婚活に失敗する人ってどんな人?失敗する人の特徴をまとめてみた

誰もが幸せな結婚生活を夢見て、高いお金や多大な労力をかけながら、婚活をしています。

しかし、婚活にまじめに取り組んだとしても、皆が皆、幸せな成婚にたどり着く事ができる訳ではありません。

婚活を始めて1年以内に成婚に至る事ができる方もいれば、何年かけても、なかなか努力が実を結ばない方もいます。

両者の違いとは一体何どういったものなのでしょうか。

今回の記事では、婚活がなかなかうまくいかない方向けに、うまくいかない原因と、うまくいっている方の特徴をまとめました。

あなたの婚活が失敗する原因は?

婚活がなかなかうまくいかない状態に陥ってしまうのには、いくつもの原因が潜んでいます。

ここからは、婚活に失敗する原因を具体的に紹介していきます。

もし、今から述べる原因のいずれかがあてはまった方は、できるだけ早急に改善する努力をしてみて下さいね。

自分に見合った人を選んでいない

自分の年収や容姿にそぐわない、ハイスペックな相手を望んでしまうと婚活は停滞しやすくなってしまいます。

まず、マッチング自体が成立しづらいため、『婚活における経験値』が自分の中にたまっていきません。

異性とコミュニケーションをとる事が苦手な人は苦手なまま、ファッションセンスに自信が無い人は自信がつかないままという状態になってしまい、ただお金と時間が減っていくだけ、という状況になってしまいます。

このような状況が長引くと、だんだんと卑屈な自分になってしまい、挙句の果てには『婚活そのものに疲れてしまう』状態になりかねません。

自慢話をする

婚活以外の人間関係にも言えることですが、自慢話が多い方は、相手から敬遠されてしまいます。

『自分の営業成績はいつもトップで、社内で一番の出世頭だ』

『上司から頼りにされて、部下からも慕われている』

といった、『仕事ができる自慢』
男性に多いタイプです。聞いていて、良い気はしません。
本当に仕事ができる人は、自分で『仕事ができる』とは言わないはずです。

また、『稼ぎが多くて貯金が〇〇〇万円はある』

などの、『お金持ち自慢』をついついしてしまう方もいます。
こちらも男性に多いタイプです。
わざわざ自分から『お金を持っている』と言ってしまうと、『お金に執着している』という印象を与えてしまいます。
こういう方が実はケチだったりするからです。

『過去にこんな素敵な人と付き合っていた』

といった『過去の異性との関係自慢』は女性にも多いタイプです。
婚活の場で、過去付き合っていた人の話をされて、いい気分になる人はいません。
過去の話は自分の胸の中にしまっておき、今、目の前にいる人と未来を語りましょう。

相手の話を聞かず自分の話ばかりしている

男女問わず、婚活の場以外でも言える事ですが、人間関係を構築する上で最も重要なことは
『相手の話を聞くこと』です。

自分の良さを相手に早く知ってもらいたい気持ちは分かりますが、まずは冷静になり、相手の話に耳を傾けるところから始めましょう。

人は、自分の話を聞いてもらえると、安心するものです。
それは『自分を受け入れてもらえる』という気持ちになるからです。

『相手の事を受け入れる』という気持ちをお互いが持つ事ができれば、自然と良い関係が生まれるはず。

相手の話を聞いていく中で、『自分との共通点』が見つかったら、そこで初めて自分の話をする。

そのくらいの感覚で会話のキャッチボールを行いましょう。

店員に横柄な態度をとってしまう

ついさっきまで、ニコニコして丁寧な言葉遣いだったのに、店員に注文するとなったら、いきなり横柄な言動をする人は、結婚後の自分にも同じように接する人なのでは?思われてしまいます。

相手はあなたの、お店での立ち振る舞いを良く見ています。

店員に対してマウントをとろうとする姿は、器の小さい人に見えてしまいます。異性に限らず、同性の人にも嫌われてしまう要因になるので改善すべきです。
全ての人に平等に接する器の大きさを持つ事ができるよう、努力しましょう。

プロフィールが魅力的ではない

プロフィールが魅力的ではないことも、婚活がうまくいかない大きな要因となります。

まず、プロフィール写真に自撮りのもの、ピンボケしているものを使うのはNGです。
写真は第一印象を左右する大事な要素です。
適当な写真を載せていては、マッチングの可能性は大幅に低下してしまいます。

できればプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。

また、本文に『相手への希望を書きすぎる』のもNG。

少なからず、相手に求めるもの条件はあるものですが、あまりにも求めすぎてしまうと、相手に『何様なのだろうか』という印象を与えてしまいます。
謙虚な姿勢を意識しましょう。

とはいえ、謙遜のつもりで、『人見知り』『モテない』『恋愛経験がない』などと書いてしまうと、ネガティブで自信が無い印象を与えてしまいます。
否定的なネガティブワードを使うことと、謙虚なことは違うので、注意しましょう。

結婚相談所に依存し過ぎる

『結婚相談所に登録すれば結婚させてもらえる』と考えてしまう方も、なかなか成婚にはたどり着けないでしょう。

登録するだけでは何も変わりません。結婚相談所は、あくまでもあなたの婚活をサポートする立場です。

自ら何かを変える行動ができない方は、失敗ばかりの婚活になってしまいます。

アドバイザーの意見を素直に聞き、積極的に出会いを求め、行動しましょう。

言い訳が多い

『今回の相手とは相性がよくなかった』
『自分とは釣り合わない』

などの言い訳が多い方も、婚活が長引いてしまう傾向があります。
うまくいかなかった結果を、相手のせいにしてしまうと、自分の成長が生まれません。

まずはうまくいかなかった現実を受け止め、『相手からいただいたフィードバック』と捉え、原因を分析し次に生かしましょう。

自分で考えた上で、原因が分からなかったのならば、結婚相談所のアドバイザーに相談するのも1つの手です。
素直に『分からない』と言える謙虚さを持つことが、幸せな結婚への第一歩。

相手のせいにして、卑屈になっている人に異性は魅力を感じません。少しずつ試行錯誤し、自分に自信をつけていきましょう。

運命の出会いを信じている

『初めて会った瞬間に電撃が走ったような感覚を覚え、急速にお互いが惹かれ合い、1ミリのズレもなく、お互いを理解し合うことができる』

このような、『運命の相手』を求めすぎてしまい、積極的に異性と会おうしない『待ちの姿勢』の婚活はあまりうまくいきません。

結婚相手と自分は違う人間である事を理解し、価値観を擦り合わせる努力を続けることで『幸せな結婚生活』を送ることができるのです。

『運命の相手』を求めすぎてしまうのは、ある意味『甘え』です。
積極的に出会いの場におもむき、相手と向き合う努力を続けている方の前に、結婚生活を共に送ることができる『運命の相手』は現れるのです。

婚活がうまくいく人の共通点とは?

ここまで、婚活がうまくいかない方の原因をまとめてきました。

反対に、婚活がうまくいく人には、いくつか共通点があります。
ここからは、婚活がうまくいく人の特徴を、1つずつ解説していきます。

素直

相手の考え方や意見を素直に受け入れて、行動に移すことができる人は、相手に『自分の事をきちんと考えてくれ、受け入れてくれる人』と思ってもらう事ができます。
そう思えた事で、相手も素直になることができ、良い関係を築くきっかけになるのです。

行動を自分から起こせる

幸せな結婚とは、自らの手で掴むもの。

上述のように、『結婚相談所に登録すれば結婚させてもらえる』といった、結婚相談所に依存するスタンスではなく『結婚相談所をうまく活用して良い相手を見つけ出す』という積極的な姿勢が必要なのです。

うまくいかなかった時にも、相手のせいにして、思考を停止させてしまうのではなく、冷静に分析し、改善点を見つけ、すぐさま次に行動に生かす積極性を持ちましょう。

相手の気持ちを考えて行動することができる

人間は誰しも、自分のして欲しいことを相手にしてもらえると嬉しいものです。

相手のしてほしいこと、逆に相手のしてほしくないことを見極め行動することができる方は、相手と良い関係を築くことができます。

そのためには、相手を知ることが必要不可欠。

『相手に喜んでもらいたい』という気持ちを持つことができれば、普段の何気ない会話から相手の興味、関心、価値観を知ることができるはずです。

アドバイザーの意見を素直に耳を傾けることができる

結婚相談所のアドバイザーは婚活のプロ。たくさんのカップルの結婚を手助けしてきています。そんなプロの意見を素直に聞くことができるかどうかで、成婚の可能性がかなり違ってきます。

アドバイザーはあなたに対し、時には耳の痛いことも言うでしょう。
そんな時は、『このアドバイザーは自分のことを分かっていない』『このアドバイザーとは相性が悪い』などと思ってしまう事もあるかもしれません。

しかし、聞いていて耳が痛い意見とは、『自分でも気づくことができなかった部分』を指摘してくれている意見ということです。

まずは素直に聞き入れ、行動を変化させてみましょう。

それでもうまくいかなかったのであれば、そこで初めて、そのアドバイザーとの相性を考える。

このくらい柔軟なスタンスでいることができれば、婚活の結果は自然と良い方向に向いていくはずです。

強いメンタルを持つ

婚活以外の場においても言えることですが、何かを成し遂げるためには、強いメンタルが必要です。

何かを成し遂げるという事は、自分がこれまでできなかった事に挑戦し、達成すること。そして、そのためには必ず失敗がつきまとうからです。

何事も、最初からうまくはいきません。行動し、失敗を経て、そこから学び、また行動し、改善することで、初めて成功に一歩近づくことができます。

逆に言えば、失敗からしか学ぶ事はありません。

そんな『大事な失敗』を恐れて行動しないのは、もったいないです。

もし、デートやお見合いで失敗し、落ち込んでしまったのであれば、堂々と周りの友人、家族、結婚相談所のアドバイザーなどに頼りましょう。話を聞いてもらうだけでも、メンタルは回復します。

婚活を成功させている方は、周りの人にうまく甘えながら、婚活の場においては常に強いメンタルを保つことができるよう、心がけているはずです。

婚活の失敗には、自分に原因があることを受け入れる

幸せな成婚にたどりつく事ができる方は、自分を省みることができる方です。

『相手を変えることはできないが、自分を変えることはできる』

このような意識で、客観的に失敗の原因を分析し、改善することができれば、次第に相手と良い関係を築くことができるようになるでしょう。

人のせいにせず、自分に矢印を向けることができるようになれば、結婚した後も、相手を思いやることができ、良い結婚生活を送ることができるはずです。

婚活で失敗を繰り返さないために、自分を見つめなおそう

今回の記事では、婚活で失敗する人の原因を考察し、反対に婚活がうまくいく人の特徴もまとめてきました。

婚活を成功させるために最も大事なことは、『自分を見つめなおすこと』です。
婚活が長引いてしまうと、『自分は一生一人かも』という末路が思い浮かんでしまったりしますよね。そしてついつい焦ってしまい、自分の希望を強く押し出してしまい、相手の話を聞くことができなかったりします。

しかし、このような冷静さを失った状態では、婚活はより一層うまくいきません。

『今うまくいってないな』『焦ってるな』と思ったら、一旦立ち止まり、気軽に友人、家族、結婚相談所のアドバイザーなどに相談しましょう。

話を聞いてもらうだけで、心がふっと軽くなるはずです。

自分を見つめなおすためには、穏やかな心でいなければなりません。

常に自分の状態を観察し、焦り、疲れが見えたら、周囲の人ににうまく寄りかかる事で穏やかな心を保つのです。

そして、自分を見つめなおし、失敗を次に生かして幸せな結婚を手にいれましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ