美人が婚活する理由!うまくいかない理由と意識すべき5つのポイント

男性にとって、女性の容姿はパートナーを選ぶ上で大きなポイント。

『美人な女性ならば、婚活をしなくても簡単に結婚できるのでは?』

『美人な女性が婚活したらすぐに成婚までたどりつけるのでは?』

このように思う方もいるかもしれません。
しかし、実際のところ、美人であるがゆえに婚活がなかなかうまくいかない事もあるようです。

今回の記事では、美人が婚活する理由と、うまくいかない理由、そしてその対処法をまとめました。

婚活の場に美人がいる理由

一説には、婚活の場に『美人はいない』と言われていますが、実際のところ、一定数存在しています。一見すると、婚活する必要が無さそうな美人が、なぜ婚活の場にいるのでしょうか。

この現象には、いくつかの理由があります。

まず、同性ばかりの職場だった場合、出会いのチャンス少なくなってしまう、という点
です。同性しかいない上に、仕事の忙しさが重なると、外部に出会いを求める時間も無くなってしまい、婚活をする必要性が生まれてきます。

加えて、趣味や仕事に没頭しているうちに婚期を逃してしまった場合や、長年付き合っていた彼氏と破局してしまった場合も、婚活の必要性が生まれてくるでしょう。

また、交際相手として選ばれる分には不自由したことがない女性でも、結婚相手としてはなかなか選ばれなかった、というケースもあります。
このように、婚活の場に美人は存在し、なおかつ結婚のことを本気で考えているケースは多く存在しているのです。

美人でも婚活がうまくいかない理由

ルックスが良い、という事は異性との関係を築く上で大きなアドバンテージになります。
見た目で人の第一印象は大きく左右されるからです。

しかし、中にはなぜか婚活がうまくいかない美人の女性もいるようです。
ここからは、美人でも婚活がうまくいかない主な理由を5つ紹介していきます。

基本的に姿勢が受け身

美人な女性は、若いころから、男性側からアプローチをかけられる事が多いです。

自分から何かアクションを起こさなくても、男性が寄ってくるため、積極的に自分から異性とコミュニケーションをとれなくなってしまう傾向があります。

男性からアプローチされる事は多かったとしても、レスポンスが積極的ではない女性に対しては、男性は徐々にストレスを感じてしまいます。

ただでさえ男性側からすると、美人に声をかけるのは気後れするもの。
女性からの反応が薄いと、『自分に気はないのかな』と感じて別の女性のところに行ってしまうでしょう。

また、いくら美人とはいえ、年齢とともに男性からのアプローチは減ってくるはずです。年齢と共に、積極的な婚活のスタンスにシフトする必要があります。

愛嬌が無い、もしくは足りない

これまでの人生において、黙っていても男性からのアプローチがあったため、美人の女性の中には、愛嬌がなく、笑顔が足りない方が少なからずいます。

結婚生活を共に送る相手に対して、できれば常に笑顔でいてほしいと思う男性は多いです。
愛嬌の無い美人より、表情豊かな普通の見た目の女性を選ぶ男性の方が多いでしょう。

また、『無表情な美人』は少々恐ろしく見えます。
男性は、ただでさえ美人の女性にはアプローチしづらいのですから、余計に敬遠されてしまう要因になってしまうでしょう。

ちやほやされて当たり前

自分から相手に歩み寄らずとも、ちやほやされて当たり前だった美人の女性は、相手に少しでもドライな態度をとられると、途端にパートナー候補から外してしまう、といった傾向があります。

このような性格の女性に対して、男性は、恋愛感情が盛り上がっているうちは、女性のためを思って、機嫌をとってくれるかもしれません。

しかし、結婚生活を継続していく事を考えた場合は、負担に感じてしまう男性の方が多いでしょう。

また、自分から男性に歩み寄ることができない、ということは、自分に寄ってこない男性との出会いのチャンスを逃している、ということです。
これまでも、自分から話しかけていたら始まった恋があったのかもしれません。

自分磨きをしない

ルックスの良さで男性を引き付ける事ができていたため、これまであまり自分の内面について振り返ることがなかった美人の女性も少なくありません。

20代前半などの若いうちはそれでも良いかもしれません。
しかし30代~40代になると、内面を磨く必要性が生まれてきます。

年齢を重ねるにつれて、男性は女性に対して、内面の美しさを求めるようになるからです。

男性にとって、女性が美人である事は間違いなく嬉しい要素なのですが、『結婚相手』に選ぶとなると、『性格の良さ』『人として尊敬できるかどうか』の方が重要な要素になってきます。

後々に、二人の間に子供ができたとして、きちんとその子供を育てる事ができるのかどうかも、男性側からすると気になる部分だからです。

『美人であれば、黙っていれば結婚できる』とあぐらをかいていると、いつの間にか男性から愛想を尽かされている可能性があります

高嶺の花と思われがち

女性に声をかける事に苦手意識があったり、自分にあまり自信がない男性は、美人な女性に対して、『高嶺の花』という意識を持ってしまい、近寄らない可能性があります。
自分はこの女性には釣り合わない、と思ってしまうのです。

例え、美人の女性と話すことはできたとしても、何となく気疲れしてしまうという方もいます。美人の女性はクールな印象があるため、笑顔が少なかったりしたら『今、楽しくないのかな』と勘ぐられやすいからです。

また『美人の女性は理想が高い』と思われてしまう傾向があります。
美人の女性に対しては『自分のスペックでは結婚相手としては不十分だと思われている』といった、男性側の思い込みが生まれやすいのです。

また、男性側の勝手な想像ではありますが『美人の女性は、美容代、洋服代などがたくさんかかりそう』といった、浪費家のイメージを持たれてしまうこともあるようです。お金に堅実な男性からすると、敬遠したくなる要因になってしまいます。

逆に、美人の女性に対し、ほいほいと近づいてくる男性には注意が必要です。
最初から、『結婚相手としては自分は選ばれないだろう』という思いから『体目的』で近づいてくる可能性があるからです。

美人の女性は、自分が男性から持たれているイメージについて、冷静に認識しておく必要があるのです。

理想が高い

実際に、男性に求める理想が高い美人の女性は多いです。

ただでさえ、男性から『高嶺の花』と思われがちな訳ですから、実際に理想が高いと知ったら、男性はそれ以上踏み込むのを尻込みしてしまうでしょう。

美人の女性は、これまでモテてきた分、男性に求める理想が高くなってしまい、結婚相手に対しての条件が狭まってしまいがちです。
その条件とは、主に容姿や年収ですが、あまりにこだわり過ぎると、仮に結婚できたとしても、状況が変わった際に幸せを感じられなくなってしまう可能性があります。

例えば、会社が倒産したり、年齢を重ねるにつれて男性が太ってしまった場合などです。
このような未来を想像して、それでも結婚できる相手なのかどうか、冷静に考えてみましょう。

美人が婚活で意識すべきこと5つ

ここまで、美人であるがゆえに、婚活がうまくいかない女性の特徴をまとめてきました。
とはいえ、美人であるという事は、婚活の場において大きなアドバンテージであるのは間違いありません。

少し意識を変えれば、そのアドバンテージを最大限に生かす事ができるのです。
ここからは、美人の女性が婚活する上で、意識すべき5つのポイントを紹介していきます。

気になる男性にアプローチする努力を

基本的に美人の女性に対して、男性側は余程の自信がない限り積極的にアプローチができない傾向があります。
『自分が美人である事で、男性を尻込みさせている』という意識を持ち、自分から積極的に話しかけてみましょう。

そして、男性に話しかける際は、笑顔を意識しましょう。
美人の女性はクールな印象を持たれやすいため、笑顔がないと、男性に恐がられてしまう可能性があるからです。笑顔で積極的に話すことができれば、美人であることが大きなアドバンテージになります。
美人の女性に対し、物怖じしている男性に『この人は美人なのに愛嬌があって気さくだな』というプラスの印象を与えることができるからです。

自分から積極的に動き、美人であることを最大限に生かしましょう。

相手に興味を持つ

美人の女性の中には、これまで、自分に近寄ってきてくれる男性にしか興味を持てなかった方もいるでしょう。
しかし、そのままではもったいないです。
自分から男性に興味を持ち、話しかけることができたら、今まで出会ったことがないタイプの男性と出会うことができるかもしれません。

とはいえ、いきなり自分から話しかけるのは難しいもの。まずは、婚活パーティなどに出席する前に、質問をいくつか用意しておく習慣をつけましょう。
そして、気になる男性が現れたら、その質問をとりあえずぶつけてみるのです。相性が合う男性だったら、自然と話が膨らんでいくはずです。

相手からの質問を待っているだけでは、何も変わりません。

親しみやすいイメージを持たせる

男性に『高嶺の花』というイメージを持たせないよう、アピールしましょう。

その際に有効なのが『ギャップ』です。
一見クールに見えて、実はお笑い好きで、おもしろい話が好きだったり。お嬢様かと思いきや、庶民的な一面があったり。
このようなギャップは、男性を惹きつけるきっかけになるはずです。

男性は、美人の女性に対して、勝手に高嶺の花をイメージしています。美人の女性が素で話すことができれば、自然と良い印象を与えるギャップが生まれるかもしれません。

できることから自分磨き

外見だけではなく、内面の自分磨きも怠ってはいけません。

男性は結婚相手の女性に、癒しを求めています。
男性の事を理解しょうとする姿勢を忘れないようにしましょう。

また、結婚相手となる女性が『尊敬できる人かどうか』も男性は見ています。自分がこれまで、仕事などの物事に対して真摯に向きあってきたかどうか、振り返ってみて下さい。

一番大事なことが、自分の人生を自分で意思決定する姿勢を持つことです。男性に幸せにしてもらうことだけを考えている自立心のない女性を、人生のパートナーとして選ぶ男性は少ないでしょう。

相手に求める条件は必要最低限に絞る

恋愛と結婚を混同せず、結婚相手に求める条件を必要最低限に絞りましょう。

恋愛だったら、自分本位に高望みしたとしても、付き合ってくれる男性はいるかもしれません。しかし、結婚となると話は別。相手に歩み寄る姿勢が必要になってきます。

とはいえ、誰でもいい、という投げやりな結婚をしてしまうのはよくありません。
自分にとって、本当に必要な条件を、3つほど選びましょう。
自分が相手に求める条件を、全て紙に書き起こしてみるなどして、その中から、本当に必要な条件を厳選する方法がおすすめです。

美人の婚活は意識を変えるところから

ここまで、美人な女性の婚活の現状と、その対策について考察してきました。

結論から言うと、婚活がうまくいっていない方は、美人である、ないに関わらず、意識を変える必要があります。

結婚と恋愛は似て非なるもの。
今までの交際経験に基づいた考え方、行動ではうまくいかないのです。

自分は、男性にどのように見られているのか。

男性は、結婚相手となる女性に対して、何を求めているのか。

自分は婚活市場において、どのような立ち位置なのか。

これらを分析し、男性に歩み寄り、男性と二人三脚で人生を生きていくことが出来る自立した女性になりましょう。

そのためには、まず自分を知ることが必要です。
この記事を参考に、自分を振り返ってみましょう。
もし、一人で考えてもうまくいかないと思ったら、家族、友人、結婚相談所のカウンセラーなどに相談してみて下さい。

そして、もらった客観的な意見を素直に聞き入れ、婚活の場での行動に生かすことができれば、自然と良い出会いが訪れるでしょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ