ポジティブな妥協は婚活成功の可能性を広げる!前向きな妥協のすすめ

婚活をしていくなか、「婚活では妥協も必要」という意見もあれば「妥協はしない方がいい」という意見もあります。

婚活に悩んでいる人の多くは、妥協するとしたら全て妥協するべきなのか悩み、妥協しないという人は、このままどう続けていくかと悩みます。

しかし、どちらも正しい判断ではありません。実は婚活をするうえでの妥協には、した方がいい妥協としない方がいい妥協が存在するのです。

それがどのようなものなの、した方がいい妥協をする方法と、妥協していいポイント・いけないポイントについてまとめて紹介していきましょう。

婚活で妥協できない・妥協しないのは正しい?

婚活をしていくうえでいくつか相手に条件を求めることは当たり前です。しかし、なかなか思うようにマッチングできない、婚活が進まないという時、条件が高いのかとも考えるでしょう。

そんな時に、妥協する人もいれば妥協しない、できないという人もいます。納得のいく結婚をするためには妥協しない方が良いようにも思えますが、それは果たしてどうなのでしょうか。

条件にも色々あります。年収、内面、外見、趣味など上げればきりはないでしょう。そしてそれに見合う相手が現れてくれればどれだけ喜ばしいことでしょうか。

しかし、世の中はそう簡単ではありません。条件を求める程納得いく結婚が遠のき、出会いさえもなくなる可能性が高くなります。

男性・女性ともポジティブな妥協で婚活のチャンスを広げよう

では、妥協した方がいいのかと頭を抱える人もいるでしょう。しかし全て妥協するという必要はありません。

妥協というのは決してネガティブな妥協ではなく、むしろポジティブに考えられる妥協共言えます。このようにポジティブな妥協をすることで婚活が成功する可能性が高まっていきます。

ポジティブな妥協で婚活が成功するのであれば、婚活に対するストレスを感じることはなく、妥協していない条件を満たしている相手を見つけることができるので良い方向に向かうでしょう。

では、どのようにポジティブな妥協を増やしていくと良いのか、どのようにまとめると簡潔にできるのか説明していきましょう。

ポジティブな妥協の方法①思いつくまま希望条件を全部出す

まず一番最初に自分が相手に何を求めているのか、また結婚に対して何を求めているのかなど冷静に分析する必要があります。

そのためには、高望みや妥協という言葉は置いて自分が思う全ての条件を書き出してみてください。

本当に理想としていることは何なのか、また自分が相手に求めている条件の明確化ができます。そうすることで問われた際にぼやけていた理想像がはっきりしてくるでしょう。

このように自分が望むものをはっきりとすることは自分の頭の中の整理にも役立つので必要なことになります。

ポジティブな妥協の方法②自分についての条件を書き出してバランスを考える

書き出した条件はどのようなものだったでしょうか。年齢や容姿、性格、年収などいくつか条件が上がってきたでしょう。

その条件をまずは自分で見てみましょう。そして、自分が出した条件に実際自分は見合っている相手なのか考えて下さい。

例えば、若くて、高年収という場合相手はどのような存在なのでしょうか。恐らく高学歴で、有名企業に勤める優秀な方でしょう。

その場合は自分もそれだけ同じ立場でいる必要があります。このように、自分が出した条件に自分は見合うのかというバランスを考える必要もあります。

多くの人は自分の立ち位置よりも好条件を挙げていることが多く、むしろ良い結婚や生活を目標としているからこそ出てくる普通のこととも言えます。

しかし、好条件を求めていれば相手もそれなりの条件を求めてきます。それに自分は答えられるのかどうなのか見直すことで、何が必要で何が不必要なのかと分かることもあるでしょう。

ポジティブな妥協の始めとして、まずはこの方法を試してみてください。

ポジティブな妥協の方法③修正・カットできる条件がないか考える

次に書き出した条件と自分のバランスが合うように修正、カットしていく必要があります。容姿であったり年齢であったり、よくよく見ると何が無くすことができるのか、多少なら下げることができるのか分かってくるのではないでしょうか。

そして、自分の中でも新しい発見として削れる所は何なのかということや、自分はこれだけは譲れないということが改めて知ることができます。

そうすることで自分の求める相手の条件が新たに分かってくるので、のちの婚活も検索をかけやすく、スムーズに婚活もしやすくなるでしょう。

ポジティブな妥協の方法④条件に優先順位を付ける

①で出した条件を元に自分にとって妥協できない優先順位をつけてみましょう。そうすることで自分にとって何が最も大切なのか分かってきます。

このように条件に優先順位をつけていくと②や③で発見できないことがまた見つかることもあります。

例えば、意外とこの条件だけあればいいかもしれないということや、何個もある中の3つだけで十分かもしれないと改めて減らすことができることも。

このように自分にとって相手に求める最低限の条件の明確化を図ることによって条件の整理もできるでしょう。

ポジティブな妥協の方法⑤どこまでが妥協できない条件か考える

③である程度順位付けができたら、次はそのうちの条件全てにおいて妥協できる条件とできない条件を更に深く模索していきます。

ここまでは絶対に妥協したくないという場合、それより下の条件はクリアしていれば嬉しいけれど『絶対に必要』ではないということに気づくでしょう。

そして、再度必須条件だけを見てその条件に合う人が現実にどれだけいるのか、またいる場合はどのような経歴を持つ人になるだろうかと想像してください。

もし想像していないかもしれないと感じた時は再度条件に合うよう変更してみることや、他に妥協できる条件はないかと考えて見ましょう。

このように何度も条件を修正、カットを繰り返し妥協できる条件を増やしていくことで最初に多かった条件が徐々に減っていき、最終的には本当にこれだけ良いのかと思うくらい減っていきます。

減っていくことはポジティブな妥協なので、そこからわざわざ増やす必要もなく、婚活を行っていくと出会いの幅も広がるでしょう。

妥協しても問題ないポイント①見た目・容姿

次に妥協しても問題ないポイントについて紹介していきます。最初にお伝えする妥協しても問題ないポイントは『容姿』です。

外見というのはとても重要で、相手に与える第一印象も大きいでしょう。しかし、結婚生活を送る上で果たしてそこまで重要なポイントになるでしょうか。

人は年齢を重ねればどうしても容姿は衰え、体型も変わっていきます。最初にイケメン、美人な人を必須条件として、マッチングし結婚を迎えたとしても、最終的に容姿というのはいつまでも求める必要はなくなっていくでしょう。

生理的に受け付けない容姿というのも中にはあります。その場合は仕方ありませんが、『好みではない』という単純な理由で容姿にこだわっている場合は考え直してください。

好みでなかったとしても、人柄に惹かれる可能性も大いにあります。

妥協しても問題ないポイント②収入

これは女性が持つ条件に多い『収入』という点です。男性の収入に着目しすぎて他のポイントを見落としている女性はとても多くいます。

収入というのは、確かに結婚生活を送っていく上で十分必要なポイントになります。そのため、収入は必須であるということは間違っていません。

しかし、この収入に対して大きな幻想を抱いている女性が多い傾向にあります。年収『500万円~600万円』を求める女性は多く、それに値する男性も確かにいます。

しかし、その場合は自分よりもかなり年上であったり、エリート勤めをしている男性が主でしょう。収入との引き換えにあなたは年齢を妥協できるでしょうか。

収入を求めて、その仕事をしている男性に見合う程の魅力をあなたは持っているのでしょうか。という部分が問われてくるでしょう。

収入というのは、その時低くても将来は変わってきます。もし低くても、しばらくは共働きという選択もあります。

今の収入に捕らわれずに幅広い視野で収入面を考えてみましょう。

妥協しても問題ないポイント③学歴・会社などのスペック

高学歴、大手企業、エリートというポイントは確かに魅力的です。それだけの学歴や実績があるならば、将来は安泰だと思うでしょう。

それは本当に必要なものなのでしょうか。セレブや金銭的余裕を持って裕福な生活を望むことは分かります。

しかし、実際に学歴や会社などのスペックというのは、最終的に人柄には何も関係していません。そして、その人と結婚できたとしても、必ずしも幸せな結婚生活が待っているという保障もないでしょう。

今の世の中、いつ失業するかも分からず、辞めたいと言うかもしれません。そのような場合にカバーできるような気持ちを持っていなければ厳しいでしょう。

しかし、『知性』という部分は大切です。自分が高い能力を持ち、高い知性を持っているならばそれに見合うパートナーが必要になってきます。

そうでなければ結婚生活を送る上でも、会話が噛み合わない、意見が割れるなど様々なストレスがでてくるからです。

妥協しても問題ないポイント④年齢・年齢差

これは男性に多いことがあります。例えば、子供を望んでいる40代男性が20代の女性を求めているという場合、確かに20代女性は若く妊娠もできます。

しかし、それは20代の女性にだけできるわけではありません。30代の女性はもちろん、40代の女性も妊娠はできます。

もちろんリスクはありますが、アラフォーでも健康な子供を出産している人はたくさんいるでしょう。

このように、年齢というのはさほど気にするようなことでもありません。また年齢差も同様です。自分が同じくらいの年齢を希望することももちろん間違っていることではありません。

しかし、その範囲で探すということはそれだけでパートナーが絞られてしまいます。重要なことは年齢差ではなく、相手がどのような人なのかということです。

そして、年齢差があると落ち着きがあったり、自分とは異なる考え方をしているため楽しさもあるので、ぜひ年齢差に関して妥協してみてください。

妥協しても問題ないポイント⑤結婚歴

結婚歴や離婚歴にこだわる人がいます。確かに過去に結婚したことがあり、何かしらの理由で離婚していた場合に、その理由に疑問を持つことは間違っていません。

もしかしたら、相手側に何か理由があったのかもしれませんし、よくない理由がある場合も少なくはないからです。

しかし、訳も聞かずに最初から結婚歴、離婚歴がある相手は嫌だと受け付けないのはどうでしょうか。理由をしっかりと聞いた上で相手の人柄も見て判断していく必要があるのではないでしょうか。

理由を聞かず、相手を知ろうともしない段階での拒絶は相手に対して失礼なのはもちろん、自分の選択幅を狭めている原因にもあるので、再度考えてみましょう。

妥協してはいけないポイント①思いやりがあるか

次に紹介していくのは、妥協『してはいけない』ポイントです。自分の条件の中になかったとしても、以下紹介するポイントに重点を置いてみてください。

最初に紹介するのは、『思いやり』というポイントです。最も結婚生活を送っていく上で重要なことになってくるでしょう。

お見合いやデートをした際に、自分だけではなくお店のスタッフや周囲の人にどのような接し方をしているのか見てください。

観察してみると相手に思いやりがあるのかどうかということが理解できるはずです。

妥協してはいけないポイント②居心地の良さ

居心地の良さということも重要ですね。居心地がいいとその後の結婚生活も落ち着いて送ることができるでしょう。

実際に居心地の良さを重視している人も多くいます。恋人という関係を求めるのであれば刺激であったり新鮮さというものでしょうか、結婚はそのような関係をいつまでも続けることはできません。

そのような視点で見ると、帰りたい家を作れる相手を選ぶことが重要となってくるでしょう。この人といれたら本来の自分でいられる、リラックスできるというのはとても大切なことです。

妥協してはいけないポイント③浮気癖がないこと

これは誰しもが浮かぶポイントではないでしょうか。結婚生活を送っていく上で浮気はご法度です。浮気癖がある人というのは、一度罪を犯したとしてもそれを辞めることはできません。

その度に振り回されるのでは、結婚を後悔し離婚に繋がる可能性はとても高くなるでしょう。そのため、結婚前に相手に浮気癖がないか細かくチェックしていく必要があります。

それだけでなく、結婚後の浮気というのは自分だけではなく子供や会社にもかなりの悪影響を及ぼすことも多く、辛い状況に立つことは間違いないでしょう。

しかし、これを見抜くというのはとても難しいので、携帯をよく触ることがあったり、女の子の話しが多いなど不安要素がある場合は要注意して見てください。

結婚前にもし浮気をしていた場合はどのような人であっても破談の方向で良いでしょう。一種の気の迷いと相手は言うかもしれませんが、一度浮気をした人が二度目がない保障はどこにもなく、信用性もないので、やめておいた方が身のためです。

妥協してはいけないポイント④金銭感覚

金銭感覚というのは結婚して生活を送っていく上でも重要なことになります。多少のズレでも私が管理するから大丈夫だろうと甘い考えは捨ててください。

自分だけが頑張ったとしても無意味に終わることは多くあります。ギャンブル癖はないか、普段の金遣いはどうかなど見ていくと分かってきます。

またその反対に節約家すぎるというのも自分に合わなければ辛くなるだけなのでやめておきましょう。

ある程度金銭感覚が一緒で、使用目的なども計画性があるという人は結婚相手にも望ましいです。

妥協してはいけないポイント⑤将来の計画

良きパートナーが見つかった際、将来の話しをしてみてください。子供やマイホーム、親との同居や転居、居住地など詳しく話しをしてみて自分と合うのか、また、相手に好都合な条件しか提案してこないという場合はやめましょう。

結婚生活を送っていく上で、子供は何人欲しい、マイホームは何歳くらいに建てたいなど必ずお互いの要望はあります。

それを出し合い、一緒に生活していく中でどれだけの計画が合うのか、妥協し合えるのか確認をすることで、結婚生活の想像もしやすくなります。

妥協して後悔することはないの?

『妥協』という言葉に不安を感じる人はいるでしょう。本当に自分が妥協して相手を見つけられてもそれで後悔することはないのかと。

正直にお伝えすると、妥協しすぎれば後悔することもあります。欲がない結婚の場合は、後でこうしておけばよかった、これは必要だったと気づくこともあります。

そうならないためにも、ポジティブな妥協というのは必要なのです。こだわるべき点、こだわらなくても良い点をはっきりさせておくことで、結婚生活も後悔というのはないでしょう。

自分が出した条件を見て、本当に必要なのか真剣に考えることではっきりしたことが見えてきます。

最低限の条件、絶対に譲りたくない条件は何なのか見極め前向きな妥協をすることで、婚活もその後も上手く進めることができます。

大切な条件に絞って納得できる結婚を目指そう

妥協というのは悪く考える人もいますが、決して悪いことではありません。婚活というのは労力と時間を必要とするもので、上手くいかない人程何が悪いのかと考えてみた際に『条件』が上がってくることも多いです。

その時に、再度条件を見直して妥協できるできないの区別をつけ、改めて考えることで意外と婚活が成功することも。

結婚というのはしてみて初めて気づくこともありますが、必ずしも条件全てを求める必要はなく、最低限の条件でも幸せに送れるものです。

ぜひ、この機会に条件の見直しを行い、ポジティブな妥協に挑戦してみてください。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ