婚活で年収600万は高望みか?実際の男性の年収に関するまとめ

婚活を行う上で女性が重視する『年収』。確かに結婚し生活をしていく上で低い年収の男性を見ると多少厳しいように感じます。

女性側がバリバリキャリアウーマンの高学歴女性で年収500万円以上稼いでるというのであれば理解はできるでしょう。

しかし、世の中そのような女性も少なく、どうしても男性に頼ってしまう部分はあります。そんな女性達が男性に求める年収ライン、それが『年収600万円』です。

この年収600万円というのは、果たして現実的に見て可能なのでしょうか。そして、婚活に登録している男性の年収600万円とはどこまで信用できるものなのでしょうか。

この年収600万円という数字の現実性についてお話していきましょう。

年収600万円は人気が高い

婚活を行っていくうえで、女性は男性の何を見るのでしょうか。外見や性格、趣味や価値観など様々な部分で注目していることもあるでしょうが、最も気にしているのは『年収』です。

年収は一緒に生活をしていくなかで、絶対必要な要素です。年収がない男性とある男性では生活方法が大きく変わるでしょう。

また、女性の中には男性に働いてもらい自分は専業主婦が良いという人もいます。そうでなくても、働く女性も結婚し、子供を持ちたいと思うもの。

自分が働かないとしても安定した生活を望むでしょう。そのうえで、女性は男性の年収に注目するわけですが、どのくらい男性の年収があると女性は安心できるのでしょうか。

300万円は少ないが問題はない

男性の平均年収は500万円という所ですが、中には年収300万円という男性もいます。年収300万円の男性は若い人が多く、20代後半から30代前半といったところでしょう。

多くの女性は年収500~600万円を希望しているので、年収300万円となるとお見合いにも発展しないケースが多々あります。

では、年収が少ないと婚活は難しいのかと思う人もいるでしょうが、そういうわけではありません。

年収300万円の男性でも婚活が成功していることはあり、そのような場合は女性側が年収を気にしていない、女性も働き続けたいという意思があるということが多いです。

ただし、男性が女性を選ぶ場合には容姿などに注目するのではなく、合う趣味を持つ人や、価値観などから見ていきましょう。

年収400~600万円は婚活をしやすい

マッチングアプリ「ペアーズ」が行った調査では、年収600~800万円が理想と答える女性が多く、年齢条件は29際という結果でした。婚活女性は最低ラインでも年収400~600万円と求めている結果があります。

高望みなのではないかと感じる人もいるでしょうが、実際に婚活をしている男性の多くは年収500万円以上とあるので、問題はないでしょう。

しかし、年収600万円以上を求めている女性の多くは自分が働くことは可能だが、男性に養ってもらいたいという意見や、自分より多く収入を得て欲しいという意見があるところから、専業主婦でも良い、自分が家族を養っていきたいという意思を持つ男性が望ましいでしょう。

もし、女性にも働いてもらいたいという男性は、年収で男性を選んでいる女性に魅力は感じないので要注意です。

年収600万円は本当か?

では、その年収600万円という希望は需要があるのでしょうか。日本の男性年収は年齢によって異なりますが、若くて約400万円前後です。

上記で記した希望年齢に沿って考えた場合は年収600万円以上の30代前半というのはなかなかいないようにも感じます。

では、どうやったら望みの年収600万円の男性と出会うことができるのか、また若くて年収が高い人に出会えるのでしょうか。

理想論でしかないという人もいるでしょうが、実際には年収600万円という男性は少なくありません。まずはどのような男性が年収600万円稼いでいるのか紹介していきましょう。

平均賃金で見ると50代以上の男性が現実的

日本の平均年収という部分を見てみると、調査で明らかになっていますが、20代で最高400万円前後、30代で490万円前後、40代で550万円前後、50代で650万円前後です。

これを見る限り、女性の望む年収600万円以上の男性は職種関係なく見ても50代が現実的でしょう。しかし、年収600万円の50代男性に20~30代の女性が惹かれるでしょうか。

確かに、年収だけで男性を見ている女性ならば近寄ってくるかもしれません。しかし、そのような女性で男性は良いのか。答えは「NO」でしょう。

お金目的で近寄ってきた女性に男性も惹かれません。つまり、男性も女性もお互いに見る所や違う魅力を付けるようにする必要があります。

女性側は若い男性が希望であるならば年収を捨てるか、年収は絶対譲れないのであれば、理想年収を持つ男性に自分は相応しいのかなど見ていきましょう。

そして、男性は女性を見る目を養っていく必要があります。自分のことをどのような点で見てくれているのか、理想年収に満たない人は他に趣味や価値観などで合う女性がいるのかなど変えていけると良いです。

職業によっては若くてもないことはない

やはり年収で求めると自分と年相応の人はいないのかとがっかりする女性もいますが、そういうわけではありません。

確かに、男性が就いている職を考えずに年収600万円という希望を出すと40代後半や50代の男性に当たるでしょう。

しかし、職業を見ると30代前半でも年収600万円以上の年収を持つ男性がいます。その職業は主に専門職です。

専門職というのは、弁護士やコンサルタント、医師などになり、少し収入は下がってしまいますが、企画や管理系の仕事の人であれば年収500万円はあるでしょう。

一番収入を得ていると思われている金融業界の人は確かに大手金融であれば年収600万円はいかなくとも、それに近い収入を得られるのでそのような職種の人を選ぶと良いです。

中には製造業大手勤務などで600万円以上の年収を得ている人もいますが、数は少ないのでそこまで高望みをしない方が無難です。

600万円以上の年収を得ていて若い人となると婚活で出会うのもそう簡単ではないかもしれませんが、その人に見合う女性になれれば高年収の男性に出会える可能性もあるでしょう。

年収600万円が譲れない人の婚活方法

上記で年収600万円以上というのは高望みだと話しを少ししましたが、それで諦める女性もいれば、諦めきれない女性もいます。

必ずしも諦めなければいけないということでもないので、年収が絶対条件だという人は理想の男性を探すためにも何か妥協をしたり、婚活方法を変えてみましょう。

もし年収も学歴も外見も譲れないという気持ちがある場合は、他の人の意見を聞いてみたり、再度改めて条件に関して考えてみましょう。

では、年収だけを見た場合どのように変えていけば自分の理想とする高年収の男性に出会えるのでしょうか。その方法を3つ紹介していきます。

エリート系結婚相談所を選ぶ

年収600万円の男性と出会うために最も効率が良いのはエリート系の結婚相談所を利用するということです。通常の結婚相談所では、年収600万円という壁が高く、非効率的とも言えます。

そのため、より効率良く年収600万円の男性と出会うために、そのような人達が婚活をする際入会する結婚相談所に自分も入会しましょう。

そのような結婚相談所の場合は、やはり集まる男性が専門職であったり、海外赴任をしている人など特別な仕事に就いていることも多いです。

他にも、年収制限をかけている結婚相談所や入会金が通常の結婚相談所よりも高い所を利用している男性であれば年収に期待をもてます。

そのような結婚相談所に入会している人は、金銭的に余裕もあるので年収が高い可能性もあるでしょう。

また、大手企業のなかには会社の福利厚生として結婚相談所の入会をサポートしている所もあります。そのような結婚相談所を調べて入会するというのも一つの手法になります。

唯一このような結婚相談所を利用する際には、成婚退会まで持っていける間の費用が通常の結婚相談所よりも高くなります。自分にも金銭的余裕がないと厳しいので注意してください。

年齢を妥協する

あまり多くの費用をかけずに通常の結婚相談所を利用したいという場合には、若くて年収600万円以上という男性に出会うのはかなり厳しくなるでしょう。

その場合は年齢に関しては妥協するしかありません。年収600万円以上の男性で年齢を妥協するという場合、40代後半から50代になります。

しかし、自分が40代であったり50代という場合は年齢は関係なくとも、男性が自分を気に入ってくれる可能性は低く、どちらかというと男性側も若い女性に興味をもちます。

年収600万円以上で年齢を妥協したとしても通用するのは20代の女性で、30代になると少々厳しくなることもあるでしょう。

必ずそうだとは言いません。男性側よりも多少年齢が低ければ興味を持ってくれることもあります。もし自分が30代後半から上だとして、年収600万円以上の男性を探すのであれば、一度声をかけてみてください。

最初から諦めてしまうと動けるものも動かなくなってしまうので、ぜひ自分から積極的に行動していきましょう。

ふさわしい女性になる

何度かお伝えしてきましたが、高収入、高学歴の男性というのは世の中に少なくはありません。そのため、出会いは必ずしもないとは言えないでしょう。

しかし、自分が相手に多くを求めるようにそのような男性も結婚相手として相応しい女性を見つけたいと望んでいます。

自分が理想を持つことは決して悪いことではなく、目標としてこのような男性と出会いたい、結婚して家庭を築きたいと望むことも必要なことではあります。

そして高収入、高学歴の男性というのは基本その親も同様の地位にいることがあります。もし自分は一般学歴に低収入だった場合、そのような女性でも良いとその男性の両親が言うでしょうか。

やはり両親側は自分たちの家を守るため、子供を守るためにそれなりの条件をつけてくるでしょう。自分は美人だと容姿に自信があったとしてもその他を見てくるので、そちらも強めていく必要があります。

基本婚活は個人対個人という意識を持つ人もいますが、結婚相手を見つけるのですから、家族対家族と意識しておくと後々辛い思いをしません。

まずは、自分はどのような人間なのか、どのような性格なのかしっかり見つめなおし、自分の理想とする相手に本当に相応しいのか考え直してください。

そして、少しでも自信をなくしたならば理想条件を下げるか、自分を磨きなおしましょう。自分がどのような人間かに気づくことで婚活もスムーズになっていきます。

年収600万に固執しない世帯年収

ここまで年収600万円の男性という前提で話しをしてきました。確かに年収600万円でも男性側が稼いでいれば女性は楽です。

働きたくないという女性や専業主婦がいいという女性も多いでしょう。しかし、実はそのような気持ちを持ちながら婚活をすると、下心が男性にも伝わり、それだけの年収を得ている男性なので、そのような気持ちが見えることで拒否されてしまいます。

また、男性だけの収入に固執してしまうと、現在のコロナ禍であったりこの先も何が起きるか分かりません。その時に女性も働いておけばよかったと思うこともあります。

安定した生活というのはなかなか簡単ではありません。男性だけに安定した生活を求めるのではなく、女性側も協力していくことで今後の生活は保障されていくでしょう。

そして、男性側が例え年収400万円だったとしても、女性が年収200万円程稼げれば世帯収入で600万円を目指すことができます。

そうすることで、婚活時男性に求めるハードルも多少下がるのではないでしょうか。

単独年収で希望するなら競争倍率は高い

ここまでに何度もお伝えしましたが、決して年収600万円の男性という条件は実現する可能性はあるものの、実際その道のりはかなり険しいでしょう。

あなた一人が狙っている男性とマッチングできれば良いですが、年収600万円以上、高学歴などを持つ男性は、もっと多くの女性がマッチングできないかと探しています。

それだけ人気の条件は競争率も高く、見つけられてもデートまでこぎつけることは簡単ではないでしょう。

マッチングできてもその先に進めない、マッチングまで行けないと苦労している人は条件を変えることも視野に入れることが望ましいです。

そして、結婚したいと望むのであれば高年収に固執せずもっと色んな男性を見て下さい。必ず年収以外で出会える良い男性がいます。

男性だけの収入に頼るのは得策ではない

婚活時に結婚相手へ求める条件というのはあって当たり前です。それだけ幸せな結婚をしたい、良い男性と出会いたいと思うものでしょう。

しかし、年収も学歴も年齢も容姿もとたくさんの条件を掲示すればするほど出会いはこず、あなただけが長く婚活を続けなくてはいけないとなることもあるでしょう。

何か大きな物を一つでも求めるのであれば、残りの希望条件は下げてみてください。収入に関しては特に大きすぎる条件と言っても良いです。

年収600万円の男性が現れるのはとても喜ばしいことですが、その他の条件に当てはまっている男性となると難しく、その年収だけを見て男性と出会えば、その気持ちも見透かされ、辛い思いをします。

ぜひ、再度自分の条件を見直し、自分はその条件を持つ男性に相応しいのか考えてみてください。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ