結婚相談所利用で詐欺に遭遇する!?その驚くべき内容とは!

婚活が主流となってきた現在、結婚相談所の数は大手、中小起業合わせて約4,000社もあり、色んな結婚相談所が増えてきました。

結婚相談所は婚活を行っていく上でとても有利で、すぐに結婚をしたいという人にはおすすめの婚活方法になりますが、現在結婚を真剣に考えて活動している人たちを狙った詐欺を行う悪徳業者も少なくありません。

悪質な詐欺を行う結婚相談所とはどのような所なのか、またその驚きの内容や手口とは何なのか、回避方法も含めて紹介していきます。

結婚を真剣に考えているからこそ、このような詐欺に引っかかってはいけません。ぜひ今後の結婚相談所を見極めるためにも参考にしてください。

結婚相談所で詐欺が起こってしまう理由と内容とは

結婚相談所で何故詐欺が起こってしまうのでしょうか。結婚相談所で詐欺など本当にできるのか疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、結婚相談所だからこそできる詐欺があります。その最大の理由は『特別な資格がいらない』ということ。誰でも開所することができるため、邪な考えを持つ人が開所してしまえばそれまでなのです。

では、今までに結婚相談所を利用したどのような詐欺があったのか紹介していきます。現在も少なくない詐欺、十分に注意しましょう。

結婚相談所の存在自体が詐欺

『結婚相談所』自体が詐欺として使用されていることがあります。これはどういうことかと言うと、結婚相談所とは入会する際から費用が発生し、成婚退会に至るまでずっと費用が重なるプランが主です。

なので、多くの結婚相談所から一つの結婚相談所を選ぶ際にはこの『費用』に着目することも大切なのですが、詐欺の中にはまさかの状態になることがあります。

例えば
・高額な入会金を支払った後、音信不通となってしまう。
・登録者のほとんどがサクラ。
・説明された内容と実際に行われていることが違う。
・異性と全く出会うことがない

このようなことは、実際の結婚相談所ではまずありえません。先程もお伝えしたように、入会金というのはどの相談所でも必要な費用です。

しかし、『高額』な入会金を求める所はありません。高くても5~10万円程。詐欺の所は3倍以上請求してくるので注意してください。

また、過度な営業トークで必ず結婚をさせてくれるようなうまい話をするところも注意です。『絶対』『必ず』など特別な言葉を使って魅了してきますが、そのような話をする結婚相談所はありません。

このように、いくつも手口は隠されています。結婚相談所とはどのような所なのかまずは把握したのちに選ぶ必要があるでしょう。

結婚相談所での追加料金詐欺

結婚相談所自体は何も問題なく感じたとしても説明のなかった費用を請求されることがあります。

これは実際に「国民生活センター」にも寄せられたトラブルになるのですが、費用の説明というのは必ず入会前に受けるでしょう。

それに納得して登録をすると思うのですが、後に説明のなかった費用を総額で請求され、大金だったということも少なくありません。

また、説明はしていないけれど、同意書や説明資料に書かれていたということもあります。他にも、相場より高い料金を持ってきておいて、「相場よりは安い」と押し切ったり、解約時に多額の請求をされるということも。

このように気づかないうちに引っかかっていたということもあるので、しっかりと説明資料の確認や、料金プランの説明、オプションの有無など確認していきましょう。

詐欺を行わない結婚相談所の多くはしっかりと料金プランやオプション費用について説明してくれるので、そこを指標として考えることも一つではないでしょうか。

 

結婚相談所選びで詐欺を回避しよう

婚活を円滑にするためにも詐欺を回避する必要があります。まずは結婚相談所選びが重要で、どのような結婚相談所を選ぶかで安全性というのは確立されるでしょう。

では、安全性の高い結婚相談所を見つけるためには、どのような事に注目する必要があるのでしょうか。また詐欺ではないと見極めるためには何を見ると良いのでしょうか。

詐欺に引っかからないための結婚相談所選びポイントについて解説していきましょう。

大手の結婚相談所を選ぶ

大手の結婚相談所というのは、いわば『ブランド』です。知名度も高く、その結婚相談所のプライドもあるので、信頼度は非常に高く得られます。

登録者数も多いので、会員によるサクラということはまずなく、料金も明確なので不安に感じることもありません。

また、何か詐欺まがいなことをして事件が起これば、全国にあっという間に広まり、その大手は窮地に立たされてしまいます。

自分の首を自分で絞めるようなことはせず、スタッフの管理も行っているので、接客も文句なく安心して婚活が出来ることは間違いありません。

規約なども詳細に明示されているので、気になる場合は一通り目を通すことが大切です。大手と言っても確かに詐欺率は低いですが、不安や心配事を拭えるかというと別でしょう。

スタッフと一緒にどのような婚活を目指すのか、何が不安なのかなど明確にして相談し解決へ導こうとすることで、それも徐々に安心へと変わっていくのではないでしょうか。

連盟に加入している結婚相談所を選ぶ

連盟というのは結婚相談所の集合体のような所で、会員情報をシェアし、どのような人と出会うことができるのか、幅広く相手を見つけるサポートをしてくれます。

もし入会したところに、気になる人がいないのであれば、別の社で検索をかけるということができるので、なかなか出会えないという不安はありません。

このように有名な結婚相談所は規模の大きい連盟に加入しているので、比較的安全度は増すでしょう。主に連盟は4つ存在します。

・日本結婚相談所連盟(IBJ)
・日本ブライダル連盟(BIU)
・日本結婚相談協会(JBA)
・良縁ネット(Rnet)

一番結婚相談所での有名な連盟は『日本結婚相談所連盟(IBJ)』でしょう。聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

必ず安全という保障もありませんが、比較的安全性は確立されているので、このように連盟に加入しているかどうかという点で選ぶことも一つとなるでしょう。

結婚相談所内のシステムで選ぶ

これは前述の『追加料金詐欺』の部分でも少し解説しましたが、結婚相談所のシステムを把握するということは自分を守るためでもあるので重要です。

まずは結婚相談所を決めるにあたり、結婚相談所の所在や連絡先が明記されており、実在するということが絶対条件です。もちろん代表者も記載されている所は信用性も高いでしょう。

そして、この結婚相談所が良いかもしれないと思った際、すぐに入会せずにまずは説明を聞いてください。

どれだけ良い所であったとしても、そこの方針や料金が自分に合うとも限りません。そして、説明時には必ず入会金や月額費、成婚費、オプション費など全て確認しましょう。

結婚相談所の資料なども一度持ち帰ったのちに他の良い所がなく、自分にも合ってると思う際には入会しても大丈夫です。

ただし、規約などでも読み返すことができる所を選んでください。会員登録後に読めないという状態にはならないようにしてください。

つまり、同意書のサインなど全てもらえる所が良いので、入会前にはその確認もするようにできるといいでしょう。

結婚相談所にいる結婚詐欺師を見極める

結婚相談所で起こる詐欺というのは結婚相談所が主体で起こる詐欺ばかりではありません。必ず詐欺に結婚相談所が関係しているのではなく、会員が個人で詐欺を行っている可能性もあります。

結婚相談所側もそれに気づくことが出来ず、報告を受けて初めて知るということもあるのです。では、そのような個人が働いてくる詐欺はどのようなものがあるのでしょうか。

結婚相談所に登録したのちに起きた会員同士のトラブル、詐欺や、詐欺に合う前に見極めるためにはどうしたら良いのか紹介していきましょう。

デートを繰り返す詐欺

結婚相談所では、第一段階に相手とマッチングし次にお見合いに持っていきます。そして、お互いに好印象であればデートをするという風に段階を踏んでいきます。

その『デート時』に、何かを買ってほしいとアピールし、買わせる詐欺が少なくありません。よく狙われるのは羽振りの良い人なので、お金を持ってそうな人や高年収な人が狙われやすいでしょう。

結婚相談所に登録する人の多くは結婚に対して焦っていたり、相手を見つけたいという強い願望に負け、相手を見抜く力が阻害されています。

そのため、何も疑問に思うことなく購入し、プレゼントしてしまうということも少なくないでしょう。

一度買ってしまうと、次々とデートを重ね、要求も続きます。しかし、何か高額なものをプレゼントしたとしても相手は決して身に着けてきません。

その理由は、もらってすぐに転売しているからです。このような人は手慣れているので、どのように接することで買ってもらえるというのも分かっているので注意してください。

婚前交渉を求める詐欺

結婚相談所では規約で『婚前交渉』を禁止しているところが多くあります。もし婚前交渉をした場合、規約違反となり『成婚退会』という名を使った『強制退会』になります。

これをうまく利用した詐欺が実はあり、これは女性に多い特徴なので男性は注意してください。この婚前交渉を匂わせ、男性を甘い誘惑で誘い込みます。

そして、交渉をした後に婚前交渉をしたと慰謝料の請求や「妊娠した」と嘘をつき、堕胎費用、慰謝料を請求する人がいるのです。

慰謝料請求もされ、規約違反ということで結婚相談所からは請求が来て、多くのお金を動かすことになりかねません。

絶対に婚前交渉はしないでください。どれだけ相手が魅力的であっても通常ならが強制退会が嫌な人がほとんどなので、そのようなことはしてこないでしょう。

強い理性を持ち、もし婚前交渉を誘ってきた場合には上手くかわして、結婚相談所側に報告してください。そうしたことで対策も打てます。

結婚相談所で詐欺師に出くわした時の確認方法

もし結婚相談所で詐欺師に出くわした時は慌ててはいけません。確認を自分でする必要があります。

まずは結婚相談所の登録時に多くの身分証明書を必要としている所が理想です。本人証明書はもちろん、独身証明書や収入証明書、学歴証明書など提出を規定としている所を選んでください。

それでも詐欺かもしれないと不安に感じた際には、まずは相手の身分証明書を確認してみてください。登録情報と合っているかなどの身元確認を行いましょう。

次に、親に合わせて欲しいとお願いしてみてください。もし詐欺の場合には親まで偽れないので、何かと理由をつけて断ってくるでしょう。そのような対応をしてきた場合は完全詐欺師です。

他にも、借金があるという話をして、貸して欲しいという言ってきた場合は、詳細を確認してください。どこにいくら借りたのか、その理由は何なのか、借りた先の連絡先や住所なども聞いておくと良いでしょう。

このように自分で自分をまずは守らなければ、気づいた時には既に遅いことが多いです。

もしも詐欺にあってしまったら!

もしも詐欺にあってしまったら、焦ってはいけません。悲観してしまう気持ちも分かりますが、まずは行動しなければいけないことがあります。

詐欺に合った多くの人は泣き寝入りしてしまうことがありますが、詐欺師というのは何度も同じようなことをします。

やられたらやり返す、同じような犠牲者を出してはいけないという前向きな気持ちで対処していきましょう。では、詐欺に合った時に取る行動とは何なのか解説していきます。

結婚相談所で詐欺にあったら警察へ

まずは警察に相談してください。詐欺は完璧な犯罪なので、真っ先に警察へ連絡しても良いです。ただし、全ての詐欺に関して警察が動いてくれるわけではありません。

警察は『証拠』がなくては動けないので、もし詐欺だと思った際には何かしらの証拠を残しておく必要があります。

実際に金銭を取られたとしても、それは証拠になりません。最も有利な証拠としては、相手が既婚者であるにも関わらず、結婚を名目に得た金銭を別の用途で使用していたなど事実が必要です。

よくある話ですが、詐欺師というのは一人の人にだけ行いません。何度も繰り返しいろんな人に詐欺を働いている可能性があるので、可能であれば同一人物から同じ詐欺被害にあったという人を見つけることも一つの証拠になるでしょう。

詐欺師には弁護士を

もし警察が動いてくれなかった、または被害に合って精神的ショックを受けた、お金を取り返したいと思っているのであれば、弁護士にお願いすることが一番有利になります。

相手の不法行為によって賠償を求めることもでき、警察にも告訴状を作成してもらうということもできます。

また、何が詐欺の証拠となるのかということも専門知識を用いて対処をしてくれるので、メッセージのやり取りなどがあればそれも一緒に渡してください。

ただし、弁護士に依頼しても相手は詐欺師なのでまず話し合いは難しいと言えます。では結局泣き寝入りなのか。いえ、民事訴訟を起こすことができます。

労力と時間が必要とはなりますが、訴訟の準備を進めることで相手を徐々に追い込むことは可能です。給与や財産の差し押さえなど様々なことが出来る可能性も。

一つずつ何か詐欺師に対して報いることはできないのか、弁護士と一緒に戦うことで結果は得られるので負けない気持ちで向かっていきましょう。

結婚相談所で詐欺にあわない保証はない

結婚相談所の詐欺とは実際にそこまで多くはありません。結婚相談所の多くはしっかりと結婚のサポートをしてくれ、尚且つ会員に変な人が入会しては結婚相談所側が大きな損害となるので、入念なチェックを行ってくれます。

しかし、そのような所を上手く抜けてくる詐欺師もいるので、必ずしも詐欺に合わないという保障もありません。

まずは詐欺に合うかもしれないという気持ちを持ち、詐欺に対する知識を身に着けて、安全な婚活を頑張っていきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ