっかり考えて婚活をしていきましょう。

自分の価値観や考え方を含め、はっきりと出していき、どのような結婚生活を求めているのかなどの結婚観もはっきりしておくことで自分と同じ考えを持つ人に出会える確率も上がります。

婚活というのは簡単にいくものではなく、お互いに結婚に対して真剣なことは間違いないので、良き相手を見つけるためにも高学歴に縛られず他の条件や自分の魅力を引き出していきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ