婚活がうまくいかない男性の共通点。徹底解説します。

何度も婚活に参加し、多くの女性に合っているのに何故か進展しない、理想の女性とめぐり合うことができないという男性がいます。

それは女性に問題があると思う人もいるでしょうが、はっきり言うと違います。女性だけに問題があるのではなく、男性側にも問題があります。

では、その問題とはどのようなことなのか自分で今言える人はいるでしょうか。実は言えない人が多いです。

他者に言われて初めて自分の欠点に気づくことがあるように、婚活に関する問題も第三者から見て初めて分かることがあります。

成功させたいけど、他の人に自分の何に問題があるのか聞けないという人のために、今回は婚活に失敗する原因を紹介していきます。

女性が求める男性への条件や、上手くいかない人の特徴をまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

婚活は早めに進めるのが吉

婚活をする場合、男性は30代で会員登録することをオススメします。20代ではまだ結婚意識が薄いということもあるでしょうが、もし結婚意識が高かったとしてもあまり成婚まで持っていくことは難しいでしょう。

その理由として、婚活に参加している女性の多くがビジネスマンとしてバリバリ仕事をしている男性を希望しており、婚活で成婚できる比率が30代前半で19%、30代後半で27%、40代前半で26%となっています。

この比率を見る限り丁度ビジネスマンとしてある程度のキャリアを積んでいる男性を求めていることが分かります。

そのため婚活を行う場合は、30代前半から始めて話しを進めていくことで、より高い確率で成婚するでしょう。

30代~40代前半で登録している女性も多いので、そこまで年の差はなくよい女性を見つけることも可能でしょう。

まずは自分を知ることから始めよう

婚活が成功するポイントというのは、ここにかかっています。自分を知りつくしている人はどれだけいるでしょうか。

自分の外見、内面、生活面など多くのことに視点を置く必要があります。まずは自分の外見を知るためにも全身鏡で見て下さい。

清潔感を持っているか否かという点や、中年太り気味ではないかなどの身だしなみや健康チェックをしましょう。

次に内面です。一番自分の内面を知るために注目する点は友人関係や勤め先での人間関係です。よく話すことが多いのか、相談したりされたりの関係を持っているのかなど着眼点は多くあります。

そして、最後は生活面です。自分がどのような仕事に就き、通勤時間や休日の過ごし方、食事や睡眠など深く把握しておきましょう。そうすることで、自分が求めている女性像を見つけることができるでしょう。
3.婚活女子が婚活男性に求める条件とは?
婚活を成功させるには、婚活に登録している女性が求めている男性像を理解する必要があります。女性と男性では思っている理想像が違うので、自分の中で理解しているつもりでも実は違ったなんれことも。

男性だけが求めるのではなく、女性がどのようなことを求めているのか把握をしておくことで、女性を探しやすく、また自分が本当に見合っているのかどうか知ることができます。

では、女性が求めている婚活男性への条件とはどのようなものなのか紹介していきます。

性格が合うかどうか

性格というのは結婚後も大きく影響してくる一つの問題です。もちろん女性だけではなく男性も性格が合うかどうかというのは重要視していることでしょう。

もしお互いの性格をはっきりと知らずに結婚してしまうと、自分の性格と合わないという理由で直ぐに離婚という結果にもなりかねません。

女性が求める男性の性格とはどのようなものなのでしょうか。包容力があることや優しさがあること、協力してくれる、相手を優先してくれるなど人それぞれ違うでしょうが、嫌われてしまう性格というのは多くの女性が口を揃えて言うものがあります。

それが、自己主張が激しい、ナルシスト、自分の話ししかしないという人です。こういう人はどれだけ多くの女性に会ったとしても受け入れてもらうことは厳しいように思います。

相手を思いやる気持ち、知ろうとする気持ち、お互いにお互いを大切にしていけるようなそんな人を求めているので、まずは自分がどのような性格なのか、相手を思うことができるのか自分と見つめ合ってください。

そして、焦らないこと。時間をかけて自分を知ってもらうと同時に相手のことを知っていきましょう。

年収

女性が婚活をしている上で気にしていることの一つは年収です。これからの結婚生活を二人で築いていくためにも年収が低い人というのは、やはり求められていません。

では女性が求める平均年収とはいくらぐらいなのでしょうか。先に結論を言うと「500万円」です。この額を多くの女性が求める年収です。

どうでしょうか。この金額は正直現実的とは言えないでしょう。もちろん、男性の中には年収600万円以上や1,000万円以上と言う人もいます。

それは特殊な仕事に就いているからこそ言える年収であり、サラリーマンには厳しい金額なのではないでしょうか。

この年収に関しては、国税庁の調査によって難しいというのは分かっています。全年代の平均年収が300万と少し。賞与を合わせて400万円程。この結果から厳しいのは分かります。

しかし、女性の多くは安定を求めているので、年収500万円という額は普通と考えているようです。世帯年収と男性一人の年収は違うので現実をもっと見せるべきでしょう。

そして、世帯年収500万円以上を目指すのであれば共働きすることをお勧めします。

価値観が一致するか

価値観とは物事の基本的な考えと言いますが、これは個人で違います。もちろん合うこともあるでしょうが、多少のズレは生じてしまいます。

価値観が一致するかどうかというのは全てに置いてではなく、結婚生活や育児、教育、生活面などで合っていれば結婚後も上手くいくものでしょう。

婚活男女の別れの原因第一位は「価値観の違い」とある程、価値観が違うことで関係の維持はできません。もちろんこれは婚活男女に限らず、恋愛結婚した夫婦にも言えます。

結婚後に価値観が違うと分かり離婚するという確率がとても高いです。婚活をしている男性女性は、結婚意識があるので価値観の相違というのは確認しやすい状況にあります。

交際や成婚に向かう前にお互いの考え方を話してみましょう。そうすることで価値観が合うのかどうかという判断もしやすくなるでしょう。

清潔感

女性は不潔感のある男性を好みません。これは男性も同じですよね。女性は綺麗なイメージを持っている男性からすれば、不潔感の漂う女性を好みません。

女性にとって清潔感のある男性とはどのような容姿なのでしょうか。まず、髭が生えていないこと。これに関しては髭の生え方というのもあるのではないでしょうか。

手を加えてあるオシャレ髭は別です。しかし無精髭のように伸びたまま手入れのできてない髭は不潔感を与えてしまいます。

髭は全部剃るか、手入れをしてオシャレとして取り入れるようにしてください。そして、髪型や鼻毛、爪なども女性は細かく見ています。

服装も重要です。シワの寄ったポロシャツや洗濯をしていない臭いがあるジーパンなどはNGです。

しっかりと自分の身なりを整え、自分で家事もしている自立した男性を目指してください。清潔感を女性に持ってもらうことで自分の評価がかなり上がります。

生活習慣の乱れも身なりに出てきます。中年太りしてしまったお腹や緩んだ体というのは女性は嫌います。

もしお酒をよく飲むという人や、インスタントばかり食べているという人も自分の生活を再度見直し、体を引き締める努力をしてください。

婚活がうまくいかない原因

女性が求める条件を満たしているはずなのに、婚活がうまくいかない、思った女性と出会えないということがある人もいるでしょう。

それは女性に問題がある場合もありますが、そればかりではありません。男性側にも何かしらの問題があることも。

それは自分では気づくことができない問題で、言われて初めて気づく人もいるでしょう。これに気づけるかどうかで今後が大きく変わっていきます。

それはどのようなことなのでしょうか。婚活を上手く進めていくためにはどうしたら良いのか一緒に考えていきましょう。

では、どのようなことで婚活がうまくいかないのか、その原因として最も多い5つの点を紹介していきます。もし当てはまると感じたならば、改善できるよう努力していきましょう。

理想が高すぎる

これはよくある話しですね。男性に限らず女性も最も多い原因になります。理想を持つというのは悪い事ではありません。

しかし、高い理想を持ちすぎると出会える女性は限られてしまい、尚且つ見つかりません。自分の持つ理想の女性像をまず一度見直してみてください。

例えば、女性に家事全て出来ることを求めていて、共働きを希望している。こんな条件を言われて手を上げる女性はいません。

共働きをしても良いと思っている女性や、今後も仕事を続けていきたいと思っている女性もいるでしょうが、家事まで全て任されたら疲労で病んでしまいます。共働きはするけれど、家事育児は協力してやっていきたいというのが女性の本音です。

他には、女性に求める容姿です。細かく容姿に対する条件を持つことは悪いこととは言いません。

しかし、例えば容姿端麗は女性を望んでいた場合、そのような女性は限られた男性の元にしか現れません。

またその容姿端麗の女性に見合う程の外見をあなたは持っているのでしょうか。まずは自分にそのような女性が合うのかどうか再度確認してみましょう。

身長や体重などはまだ許される条件ではありますが、そこに美人であったり芸能人のような可愛さを求めてはいけません。

もし自分の求めている条件が高いのかどうか分からない時は、他の人に聞いてみてください。他者から見て自分の条件がどれほどのものなのか分かります。

デートをしていない

婚活というのは、どれだけ女性と出会うことができ、その後の関係を続けていけるかという点が重要です。

1度出会って、お互いに関係を深めていきたいと思ったとしてもただ電話やメールなどのやり取りだけでは女性は離れていきます。

デートというのは、相手を知ることができる大切な時間です。デートをすることでお互いの表情や仕草、気持ちを知ることができます。

仕事やプライベートで忙しい時もあるでしょうが、極力女性とデートをする時間を作っていきましょう。最低でも月に3回は二人で遊ぶ時間を作ってください。

女性は会いたいと願っています。しかし自分からは不安もあって言えないものです。そこを男性が一歩リードして手を差し伸べて下さい。

女性はリードしてくれる男性を好みます。恥ずかしさもあるかもしれませんが、そこは時間をかけること、勇気をもつことで変わっていくでしょう。

相手の話を聞かない

男性と女性はこの部分でも大きな違いがあります。男性は議論する傾向にありますが、女性はそれを嫌います。話を聞いて欲しいと思っているのに聞いていない、遮ってしまう男性は好まれません。

女性は話を聞いてくれるというだけで心が落ち着きます。相談事や悩みを話した際に助言ではなく、相槌を打つだけでも心救われる人が多いです。

そのような女性に対して、話を遮って否定をしたり、聞いているのかいないのか分からない男性では安心感がないので離れていきます。

自分の意見や話たいことがあるかもしれませんが、そこは一つ抑えましょう。そして、女性の話をしっかり聞いているという意思を表に出し、受け止め、共感してあげてください。

自慢話ばかりしている

自分はどのような人間なのか話すことは悪いことではありませんが、あまりにしつこくアピールすると、女性はつまらなくなります。

お金の話や自分の経歴について細かく話をしたい気持ちも分かりますが、そこは抑えて下さい。むしろ、後で何かしらのきっかけで知った方が女性は驚き、喜びます。

また自分の話をし続けることで、女性側が尻込みしてしまうこともあります。これだけの経歴を持っている人、これだけお金を持っている人と自分は釣り合わないかもしれない、と。

そうなってしまっては近づいてきた女性が離れていく可能性もありますし、お金やそのような経歴だけを目的として近寄ってくる女性が多くなります。

自分がどのような女性を求めているのかしっかり再度把握して、相手を知る姿勢を見せましょう。自分のことはその次です。

気遣いが足りない

気遣いとはどんなことなのだろうと思った人はいませんか。この気遣いとは相手をどれだけサポートできるか、相手に尽くせるのかということです。

さりげない気遣いが男性らしさを感じさせ、相手をときめかせる最善の方法です。鞄や荷物を持ってあげたり、自分が優先して道路側を歩く、人込みの多い所で手をつなぐ、体調の変化に気づくなど。

男性が女性に対して出来る気遣いはあちこちに転がっています。女性優先で考えられれば気づくことは多いでしょう。

女性から嫌われてしまう男性は、自分本位な男性で何も手助けをしてくれない、さりげない気遣いもないという人です。

やり過ぎなくらい女性のために尽くしてみましょう。そうすれば女性は自分を大切にしてくれると確認することができ、女性も男性に対して尽くしていこうと思います。

自分を知ることで婚活を成功させよう!

何度も婚活に挑戦しているのに成功しない、いい出会いがない、関係を続けることができないという人は、女性に対する理想が高かったり、自分を優先し過ぎて相手を見れていないことがあります。

まずは自分がどのような人間なのか知り、女性に望む理想の条件に合っているのか、またどれだけ女性を優先して行動できているのか、話をしっかりできているのか考え直しましょう。

モテる男性というのは、以上のことを全て出来ています。さりげない気遣いや身なりを整えること、女性をどれだけ優先できているのかなど、全てに長けているでしょう。

そんな男性像をまずは目指して、婚活が成功する道を自分で築いていきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ