37歳の婚活は厳しい?厳しさの理由と対策・成功した人に学ぶこと

37歳というとまだ30代ではあるものの、一般的には『アラフォー』の仲間入りの年齢になり、婚活をしていく上でも30代後半となると婚活が厳しくなってきます。

恐らく、アラフォーの人が考える程厳しい部分もあるでしょう。では、なぜそこまで37歳の婚活は厳しいと言われているのでしょうか。

その理由と、厳しいのであればどうすると良いのか、その対策や婚活が成功した人から学べる部分を抜粋して解説していきます。

ぜひこれから婚活をしたいけれど、どうしたら良いのか分からないという人は参考にしてください。

37歳の婚活は厳しい

37歳という年齢は、男性女性共に婚活を行っていくことが厳しく感じるでしょう。これから婚活を長年続けていく状態になると、もっと厳しくなり、なかなか出会いを得られない可能性もあります。

そのため、37歳前後で婚活を始めるとしても、1年以内、または半年以内の短期集中で結婚まで持って行きたいところ。

しかし、そうは言ってもそれを現実にするのは難しく、どのようにすると短期間で婚活を終わらせることができるのか分からないと言う人もいるでしょう。

そこで、まずは37歳で婚活をするとなぜ厳しいのかという理由と、厳しい現実をどのように乗り切るのかという対策について解説していきます。

37歳の婚活は厳しい①男性の場合

では、最初に37歳男性の婚活について解説していきます。男性はどちらかというと若い人よりも少し年齢を重ねた方が魅力がある、人気がある、女性と比べると問題がないのではないか、と思う人もいるでしょう。

しかし、37歳という年齢は男性も同様厳しい部分がいくつかあります。それはどのようなものなのでしょうか。

どんな女性にとって37歳男性が結婚の対象になる?

37歳男性で婚活を行った場合、どのような女性がアプローチをかけてくるのでしょうか。もちろん、これは一般的に多い例になり、必ずしもそうであるとは限りません。

37歳男性に声をかけてくる人の多くは、30代前半~同年代を中心に40代前半くらいまでの女性がマッチングしやすくなるでしょう。

そのため、自分が必要としている条件の中に20代女性が上がっている場合には厳しいと言えます。

もし30代~40代女性が37歳男性にアプローチしてきた場合に掲げる条件は何になるでしょうか。これも一概にそうだとは言えませんが、多くの女性は『年収』という部分を見てくるでしょう。

20代は30代前半の男性というのは、そこまで仕事も落ち着いていないことや、年収面でも大きくはありません。それを女性も理解しているでしょう。

しかし、37歳という年齢では、もうすぐ40代に入るということもあり、それなりに落ち着いた収入があるのではないか、役職を持っているのではないかと考えています。

そのため、求めてくる年収も高くなっています。女性の多くが求める年収は多くて500万円。それだけの年収、実際には厳しいです。

しかし、女性が年収を抜いて37歳男性に魅力を感じるかというと、そこまで多くはないでしょう。

もし、婚活をしていく上で年収をある程度持っていると、そこまで厳しい婚活になることはありません。

37歳男性の結婚できる確率は?

37歳男性が結婚できる確率は実際どのような数値となって現れているのでしょうか。国立社会保障・人口問題研究所のデータ(2018年)によると

・35-39歳男性の初婚率は『12.51%』(人口統計資料2020年版初婚率)
・同再婚率は『4.34%』(人口統計資料2020年版再婚率)

初婚・再婚を合わせて35-39歳で結婚できる男性は約17%となります。1990年以降は増加傾向にあるものの、まだ結婚に対して行動していない人や、結婚できない人の方が圧倒的に多いという指標になるでしょう。

逆に未婚率についてのデータもあります。厚生労働省の令和2年版、厚生労働省労働白書によると、35-39歳男性の未婚率は『35.0%』と高い位置にあります。

30代以降を見ると、年々未婚率は増加傾向にあり、35-39歳を対象にせずとも、40-44歳も同様30%という厳しい結果に。(厚生労働省労働白書令和2年版)

これを踏まえて30代後半からの結婚というのはとても厳しい状況になるということは理解頂けたのではないでしょうか。

37歳男性に求められる条件

そのような厳しい状況下でも37歳男性で求められる条件というものもあります。年齢を重ねていても、男性自身が女性に気に入られる条件を持っていると、婚活をしても厳しくなることはありません。

まず、最も重要とされることは『人柄』です。37歳という男性でも中にはまだ子供っぽい人がいます。好奇心旺盛、大人な意見を持たない、自己主張が激しいなど。

このような男性では明らかに女性からも受け入れてもらえることはありません。成熟した大人な振る舞いができる男性というのは、どのような女性から見ても心奪われるでしょう。

何事においても女性を優先できる振る舞い、相手を思いやる言葉や仕草というものを持ち合わせている男性は人気があります。

コミュニケーション能力も必須です。女性ばかりに話しをさせるのではなく、自分からも何か話題を振ることや、相手を思いやって話すというのは女性も見ています。

そして、これは理想論の一つにもなりますが、『高い年収』というスキルを持っていると、大きく違うでしょう。

はっきりお伝えすれば、高年収という肩書きを持つ男性は誰しもが求めています。その年収がないとしても最低400万円以上の年収が望ましいですが、こればかりは社会的な問題なので、どうすることもできません。

年収でカバーできないとするならば、一定以上の家事能力を持つと良いです。もし共働きになったとしても、相手に全てを任せるのではなく、しっかりと家事育児の分担を行い、相手と一緒に家庭を築くという行動を見せることが重要です。

37歳の婚活は厳しい②女性の場合

次は37歳女性の婚活について解説していきましょう。女性は男性以上に厳しいと思っておくと良いです。

37歳の女性が婚活をしているというのは、もちろん人それぞれに理由はありますが、まず最初に相手はあまり良いイメージを持たないという部分です。

そのことを理解して、下記厳しい現状について見ていきましょう。

37歳女性は結婚・恋愛対象になる?

結論からお伝えすると『なります』。37歳女性というのは出会いややり取りが始まらないうちからマイナスイメージをもたれやすいです。

これは偏見になるのではないかと思う女性もいますが、多くの男性は女性と結婚し、子供を持ち『家庭を作りたい』と望む人がほとんどです。

そうなった場合に、やはり出産確率の高い20代後半から30代前半を希望することも。もちろん、自身もそういう気持ちを持っているでしょうが、相手にはそのような印象を受けないでしょう。

もし37歳女性が男性から求められるとするならば、一概に全てそうであるとは言えませんが、主に40~50代の男性になり、その年代では、子供を望んでいる人も多くいないでしょう。

また、その中には離婚歴を持つ人もいます。そのような部分を了承した上で婚活を進めなければ、なかなか出会いが訪れず厳しいものになるでしょう。

37歳女性の結婚できる確率は?

こちらも男性の際に表示した統計場所と同じになりますが、国立社会保障・人口問題研究所のデータ(2018年)によると、

・35-39歳女性初婚率は『10.57%』(人口統計資料2020年版初婚率)
・同再婚率は『4.02%』(人口統計資料2020年版再婚率)

となっています。二つを合わせると35-39歳の間に結婚できる女性は15%弱と低く、30代後半になると結婚をすることはとても厳しいでしょう。

逆に未婚率については、厚生労働省の令和2年版、厚生労働白書によると、35-39歳の未婚率は『23.9%』と結婚率に比べて高い傾向にあり、未婚女性に対して結婚を考えるととても厳しい結果となります。(厚生労働省労働白書令和2年版)

年々女性の未婚率に関しては上昇傾向にあるものの、初婚、再婚率も同様に上がっているので、あまり良い結果ではないと言えます。

37歳女性に求められる条件

では、37歳の女性が婚活をした際に、男性から求められる条件とはどのようなものがあるのでしょうか。

「37歳女性は男性の結婚・恋愛対象となるか」という部分でも話をしましたが、主に37歳の女性にくる男性は自分より年上が多くなります。

そうなると相手もある程度大人な思考を持っているので、女性にも同様のことを求めてくると考えると良いでしょう。

社会面では経済的に自立し、しっかりと自分で生活ができている人、また仕事に使える資格を持っているなど仕事にしっかり打ち込んでいる女性が好かれます。

また、プライベートな時間もお互いに優先し、尊重し合える女性を求めています。ある程度年齢のいっている男性の場合は、一人の時間が長かった可能性もあるので、その時間を大切したいと思いがちです。

このような男性に対してかまってちゃんでは逆効果になりかねません。お互いに一人の時間も作れるような大人な女性がやはり求められるのではないでしょうか。

他にも男性が求めることは、女性らしい身だしなみをできている人です。落ち着いた雰囲気をまとい、派手すぎない、年齢をしっかりとわきまえている女性は男性からも好印象を受けるでしょう。

37歳で婚活に成功した人の特徴【男女共通】

37歳で婚活を行い、結婚できた人は少なくありません。その人たちはしっかりと婚活を行っていく上でどのような点に注意するべきなのか、どのようなことを受け入れるべきだったのかと把握していました。

そこで、成婚した男性、女性共に共通した特徴とはどのようなものがあるのか紹介していきます。ぜひ、これから婚活を考えている人や、婚活をしているけれど、うまくいかないという人は参考にしてください。

特徴①相手の年齢にこだわらない

婚活をしている男女の多くが年齢にこだわっています。同年代であったり、自分より年下を希望する人も少なくありません。

これではなかなか相手を見つけることはできないでしょう。男性であればのちの出産なども考えて20代を希望することもありますが、それは考えないでください。

20代の女性が求める多くの年齢は同年代から最高でも30代前半です。そのため、まずお互いにマッチングすることはあまりありません。

女性であれば、40~50代の男性だったとしても許容するようおすすめします。前述でも述べたように、37歳女性にくる男性の多くは自分より年上である可能性が高いです。

結婚をしたいと望むのであれば、年齢部分は許容することが一番でしょう。この条件の幅を持たせるだけでも成婚の可能性は予想以上に高くなります。

特徴②相手が初婚かどうかにこだわらない

30代後半となると離婚歴を持つ異性が多くいます。自分が初婚の場合、離婚歴を持たない人を望むことも多くいますが、これを条件として出してしまうと、出会える幅が一気に狭くなってしまいます。

離婚歴という部分も理由によっては怖いという気持ちも理解できますが、まずはそのような部分に目を向けるのではなく、相手の人柄を見てください。

離婚歴がある人の中には、堅実で謙虚であるという意見も多くあります。人柄を先に見た上で、離婚理由を確認するようにしても良いのではないでしょうか。

そして、参考までにお伝えしますが、離婚率を持つ男性女性よりも初婚の男性女性の方が異性から敬遠される可能性が高くなります。

やはり30代後半になっても結婚をしていないという人は、何か理由がその人にあるのではないかと勘ぐられてしまいがちです。

そのような点で誤解を解くためにも、なぜ結婚しなかったのか、できなかったのかなども素直に話していくと相手に好印象を与えやすくなるので、恐れず相手に全て晒すつもりで向かっていきましょう。

特徴③プロに任せるところは任せる

結婚相談所を利用した婚活の場合、担当カウンセラーやコンシェルジュがつきます。その人たちがいることで婚活をスムーズに行えるということが結婚相談所のメリットでしょう。

そのため、何も遠慮する必要はなく、頼れるところはしっかりと頼っていくことで婚活に苦痛を感じず進めることができます。

例えば
・お見合い相手選びを一任する
・アドバイスを素直に聞く

など。婚活を行う人の中には意見を聞き入れず、自分の意見ばかり尊重する人もいます。そのような人は婚活をしたとしてもなかなか成婚へ導くことはできません。

自力で結婚できなかったという場合には、プロの意見を尊重することで今までと全く違う道へ進むことができるでしょう。そのような謙虚な姿勢が求められます。

また、年齢を考えた上で短期間で成婚をする必要があるという部分でも、プロの力をどのように借りることができるのかということも重要です。

37歳で婚活に成功した男性の特徴

37歳男性で婚活に成功した多くの特徴としては、まず自分から積極的に活動をしている人が多くいました。

上記でプロに頼るということもお伝えしましたが、何もかも頼ってしまってはいけません。プロにお願いしつつも、自分はどのように行動するのか考え、それを実行していくか、していかないかでは大きく結果も異なります。

また、相手とマッチングできた際にはまめにコミュニケーションを取る必要があります。その中でも、相手を尊重し、傷つけない、大人なコミュニケーションです。

自分の意見ばかり述べていたり、相手任せなコミュニケーションはすぐに切られてしまいます。相手を思いやる発言や行動というのは必ず伝わるので、ぜひコミュニケーションという部分は大切にしてください。

37歳で婚活に成功した女性の特徴

37歳女性が婚活に成功した特徴の多くは、経済的に自立している女性、条件を幅広く持ち、妥協できる部分、できない部分をはっきりさせている女性です。

これも一部例えになりますが、派遣会社であり、年収も200万円程の実家暮らしである女性は、やはり甘えているのではないかと思われがちです。

その上、相手に求める容姿や年収ばかりを重視しており、結婚したら専業主婦になりたいというのは、相手からするとそのような女性と結婚しても何もプラスになりません。

自分がどのような人間なのか把握した上で、しっかり家事もでき自分で稼ぎ、一人で生計を立てるようにしてください。

そして、年齢や容姿、年収という条件を持っている場合は、少し考え直してみましょう。それこそ、結婚相談所を利用しているのであればスタッフから助言をもらうことも一つです。

自分では気づかなかったダメな部分というのを教えてくれるでしょう。そして、短期間での婚活を意識して効率を考えて活動していきましょう。

このように、どのように活動するのか、相手に対して何を望むのかという点をまとめるだけで大きく可能性が上がります。

短期集中で婚活を成功させよう

37歳の男性女性の婚活というのは、正直厳しい部分もあります。しかし、短期間集中型の婚活にすると決め、どのように行動していくべきなのか考えるだけでも大きく変わります。

そして、どのような人が成功しやすいのかということを頭に入れて、再度自分の掲示している条件を見直していきましょう。その際には他者の意見も聞き、しっかりと受け入れてください。

自分勝手な婚活を行うのではなく、相手を思い、どのような男性、女性が求められるのか考え、直すべき所は直していきましょう。

それだけで、成婚の道は遠くなく、スムーズに進めることができるのではないでしょうか。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ