婚活男性の悩み!デートの割り勘はどこまでOKなの?

 

婚活をしている男性によく聞かれる悩みとして多いのが「デートの割り勘」問題。デートして食事をした後の支払いは割り勘のほうが良いのか、それとも奢ったほうが良いのか。

この問題は「これ!」という解決法がないだけに考えてしまいますよね。いったいどうすれば女性に喜んでもらえるのでしょうか。

そこで今回は婚活男性の悩みであるデートの割り勘はどこまでOKなのかについて見ていきます。これで男性諸君はどういった行動をすればいいのかが判明しますよ。

「割り勘」を許してくれる女性はいる

まず大前提なのですが、割り勘は悪ではありません。自分が食べた食事くらいは自分で出すのが普通です。

しかし婚活市場では割り勘は嫌われる傾向にあります。男性の財力がどんなものかをチェックするいい機会ですからね。

そこでしぶられたりなんかすると「お金を持っていない男性」として認定され、結婚対象からは完全に外れてしまうこともあります。

そのため嫌煙されがちな割り勘ですが、なかには割り勘を許してくれる女性もいます。婚活市場では珍しい割り勘に寛容な女性です。

しかしその女性の割合は非常に少ないです。10%未満といってもいいでしょう。それほど希少種で、滅多に出会うことはありません。

ただ全額出してもらうことに抵抗のある女性も一定数います。そのため「男性は奢るもの!」と決めつけてしまうのは早合点。

ケチな男性は嫌われやすい

ただ事実として婚活市場ではケチな男性は嫌われやすいです。すぐ割り勘にしてきたり、あまり高いところに行きたがらなかったりするとケチだと思われてしまいます。

そのため婚活ではあまりいい印象を受けることはありません。全額出せというわけではなく、ケチすぎるのが良くないんです。

ただここで男性からの意見としてあげられるのが以下のようなものでしょうか。
「おごって、それが当たり前になると嫌だから」「まだ付き合ってる訳ではない」「相手の金銭感覚を見たい」「完全におごることはしたくない。金づるになりたくない」「最近は女性でも収入が多い」

確かに言いたいことはめちゃめちゃわかります。エスコートをして色々と気を使って何故自分が払わなければならないんだとなる気持ちは承知しています。

ただデートで割り勘にしてしまうと100%に近い確率でお断りされてしまったり、連絡が取れなくなってしまうんです。

女性からすれば初デートで割り勘にする男性はケチな男性というフィルターがかかります。男性陣にとっては頭が痛くなるような話ですが女性の本音です。

「また会いたい」と思わせるには強引ですがお金の力を使うしかありません。

婚活女性には他に結婚候補がいる

女性もただ頭ごなしに「割り勘がいや」といっているわけではありません。男性には男性の意見があるように、女性にも女性なりの意見があります。

まず筆頭になるのは婚活女性には他に結婚候補がいるということでしょう。婚活市場には人がわんさかいます。

その中で今デートしている女性はあなただけが候補者であると思いますか?答えはNo.ですよね。

婚活サイトに登録した時点で、ある程度の男性とは出会っているはずです。その中から女性は吟味をすることができる立場。

つまり他に候補者がいる状態で、割り勘なんて言ってしまうと厳しいのがわかるでしょう。他の男性が奢っていたりすると完全に負けです。

しかも他の男性が奢っているかどうかなんてこちらには確認のしようがありません。つまり奢るということは無難な行為なんです。

女性からすれば「この人は奢ってくれた」とまず第一の判断基準になることでしょう。そのふるいから落とされてしまうかどうかは奢るかどうかにかかってきています。

一番自分に合うパートナーを見つけたいのは両者同じ思いですよね。お互いが干渉しあう状況で「奢らない」という選択肢を取ったあなたが生き残るのは厳しいでしょう。

奢ることで喜ぶ女性がいる

奢ることで喜ぶ女性がいるのもまた事実。これはもう仕方がない事実なんです。とある男性がTwitterでアンケートを取っていました。

内容は「男性がデートで奢るべきかどうか」。77%が奢るべきだと回答していました。そういう世の中なんです。

女性の中には「デートは男性が払うべき」という考えを持っている人がかなりいます。想像以上にそう考えている女性が多いです。

つまり奢れば喜ばれるし、奢らなければ現状維持か好感度が低下してしまいます。よって奢るのが正解なんですね。

また女性は奢られたことを覚えています。「この男性には奢られた」と認識しているので奢ったことへの好感度を獲得することができます。

なので今後の婚活を有利に進められるんですね。奢らないと有利に進めることは困難でしょう。

基本的に真剣交際になるまではデート代は男性が負担したほうが無難です。その方が断られるリスクも最小限に抑えることができます。

ただ真剣交際になったとしてもいきなり割り勘は厳しいものがあります。「今まで奢ってくれていたのに…」と落胆してしまう原因となるでしょう。

そのため男性が毎回少し多めに払ってあげるのがベスト。気持ち程度でいいので全額奢る必要性はもうありません。

毎回毎回デート代を持つのはしんどいという方にはカフェやランチデートがおすすめ。比較的安価で済みますし、会話も弾む絶好の場所ですよ。

プロフィールで年収を知られている

またプロフィールで年収を知られているのもあります。基本的に婚活サイトを見れば、男性の年収が記載されています。

しかも収入書などを通しているので嘘ではありません。リアルな収入が記載されていますので、女性陣には年収はばれています。

ある程度年収でフィルターをかけたうえで婚活をしている女性がほとんどなので、年収は相手がもう知っている状態。

そのため背伸びして高いお店に行くなどは辞めましょう。自分の収入にあった金額で楽しめるお店がベストです。

出会ったときから年収はばれているので変に威張ろうとしなくても大丈夫。多少安い店でもいいので、奢ってあげる精神を前面に押し出しましょう。

すると女性側も「頑張っている」と認識してくれ好感度があることでしょう。収入面が把握されているのは何度も言いますが承知しておくべきです。

また女性に奢るというのはその女性にどれだけ尽くせるかを定量化したもの。ここの金額が少なければ少ないほど本気度が足りないと判断されることもあります。

そのため収入が低くても、その中の何%を出しているのかを女性は計算しています。その%が高ければ高いほど好印象です。

奢る=本気度として見られる

また覚えておくべきこととしては「奢る=本気度として見られる」ということです。これは女性からすれば自分にどれだけお金を使ってくれるのかという判断基準にもなります。

女性をデートに誘い、食事代を全額負担した際には女性の金銭的負担は0。全く煩わせることなく女性をエスコートなんてできた日には最高ですよね。

それと同じでどれだけ男性が女性のことを本気で好きになっているのかを測る尺度でもあるんです。なので割り勘にするということは本気ではないというレッテルを貼られてしまいます。

割り勘でOKな場合はありますか?

ただここまで見ていくと「結局男性が奢るのか」と落胆された方も多いと思います。しかしちょっと待ってください。

実は割り勘がOKな場合があるんです。そのシチュエーションについて見ていきます。

女性に興味がない、もう会わないと判断したとき

まずは女性に興味がない、もう会わないと判断したときです。もう2度と金輪際会わないなと判断すれば奢る必要性なんてありません。

将来的に良い関係を築けそうな女性のみ奢ればいいだけの話なんです。もう会わない女性にわざわざお金を落とすのは無駄でしかありませんよね。

また女性に興味が無くなった際にも奢る必要はありません。これから先の展開が望めない場合なんかも割り勘で大丈夫です。

もし女性が嫌な顔をしてもこれからの関係がないのでお構いなしに割り勘にしてやりましょう。そして次の女性へと移行していけばいいんです。

女性からお金を無理矢理渡される

次は女性からお金を無理矢理渡される場合です。先ほども述べましたが女性の中には奢られることに抵抗がある人もいます。

そのため女性からお金を無理矢理渡されることがあるんです。「いいからいいから」と割り勘にしてくれる女性がいるんですね。

そういった場合は相手の新設を無碍にするわけにはいかないので、「ありがとう」と感謝の意を込めて割り勘にさせてもらいましょう。

夫婦関係を続けていく上でそういった女性はかなり高評価。一過性のモノかもしれませんが、そういった行動ができるのはやはり上級者です。

そのため女性から何も言っていないのにお金を手渡された場合は素直に従うのがベストですよ。

奢った後の女性の反応は要チェック

一概に奢ることがいいとはされていませんでしたね。奢られることが嫌いな女性もいるので「とにかく奢ればいい」という考えは捨て去りましょう。

ただ奢ってほしいと考える女性が大半です。ここは奢ればいいだけなのですが奢った後の女性の反応は要チェック。

奢った後に「ごちそうさまでした」などのお礼を言ってくるかどうかをチェックしましょう。おごってもらって当然という態度を取る女性も中にはいます。

そういった女性から感謝の言葉が漏れることはありません。結婚相手にはふさわしくないと判断しましょう。また今後もお金を出し続けなければならない可能性だってあるんです。

男性がデートで割り勘にするのをケチとみる女性がいるのであれば、「ごちそうさまでした」が言えない女性は高飛車であると判断しても大丈夫です。

しっかりとお礼を言ってくれる礼儀正しい女性であるかどうかを判断できるいい機会ですよ。

誠意を女性に見せることが大事

いかがでしたでしょうか。女性の大多数が奢ってほしいと考えているのは何となく想像がついたのではないでしょうか。

しかし中には奢られること自体が嫌いな女性もいます。そういった女性とは将来的にも良い関係を築いていける第一候補になるでしょう。

そのため誠意を女性に見せることが大事なんです。奢るにしても奢らないにしても結局気持ちが大事になってきます。

奢った程度で揺れ動く女性もダメですし、奢らない程度で憤慨する女性も良くありません。しっかりと礼儀作法はなっていたのかなどをチェックしておきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ