婚活の場には『いい男』『普通の男』がいない?婚活女性が認識すべき現実

婚活中の女性の中には、『いい男がいない』と嘆いている方が多くいるようです。
婚活市場において、果たしていい男はどのくらいいるのか、気になる方は多いでしょう。

また、女性の中には、『普通の男でいい』と妥協して結婚しようとしている女性もいるようです。しかし、その『普通』とは『普通』ではないという現状が見えてきました。

今回の記事では、女性にとっての『普通の男』について、理想と現実を解説しつつ、理想が高くなり過ぎる場合の解決法を示していきます。

女性が求めるいい男とは

女性が求める『いい男』とは、どのような男性のことを言うのでしょうか。また、どのくらいの割合で存在しているのでしょうか。

そして『いい男』とされる男性は、どのようなスペックの女性を求めているのでしょうか。
これらの疑問に対しての回答を、具体的に解説していきます。

大企業に勤める年収800万円の30代

一般的な婚活女性から、『理想の男性』として語られているのは、大企業に勤めている30代で、800万円程度の年収額を持っている男性です。

とはいえ、一見高そうに見える『800万円』という年収額でも、各種税金等を引くと600万
円ほどになってしまいます。さらにボーナスを引いた月収額となると、約40万円ほどです。

『40万円』という金額から、どのような印象を受けるかは人それぞれではあります。しかし、一般的に、女性が専業主婦を希望する場合には、かなりの贅沢ができる、とは言えない水準の金額なのではないでしょうか。

いい男はどのくらいいる?

800万円という年収額は、大手企業に勤めていたり、ある程度の能力がある方であれば、決して実現不可能な数字ではありません。
しかし、『30代』という条件が加わると、その割合は6%にまで下がります。さらに、それが独身者になると2%しかいない事になってしまいます。30代の男性のうち、50人に1人しかいないという事です。

いい男はどんな女性を求めている?

一般的に女性から『いい男』とされる男性はどのような女性を求めているのでしょうか。

結論から言うと、やはり、『美人であること』は優遇される傾向にあるようです。
また、男性の話をよく聞いてくれ、どんな時も支えになってくれる、『良き理解者』の女性である事も求められます。

加えて、自分と同じ趣味を持ってくれ、楽しい時間を共有してくれる、自分と似た価値観を持つ女性であることも求められてているようです。

男性の年収が上がれば上がるほど、上述のような、ある意味『完璧な女性』を求める傾向があります。

女性が求める『普通の男』とは?

いい男ではなく、普通の男で良しとする女性は、一般的にどのようなスペックの男性を求めているのでしょうか。

ここからは、女性が求める『普通の男』の条件を具体的に解説していきます。

会話のキャッチボールができ、年収500万円~600万円の男性

一般的に女性は、出産、育児の事をふまえて、安定志向になる傾向があります。
もし、自分が出産、育児、その他別の理由でで働くことができなくなった場合の事を考えると、男性に500万円~600万円ほどの年収を望む女性が多いようです。

この数字は、仮に、女性が結婚後も働いた場合に、250万円~300万円は稼ぐことができるだろう、と想定の上で『自分が稼ぐであろう金額』を上乗せした金額であると言えるでしょう。

年収に加えて、『自分と会話のキャッチボールがうまくできる男性』も求めています。つまり、『自分と似た価値観の男性』を求めているという事です。
結婚生活とは、夫婦間の深いコミュニケーションそのもの。ある意味当然の事かもしれません。

平均的なルックスを持ち、清潔感のある男性

ここで言う『平均的なルックスを持つ清潔感のある男性』とはどのような人のことを言うのでしょうか。具体的に条件を挙げていきます。

・爪が伸びていない
・鼻毛が出ていない
・太っていない
・薄毛ではない
・身長170㎝

このような条件を満たした男性が、『平均的なルックスを持つ、清潔感のある男性として、女性から好まれるようです。
身長や体型に関しては、どうしようもない要素かもしれませんが、それ以外の『清潔感』の部分は、少しの努力で一定のレベルをキープすることはできそうな条件になっています。

普通の男は普通ではない

上述の『女性が求める普通の男』とは、実際の婚活市場においては、『普通』とは言えないようです。

ここからは、現実の『普通の男』について、詳しく解説していきます。

女性が求める普通の男は少ない

女性の求める普通の男が、実際には少ない事に対しての大きな理由は、女性が男性に500万円~600万円という年収を求めている、という点です。これがネックになっています。

初婚が最も多い、25~34歳の未婚男性において、年収500万円以上という数値は普通と言えません。平均年収が高めである東京においても、22%しかいないのです。逆に、500万円は上位の年収額と言えるでしょう。

年収額という要素のみを見ても少ないのですから、加えて、自分と合う価値観や平均的なルックスと清潔感を持ち合わせている男性となると、さらに少数になってしまいます。

本当の普通の男とは?

実際の普通の男とは、どのような男性なのでしょうか。具体的な条件を挙げていきます

・30代ならば、年収400万円代がほとんど
・168㎝が平均的な身長
・年齢が上がるほど、清潔感は失われる傾向はある
・年齢が上がるほど、頭髪は薄くなる傾向がある
・太っていない方の方が多いかもしれないが、年齢が上がるにつれ、たるんでくる

個人差はあれど、基本的には上述のような方が、普通の男性、と言えるでしょう。

普通の男はどこにいる?

基本的には、結婚相談所の方が条件の良い男性が集まる傾向があります。
結婚相談所には、入会の条件として年収額や、雇用形態の基準が設けられているからです。
そういった基準のないマッチングアプリの登録者や、街コンの参加者と比べると、結婚相談所の方にスペック高めの男性が多くいるでしょう。
とはいえ、ルックスや、自分と似ている価値観を持っているかどうかは、主観により判断される部分が大きいため、一概には言えません。

ただ、1つ言える事は『自分が求める男性像』に当てはまる男性がたくさんいるであろうコミュニティに属すことが、『満足のいく出会い』への近道である、ということです。
それは、婚活の場に限らず、趣味の場や、職場など、様々な社交場においても言えるでしょう。
『類は友を呼ぶ』という言葉が示す通り、男性に関しても、似たようなスペックを持つ方が集まってくるものです。自分が求める男性と多く接することができるコミュニティに属していれば、自然と求める出会いの可能性は高まります。

条件見直しのススメ

理想を求めることは、悪いことではありません。
しかし、この記事をここまで読み進めてくれた女性の中に、『自分の求めてきた男性は普通ではなかった』と感じた方がいらっしゃるのであれば、その方には、あえて求める男性への条件の見直しをおすすめします。

たとえ、条件を変えないとしても、自分の価値観を再確認することは、婚活をする上で非常に大切なことです。

とはいえ、現実を直視することは誰にとっても難しいもの。人によっては、すぐには受け入れられず、求める男性への条件を見直す事に対して『負けた』という感覚を抱いてしまう場合もあります。しかし、前に進むためには、心が痛い事を受け入れなければならない時もあるのです。

ここからは、既存の自分の価値観を修正し、求める男性への条件を見直すための、具体的な方法を解説していきます。

自分の市場価値を確認しよう

ここまで読み進めてくれた女性の方は、自分が求めている男性の市場価値がどの程度なのか理解して頂けたはずです。

次は、自分自身の市場価値を確認してみましょう。
自分の事は理解しているようで、実際にはあまり理解できていない事が多々あるからです。

周囲の、友人、家族、結婚相談所のアドバイザーなどに客観的な意見を求めてみましょう。
『自分の求める男性像』を細かく相手に伝え、自分はその男性と見合う女性なのかどうかを、率直に質問してみるのです。

人それぞれですが、学生時代にはハイスペックな男性からモテてきた女性も、現在同じようにモテるとは限りません。過去に作り上げてしまった古い価値観は、修正した方が良い場合もあります。

人によっては、自分を否定されるような感覚になってしまう意見をもらう事もあるかもしれません。しかし、正しい自分の市場価値を認識することは、婚活を成功させる上で、とても重要なことです。すぐには受け入れる事ができない方もいるかもしれませんが、時間をかけて、自分と向き合ってみてください。

理想の男性にアプローチしてみよう

学生時代などにハイスペックな男性からモテてきた女性は、現在の自分の市場価値をふまえた場合、求める男性の理想が高くなり過ぎてしまっている可能性があります。そのため、『普通の男性でいいのに』と妥協したつもりでも、その『普通』の理想が高いという状態になってしまうのです。

そんな方に有効な手段があります。それは、『理想の男性にぶつかってみる』という事です。そこで思いが実ることがなければ、強制的に現実を見せつけられる事になります。非常に荒療治ですが、自分の中に客観的な視点を取り入れるためには、とても有効な手段と言えるでしょう。

もし成功するのであればそれは良し、失敗したとしても人間として、女性として成功できる。辛い気持ちになってしまう可能性はありますが、試す価値のある方法です。

求める条件に幅を持たせよう

自分の価値観を修正する準備が整ったら、次は、相手に求める条件に幅を持たせてみましょう。
自分の求める条件のハードルを『下げる』ではなく『広げる』です。
『広げる』とはどういうことなのか、具体的に解説していきます。

まず、実際に今までお付き合いしてきた男性の事を、思い返してみて下さい。

当時の自分が思い描いていた理想通りでしたか?

仮に理想通りの男性だとして、実際に付き合ってみた結果、心境は変わりませんでしたか?

逆に、理想とは違っても、お付き合いしていくうちに良いところが見え、好意を抱くことはありませんでしたか?

このように、過去の恋愛を深堀りしていった場合、おそらくほとんどの方が、理想通りの方と、想像通りの恋愛をする事はできていないはずです。

婚活では、最初に求める条件を定めてから、相手を探す側面が、通常の恋愛よりも濃厚になります。そのため条件だけが先行し、理想が高くなりやすいのです。

その対処法として、『自分との理想とは違った男性でも、関わってみたら、良い部分が見つかり、好意を持てる可能性がる』という視点を持つことをおすすめします。

男性に対して『こういう人が良い』という基準と、『こういう人はどうしても嫌だ』という基準を二つ設けてみて下さい。そして、男性に対して『どうしても嫌だ』という基準に当てはまる部分がないのであれば、とりあえず会って、関わってみましょう。

こういった行動をとることで、徐々に選択肢の幅が広がっていくはずです。

『いい男』と『結婚するのにいい男』は分けて婚活してみよう

ここまで、婚活の場における、女性が求める男性像と、現実の男性とのギャップを考察し、理想が高くなり過ぎてしまう場合の対処法を解説してきました。

理想を描く事自体は悪い事ではありません。ただ、人それぞれではありますが『いい男』と『結婚するのにいい男』は、イコールではない可能性があります。
加えて、理想ばかり追い求め過ぎてしまうと、選択肢の幅が狭まり、婚活がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

選んだ男性と、ずっと一緒に暮らしていく事を想像し、『こういう男性だったら結婚しても良い』と思える男性像を思い浮かべましょう。
『いい男』より『結婚するのにいい男』にフォーカスして婚活してみることをおすすめします。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ