60代に最適な婚活とは?シニア婚活の注意点についてもまとめてみた!

婚活が当たり前となってきている現在、婚活をしているのは30代や40代の男女だけではありません。

実は60代の婚活も今婚活市場を盛り上げてきており、婚活企業も60代以上を対象とした婚活方法を表に出してきています。

しかし、60代の婚活とは一般的な婚活サイトに書いてあるような方法が適用するかと言うとそういうわけではありません。

60代の最適な婚活の方法を注意点は何なのか、また60代の男女がモテるためにはどうしたら良いのかポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

60代の婚活はマイナーではない

婚活が根付いてきた現代、利用しているのは若い世代だけの人達だけではありません。年配の方の婚活も圧倒的に増えてきています。

それも60代に多く、厚生労働省で行われた調査で平成28年度には64~68歳の婚姻件数が男女ともに増加傾向にあることが分かっています。

平成12~22年の調査では多くても900件前後婚姻件数があったにも関わらず、平成27年には1500件を超える婚姻件数まで上昇してきました。

一昔は、寿命は長くても男性で70代、女性で80代前半でしたが、現在は伸びてきており男性でも80代に突入してきています。

そして、熟年離婚というものはあまりなかったのですが、現在では夫が退職したと同時の熟年離婚が圧倒的に増えてきました。

熟年離婚が増えたにも関わらず、一人の時間がまだ20年近くある余生、一人寂しく過ごしたくない、誰かと一緒にと考える60代が増えたのでしょう。

このような結果から、60代の婚活はあまりいないと考えられていますが、実際には多くの人が婚活に取り込み、マイナーではなくなってきているということになります。

60代の婚活が増えている理由

上記でも記したように現在60代の婚活が増えてきているのは理由があります。理由は人それぞれ異なり、一つだけではありません。

30代や40代で抱えた婚活の悩みとはまた異なる悩みになるでしょう。それは、現在の30代40代の人には分からないもので、理解をするのは難しいことも。

しかし、その理由があってこそ、60代でも新たな人生の一歩を踏み出そうとしており、それを応援するかのように60代を対象として婚活も増えてきているのです。

現在のシニア世代が婚活をしてまで結婚したい理由とはどのようなものなのか、またなぜそのような理由があるのかなど詳しく解説していきましょう。

事情でパートナーがいない

60代で婚活を行う多くの人が様々な事情を抱えており、一度結婚を経験している人も多くいるでしょう。

しかし、長年連れ添った夫婦といえど様々な事情で離れてしまうこともあります。例えば、『死』です。60代は寿命が伸びてきている今だからこそ『若い』と捉えられる方もいますが、決してそうではありません。

60代に入ると健康面で様々な問題が出てきます。正直にお伝えすると、いつ体を壊してもおかしくはないのです。そして、急な死というのは突然に起こります。

60代で婚活をしている人の中には、パートナーが『死』を迎えてしまい、先に旅立ってしまったという事情もあるのです。

もちろん、そればかりではありません。婚活をしている人の中には『離婚』でパートナーを失ったという人もいるでしょう。

実は、50~60代の離婚率というのは年々増えており、厚生労働省の調べで昭和60年から平成17年にかけて、同居期間が20年以上の夫婦の離婚率は倍以上に増加しています。

そこからはほぼ横這いで今も変わらず離婚率は高い状況に。このようなパートナーが急に先立ってしまう、離婚して離れてしまい一人になったなど、いくつか状況に変化が生じたことで婚活を行う60代が増えているのでしょう。

残りの人生が長いので

序盤でもお伝えしたように、日本人の寿命は年々伸びてきています。女性では80代後半、男性でも80代前半と、60代の人から見ても残り20年近くはある状態です。

そう考えた時に、離婚や死別をした人も含めて残りの人生一人で過ごすは長いようにも思います。

楽しく余生を過ごしたいと考える人もいるでしょうが、健康面について不安を語る人もいます。病気になった時、怪我などをして歩けなくなった時に、一人だと不安だということも。

若い人の多くは、結婚をして子供が欲しい、家族を作りたいと思うでしょうが、シニア世代の婚活は多少意味が異なってくるでしょう。

60代だからこそ残りの人生について真剣に向き合うことができます。その時に隣にパートナーがいるとどれだけ人生が変わるかという想像もするでしょう。

このように、残りの人生を謳歌するためにも、パートナーが欲しいと婚活を始める人が増えてきました。

孤独から脱却したい

これは上記の『残りの人生』という部分と似ていますが、現在孤独死というものが増えています。周りでも聞いたことはないでしょうか。

「最近見ないと思っていたら、一人家の中で亡くなっていた」と。このような状況はニュースでもよく耳にします。

近年、温暖化の影響もあり夏場は熱中症、冬場はウイルスや凍死なんていくつもあるでしょう。もし、それが自分の身に起きた場合、独り身であるが故に『孤独死』という考えたくはない情景が出てきます。

病気や怪我をした際も同様でしょう。もし歩けない程の状態になった時、手を差し伸べてくれる人はいません。全て一人で行動をしなければいけないというのは、苦しくなるでしょう。

そんな時にパートナーがいたらどうでしょうか。孤独死は避けることができ、病気や怪我をすれば病院にも行ける。

何か自分に起きても安心した環境を作ることができます。そのような孤独からの脱却をしたいと望む60代も増えてきているのです。

定年退職して時間ができた

60代後半に入ると今まで続けてきた仕事の終わりとして『定年退職』がきます。定年退職をすると、今までは仕事で主な時間を使ってきた人にとって、初めて長い自分だけの時間が出来始めます。

自分の時間が出来ると、趣味がある人は有効に使う事もでき、再度別の仕事を始める人もいるでしょう。

しかし、そんな空いた時間を最初のうちは有意義に使っていたとしても、一人の状態に寂しさを感じることも。

そのような状態になって結婚をしておけばよかったと後悔をする人も現れ、そのように感じた人が婚活を始めます。

定年退職というのは、思った以上に時間の余裕ができるので、それだけ独り身の寂しさを実感しやすいのでしょう。

また、先のことえを見据えて急に不安になるということもあるのではないでしょうか。定年退職は、他の3つの理由の原因にもなりやすいので、最も60代の大きな悩みとなるのではないでしょうか。

60代の婚活方法と注意点

60代のでの婚活というと30代や40代とはやり方が異なるのではないかと不安を抱えている人もいますが、流れなどは何も変わることはありません。

年齢が多少異なるということ以外は特別な変化というのはなく、一般的な方法であることに変わりはないでしょう。

ただし、注意しなければいけないこともいくつかあります。その注意点を知っていることと知らないことでは大きく差があり、無駄な費用がかさむことや、労力や時間を費やしてしまうのでぜひ、この機会に知っていただくと良いでしょう。

ではどのような注意が必要なのか3点紹介していきます。

婚活パーティーやお見合い

60代以上が参加できる婚活パーティーやお見合いが今は増えています。そのような婚活方法を試す方もいるでしょう。

婚活パーティーやお見合いというのは費用が大きくないので、金銭面的な部分で助かります。そして、その場で直接相手と会えることや、話しができるので相手の人格を知ることもできます。

ただし、婚活パーティーやお見合いというのはとても種類が多く、趣味や年齢で選べるものがあれば、そのような区分がなく誰でも参加が可能であるものも。

もし年齢制限がないものでは、参加者が自分よりも一回りも下ということ状態になることもあるので、確認はしておくべきでしょう。

そして、婚活パーティーやお見合いとなっているにも関わらず、全員が結婚願望を持って参加しているとは限りません。

中には、結婚はしないけれどパートナーとしての相手を見つけにきていることもあるので、自分に結婚願望がある場合は要注意です。

結婚相談所への登録

結婚相談所は婚活パーティーなどと異なり、結婚願望の強い男性女性が登録しています。登録には、身分証明であったり確認内容が多かったりと、他の婚活方法と比べて登録する際の時間がかかります。

しかし、その分相手の身元がはっきりしていることや、どのような人なのかという登録もされており、結婚相手を見つけるには最適な場所でしょう。

そして、結婚相談所の大きなメリットとして結婚相談所の『スタッフサポート』があるというところです。

やはり、初めて婚活をするという人は婚活に対して不安や心配なことがどんどん溢れてくるでしょう。そんな時に一言相談できるプロがいたら、どれだけ心強いでしょうか。

登録後は、気になった相手とマッチングができればお見合いに持っていけます。大人数が苦手で、1対1がいいという人にも結婚相談所は向いているでしょう。

ただし、注意しなければならないことが一つあります。それは費用面です。結婚相談所は上記の婚活パーティーなどとは異なり、費用が高くなっています。

シニア専用プランを設けている所もありますが、高い所では20万円以上する場合も。登録前には、必ず費用の確認を細かく行っておくとのちの金銭トラブルも防げます。

趣味を通じた出会い

出会いを求めるには、何も全て結婚相談所は婚活パーティーに参加するというだけではありません。婚活の中には『交流会』というのもあります。

ネットが普及している今だからこそ、様々なコミュニティが誕生しており、その中には中高年者を対象としたサークルやカルチャースクールなどもあります。

趣味を通じたサークルなどであれば、趣味を満喫でき、尚且つみんなで楽しめる。そしてそのまま上手くいけば交際に発展していく可能性も大いにあるでしょう。

一人の時間があるからこそ、このような趣味で共通した時間を持てるのでしょう。そして、周囲の人との会話や友人もできていきます。

しかし、このような場は決して婚活目的に作られたものではないということは了承しておく必要があります。

もしそのような気持ちをもったまま参加してしまうと、楽しく趣味をしている相手に嫌な思いをさせかねません。

婚活を謳っている交流会もあるので、そちらならばお互いの目的が合致するので問題はないでしょうが、謳っていない所に婚活目的で入会するというと失礼に値するでしょう。

婚活でモテる60代の特徴

60代の方は分かると思いますが、同じ60代でもモテる人とモテない人がいます。婚活をしていく上で可能ならばモテる側に立ちたいと思いますよね。

それは誰しもが望んでおり必死です。しかし、どれだけ外見を磨いてもモテる部類に入れない人もいることは事実。

そこで、どのような60代がモテるのか男女別で紹介していきます。婚活をしていく中でただ参加すればいいという考えは捨て、相手から見て魅力ある人にしていきましょう。

男性の場合

まずは男性の場合です。60代男性に求める魅力とは女性から見てどのようなものなのでしょうか。

・経済力
・意見の尊重
・コミュニケーション能力
・性格
・清潔感

最も女性側が男性に求めるものとは、以上の5つになります。まず、経済力。経済力というのは、安定したゆとりのある生活ができる相手であるということです。

何歳になってもこの条件を抱く人は多いでしょう。結婚しても生活が苦しい、満足いく生活ができないようであれば、女性も結婚したいとは思いません。

次に、意見の尊重、コミュニケーション能力です。要は二人で話しができ、女性の意見にも聞く耳を持つ気配りのできる男性です。

現在のシニアにも多いですが、女性が何か言っても適当返事、コミュニケーションも図れず会話が楽しめないという男性は、女性から見て魅力を感じません。話しを聞く力、会話する力を身に着けていきましょう。

次に性格です。厳格な男性や亭主関白な男性は女性にとって面倒な存在です。離婚の原因にもなりやすいので、穏やかな男性を女性は求めています。

最後に清潔感です。やはり身なりをしっかりと整えており、ヒゲの手入れもできている綺麗な男性は女性からモテます。ボロボロの服を着ていたり、身だしなみを整えていない人はすぐに整える習慣をつけてください。

女性の場合

女性の場合はどうでしょうか。男性が女性にとって求めているものとは何で、どのような人がモテるのでしょうか。

・家事ができる
・美人
・おしとやか
・コミュニケーション能力
・働き者
・介護福祉能力が高い

モテる60代女性の特徴は以上になります。では一つずつ解説していきましょう。まず、家事ができるという部分です。

現在若い人の中では家事ができる男性も人気ですが、60代では少し異なります。家事ができる女性が人気で、やはり家のことはお願いしたいというところでしょう。

次に外見と内面です。美人というのは男性なら誰しも求めていることで、必ずしもそうである必要はありません。

ただし、内面の『おしとやか』『気品がある』というのは求められることが多いです。落ち着いている、ふわっとした印象や和む表情を持っている人は人気があるでしょう。

そして、コミュニケーション能力というのは、女性が男性に求めていたことと同じですが、しっかりと話しができる、感情的にならない、お互いに子供がいるならばその子達とも上手く付き合っていけるなど、女性とは少し変わったコミュニケーション部分を気にしています。

働き者、介護福祉能力が高いという部分は、結婚していた事がある人に多い条件です。やはり、家事や介護をしなければいけない時があった際に、それが原因で離婚をしたことがある男性はこのような面を気にしています。

60代での婚活は今や当たり前の時代

60代での婚活というのはあまり知られていない部分も多く、意外性を感じる人もいます。しかし、熟年離婚や独り身が増えてきた今シニア世代の婚活というのは決してマイナーではありません。

そして、その流れに合わせて結婚相談所や婚活サイトなど様々な企業が動きだし、今ではシニア向けの婚活も展開している程。

それを考えると、60代の婚活は決して恥ずかしいことではなく、婚活を今から始めようという人も決して遅くはありません。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ