結婚相談所のお見合いは何をすれば良い?流れや注意点を解説します!

結婚相談所に登録したは良いけど、『お見合いをするまでの流れが分からない』という方もいますよね。
また『今度お見合いをすることになったけど、何かj準備するものはあるのだろうか』と気になる方もいるでしょう。

今回の記事では、結婚相談所でお見合いをする際の流れ、必要な準備について、注意点を含めて解説していきます。

結婚相談所でのお見合いの流れと準備

まず、結婚相談所でのお見合いを検討している方に向けて、成立までの流れと必要な準備について解説していきます。

プロフィールは事前に完成させよう

結婚相談所を利用する婚活において、プロフィールは、相手が一番最初に目を通す自分の情報です。漏れなく内容を充実させておきましょう。

プロフィールが充実していないと、相手は『あなたに会ってみたい』とは思ってはくれません。

また、内容の充実も大事ですが、写真の掲載も忘れないようにしましょう。
相手は、まずプロフィールの写真に目を通します。いくらプロフィールの内容が充実していても、写真がないと、伝わる情報が少ないため、相手が不安になってしまいます。
姿形が見えない人と会ってみたいと思う異性は少ないでしょう。

さらに、写真は第一印象を決める大事な要素です。自撮りではなくプロに依頼し、自分の魅力を最大限に引き出してもらいましょう。
撮影してもらう際のポイントは『清潔感』と『笑顔』です。服装は厳選し、自然な笑顔でとっつきやすいプロフィール写真を撮影してもらいましょう。

条件に合う人を探し、申し込む

受け身の姿勢では、婚活はうまくいきません。
プロフィールを登録したら、条件を絞って、お見合いしたいと思える相手をさがしましょう。
結婚相談所で選べる条件の項目は主に、以下のようなものです。

・年齢
・学歴
・身長
・結婚歴
・居住地
・収入
・喫煙・飲酒の有無

これらの項目の中から、自分が求める条件を設定しましょう。
事前に、この部分を明確にしておくとスムーズです。
また、それを結婚相談所のスタッフに伝えておくことで、希望に合った相手を紹介してもらえる事もあります。

とはいえ、あまりにも相手に求める条件が厳しすぎても、相手が見つからず、婚活が前に進まない事も。『最低限、ここは譲れない』という条件に絞り、『まずは会ってみる』という意識で、出会いの確率を上げる事が肝要となります。
数件お見合いを経験した後に、相手に求める条件を微調整していく、というやり方がおすすめです。

仲人から連絡が来るまでの注意点

申し込みをしたからといって、お見合いがすぐに成立する訳ではありません。
相手側にも都合があり、他にもお見合いをしたいと思っている方もいるでしょう。すぐにお見合い成立の連絡が来ないことも多々あります。

お見合い成立の確率においては、明確なデータは無く個人差もある部分でですが、お断りされたり、連絡が来なかったりすることもあるでしょう。
過度な期待はせずに、たとえ相手からすぐ返事が来なくとも、メンタルを強く持ち、根気よく申し込みを続けていく必要があります。

とはいえ、相手が多忙な場合、相手が返事を忘れている可能性もあるでしょう。あまりにも連絡が無い場合は、結婚相談所に確認をとってみても良いかもしれません。

お見合いの成立後の流れと注意点

お見合いの成立がゴールではありません。お見合いが成立したら、当日に向けしっかりと事前準備をしましょう。そして、本番ではしっかり相手とお互いを開示して、親交を深めていく必要があります。

ここからは、お見合いが成立した後の流れを、注意点も踏まえて解説していきます。

お見合いが成立したら日程を調整しよう

お見合いが成立したら、次は日程調整です。通常、結婚相談所では、お互いを担当する仲人が間に入り連絡をとります。
そのため、相手への連絡から返信までに時間がかかる事があるのです。
お見合いの日程候補をできるだけ多く相手に伝えることで、相手を気遣う気持ちと、会いたいという気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

お見合い当日のために事前準備

お見合いの日程が決まったら、当日身に着ける服装を選びましょう。
男女共に、清潔感のある服装をチョイスするのがポイントです。

男性であれば、スーツか、ジャケットにパンツを合わせるスタイルが良いでしょう。
ファッションにこだわりがあったとしても、あまりに個性的だと女性に引かれてしまう可能性があります。
婚活において、第一印象はとても重要です。まずは清潔感をアピールし、人間関係が構築できてから個性をアピールしていきましょう。

また、スーツは、ビジネス用だと堅苦しい印象を与えてしまうので、カジュアルよりな物がおすすめです。暗い印象を与えないような色をチョイスしましょう。

女性であれば、過度な露出や派手なメイクは避けるべきです。男性の大多数は清楚な女性を好む傾向があるます。
ひざ丈のスカートにブラウス、またはニットワンピースなどを着こなしましょう。淡い色をチョイスすることで、柔和な印象を与えられます。
アクセサリーなどの小物を身に着けても良いですが、派手になり過ぎないように注意しましょう。

当日はプロフィール情報から会話を

いよいよお見合い当日です。まずは丁寧に挨拶をし、わざわざ自分のために時間を割いてお見合いの場に来てくれたことに対し、お礼を言いましょう。
第一印象はとても大切です。笑顔を意識することを忘れないようにしましょう。

その後はプロフィール情報から自分と相手が共有できそうな話題を探して、会話をしていきます。
『早く自分の事を知ってほしい』と焦る気持ちは抑えて下さい。
できるだけ会話のキャッチボールを意識し、自分だけが話してしまう事のないように注意しましょう。基本的に、相手に対する質問をベースに会話を展開して下さい。そして趣味などの話題で、相手と共感できるポイントがあった時のみ、自分の話をします。
このぐらいの感覚で会話し、徐々にお互いの事を知っていきましょう。

会話に自信の無い方は、事前に質問をいくつか考えておくと良いです。相手の個人情報にいきなりアプローチしてしまうような内容は避けましょう。ほどよい距離感を保って下さい。

お見合い時の注意点

初回のお見合いであるならば、一時間ほどが適切な所要時間です。あまり長すぎても、相手が気疲れしてしまって、印象が悪くなってしまいます。
逆に、短すぎても、相手は『私といてもつまらなかったのかな』とネガティブな印象を持ってしまうため、注意が必要です。
『もう少し話したかったな』と思うくらいの方が、次に会う約束を取りつけやすいでしょう。

お見合い中の飲酒、喫煙は避けて下さい。真摯に相手と向き合っている際にする行動ではありません。自制することができない人間とも思われてしまうでしょう。

また、お店のお会計は基本的に男性が支払うべきです。初回から割り勘などにしてしまうと、『ケチ』のレッテルを貼られてしまい、次に会ってくれる可能性は低くなってしまいます。

男性がスマートにお支払いを済ませてくれたのであれば、女性はその事に対してしっかりお礼をしましょう。お見合い中は互いを細かく観察してしまうもの。
『当たり前の事を当たり前にする』意識を忘れないようにしましょう。

もし、自分が相手と、また会ってみたいと思うのであれば、最後に『今日は楽しかったです』『また会ってみたいです』と素直に気持ちを伝えましょう。
とはいえ、相手の顔色をうかがうように『また会ってくれるよね』などど押し付けるような言葉はNGです。
自分にできることは、あくまでも自分の気持ちを伝えるところまで。相手の行動の決定は相手に委ねて下さい。

お見合いに関する統計調査

婚活している方の中には、自分以外の方はどのようにお見合いに取り組んでいるのか。気になる方も多いでしょう。

日本結婚相談所連盟が、『お見合い白書』というデータを発表しています。これは、婚活している方の、お見合いの回数、選ぶ相手の概要などが記載されていて、信頼できる情報として共有されているものです。

ここからは、お見合い白書を参考に、お見合いを成功に導くためのヒントとなる情報を
紹介していきます。

お見合いの回数は平均2.4回

お見合いを成立させた方のうち、一人あたりの平均お見合い回数は、一か月間で2.4回となっています。
中には10回以上お見合いをしている熱心な方もいるようです。その理由としては、コロナの影響によって、将来の不安が加速されたり、リモートワークの推進による、お見合いに割くことのできる時間の増加などが挙げられます。

年齢差は4歳が最多

お見合いが成立しやすい歳の差は、4歳前後(男性が年上)となっています。そして、全体のうち、7パーセントは男女が同い年のお見合いで、10%が女性が年上のお見合いです。
また、基本的に女性は、年齢の近い男性を求める傾向があるようです。一回り以上年下の女性を求めている男性は、この結果を参考にして、求める女性の条件を見直してみる必要があるかもしれません。

年齢が離れるにつれてお見合いの成立する確率は低くなっていきます。しかし、一例ではありますが、中には40歳以上の差があってもお見合いが成立したケースもあるようです。歳の差が大幅にあるマッチングの可能性もゼロではありません。

お見合いが成立している男性の平均年収は400~700万円

男性の年収は、女性が特に気にするポイントです。お見合いが成立している男性の年収は、400~700万円がボリュームゾーンとなっています。

しかし、20代後半~30代前半の男性の平均手取り年収は300~350万円です。この事実を鑑みると、上記の『400~700万円』は総支給額であると言えるでしょう。

年収が高い男性は、人気が集中します。『お見合いが成立したらラッキー』くらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。

仮交際に発展する男女の特徴

お見合いにおいて、お互いの条件面を確認し合い、それをクリアした後の男女は、しばらくお互いの相性を確認するために、仮交際に進んでいくパターンが多いです。

ここからは、お見合い時に抱いた相手への印象を参考に、仮交際に進むことのできる方の特徴を、男女別に解説していきます。

男性側の女性に対する印象

表情豊かで聞き上手な女性は、男性から好印象を持たれやすいです。

加えて、男性のプロフィールを覚えておくのも良いでしょう。
基本的には男性の話を聞く姿勢をとりつつ、覚えておいたプロフィールの内容を絡めた話を何気なくします。
すると男性は『自分に興味を持ってくれている』と思ってくれるので、その女性に好印象を抱きやすいでしょう。

前提として、清潔感や笑顔は必須です。

女性側の男性に対する印象

自分のビジョンをしっかり話す事のできる男性は、女性から好印象を持たれやすいです。
もちろん、女性の話を良く聞き、共感する力も必要です。しかし、『結婚後は、このような生活を築いていきたい』という、自分なりのビジョンを話す事のできる力も持ち合わせているべきでしょう。
あえて共感を呼ぼうとしていない男性の主張を聞くことで、女性は安心する事ができるからです。

男性も女性と同じく、清潔感と笑顔を意識し、爽やかな印象を与える服装や、細やかなお礼の言葉をかける事を心がけましょう。

相談所によって強みはさまざま

ここまで、結婚相談所を利用したお見合いを行う流れや、その注意点について解説してきました。まずは、この記事を参考にしながら、お見合いから本交際までたどり着く事を目指してみてください。もし、なかなかうまくいかないという方は、登録している結婚相談所が自分に合っていないのかもしれません。

一括りに『結婚相談所』と言っても、お見合いのやり方やサービス内容の強みなどは、その相談所によって異なります。いくつもの結婚相談所に登録することは、費用面、スケジュール面でも難しいかもしれません。しかし、自分に合った結婚相談所に登録することができるかどうかで、婚活の成功する確率はかなり変化してくるのが実情です。

現在、『なかなかお見合いが成立しない』『お見合いが成立してもなかなか本交際までいかない』という方は、様々な結婚相談所の資料を取り寄せ、比較検討をしてみる事をおすすめします。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ