20代で結婚相談所に登録する!失敗無しの成婚のために知っておくべきこと

晩婚化が進んでいる昨今、20代で結婚相談所に登録するのは早すぎるのでしょうか。また20代で結婚相談所に登録して、成婚にたどり着く事はできるのでしょうか。

今回の記事では、20代が失敗せずに成婚まで進むために、知っておくべきことをまとめました。

20代におすすめ結婚相談所

まず、20代におすすめの結婚相談所を紹介していきます。

スマリッジ

スマリッジは、店舗を持たずに、全てのサポートをオンライン化することでコストを抑えているため、他の結婚相談所と比べて登録料や月会費などが安くて済みます。

また、コネクトシップ(加盟している他の大手結婚相談所の会員も紹介可能になる、会員紹介プラットフォーム)に加入しているため、ゼクシィ、エン婚活、パートナーエージェントなどの会員ともマッチングすることができます。

20~30代前半の登録者が多く、月会費が1000円安くなるU28割引もあるので、20代にとってはありがたい環境と言えるでしょう。

・基本データ

登録料‥‥6000円

月会費‥‥9000円

男性会員の収入‥‥約67%が年収500万円以上

会員の住むエリア‥‥約60%が関東首都圏

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェントは、若い女性からの認知度、支持率が高いため、20代女性の会員が多く、女性会員のうち4人に1人が20~30歳の女性です。

また、成婚までの最多活動期間が5か月、と短い期間での成婚実績があり、その背景には、2017~2020年まで、3年連続でオリコン顧客満足度№1を獲得しているほどのサポート体制があります。

無料カウンセリングを担当したカウンセラーが、成婚に至るまで一貫してサポートしてくれ、度々面談を行いフィードバックしてくれるので、初めての婚活でも安心です。

・基本データ

登録料‥‥30000円

月会費‥‥9000~23000円

男性会員の収入‥‥42パーセントが401~600万円

会員の住むエリア‥‥公表はされていないが、関東首都圏に店舗は集中している。北海道や九州にも店舗がある。

楽天オーネット

楽天オーネットの会員数は約五万人で、これは業界最大級の数字です。
そのうち、20~39歳の会員が多く、男性は55%、女性は74%がこの世代となっています。

また、年間3000回以上の婚活パーティなどのイベントの開催や、双方の希望条件を登録しておけば、毎月その条件にマッチした人のプロフィールがマイページに届く『データマッチング』など、サポート体制も充実しています。

さらに『結婚相談所には興味があるが、高額で手が出ない』という20代女性のために、20代女性限定の割引プランもあります。

・基本データ

登録料‥‥30000円

初期費用‥‥76000円

月会費‥‥13900円

男性会員の収入‥‥62%が500万円以上

会員の住むエリア‥‥首都圏が中心(42%)ではあるが、全国的に分布している

パートナーエージェント

成婚率が業界No.1のパートナーエージェント。

登録料が最大で50%オフになる、U29プランやシングルマザー応援プランがあり、シングルマザー応援プランで入会した方の成婚率は51%で、これは通常会員よりも多い成婚率となっています。

また、ファッションに関して総合的にサポートしてくれる、トータルコーディネートサポートという珍しいサービスもあります。会員のファッションに関して、婚活に精通したスタイリストがアドバイス。買い物にも同行し洋服をチョイスし、ヘアカット、ヘアメイクにまで携わってくれ、より良いプロフィール写真を撮影し、相手に良い印象を与えられるよう、見だしなみを整える手助けをしてくれるのです。

・基本データ

登録料‥‥30000円

初期費用‥‥30000~220000円

月会費‥‥13000~24000円

男性会員の収入‥‥平均606万円

会員の住むエリア‥‥公表されていないが、東京を中心に全国的に分布

ツヴァイ

ツヴァイには法人会員制度があり、大手勤務企業の会員が多い傾向があります。また、20~30代前半の女性会員が多いです。

また、入会時の費用が約50%オフになる、20代限定プランがあり、このプランを利用した方の内、二人に一人が半年未満の活動期間で成婚に至っています。

・基本データ

登録料‥‥98000円

月会費‥‥13800~15800円

男性会員の収入‥‥78%が年収500万円以上

会員の住むエリア‥‥公表されていないが、首都圏が一番支店が多い。

結婚相談所における20代の需要を考える

20代で結婚相談所に登録する事に抵抗がある、との声もありますが、果たして結婚相談所において20代の方の需要はあるのでしょうか?

結婚相談所で20代男性の需要はある?

結論から言うと、20代男性の需要はあります。結婚を真剣に考えている20代男性は少なく、結婚相談所に登録している同じ世代の競合が少ないからです。年下好きの30代~40代の女性はもちろんいますし、特に20代の女性は、年上よりも同世代と結婚したいと思っている傾向があるので、しっかりと需要はある言えるでしょう。

とは言え、20代男性は経済力、包容力など、まだ未熟な側面があるのでは、と敬遠される場合もあります。自分の現在の経済力に見合った料金の結婚相談所を選びつつ、自分の人生の経済的な見通しを女性に対してスムーズに話せるよう、自分の中で整理しておくと良いでしょう。

結婚相談所で20代女性の需要はある?

女性の場合も需要はあります。あるどころか、男性会員のボリュームゾーンである、30~40代の方は年下女性を好む傾向があるので、男性から引く手あまたの状態になる可能性もありそうです。

女性は30代になると婚活において最初の壁が存在すると言われているので、20代からの早めのスタートを切る事は良い事でしょう。

とは言え、仮にモテるからと言って、男性への理想を引き上げすぎたり、自分磨きを怠ってしまうなどすると、男性が遠のいてしまう可能性もあるので注意が必要なところです。

結婚相談所における20代での成婚率は?

年代別の成婚率を公表している結婚相談所はほとんど見られません。しかし、男性、女性共に需要がある事をふまえると、結婚相談所における20代での成婚率は高いのではと推測されます。

20代の結婚相談所についての体験談をブログで読む

20代で結婚相談所に登録し、婚活している(していた)方のブログをご紹介します。

結婚相談所で結婚した人のブログ

https://20-konkatsu.hatenablog.com/

20代半ばで結婚相談所に登録し、約1年の婚活を経て成婚退会した方のブログ。婚活に対する冷静な分析と的確なアドバイスを以て、お見合い結婚する人を増やすべくブログを書いているそうです

20代前半で結婚相談所に入ったとまとの婚活ブログ

https://ameblo.jp/hitomi88dh/

20代前半で結婚相談所に登録し、成婚まで至ったとまとさんのブログ。とまとさんのお母さんが結婚相談所を運営しており、とまとさん自身もその相談所のスタッフとなり働いているそうです。数多くの婚活している方を見てきた経験から『婚活での残念な人シリーズ』などの、婚活をがんばる人の息抜きになりそうな記事も書いてくれています。

27歳が婚活してみたら、、(ハイスぺ狙い 婚活レポ)

https://ameblo.jp/hinatamml/

結婚相談所に登録後11か月でハイスペックな男性と成婚を達成した、ひなのさんのブログ。ハイスペックな男性狙いで婚活してきただけあり、たくさんの男性とお見合いをしてきたようです。がんばりすぎて婚活に疲れてしまった時期があったようで、そんな辛い時期を救ってくれた本を紹介してくれたりしています。婚活に悩む人の共感を呼ぶブログです。

結婚相談所で20代同士の成婚はある?

結婚相談所での20代同士の成婚について、数値としてのデータは発表されていませんが、結婚相談所のサイトにて実例が紹介されているので、20代同士で成婚に至るケースはある、と言えるでしょう。

20代美女は婚活市場で有利?

当然の事ながら、女性の若さと美貌は婚活市場で有利に働きます。しかし、若くて綺麗な女性ゆえの落とし穴がありそうです。

『モテるから』と理想が高くなり過ぎてしまうと、相手に対して妥協が出来なくなってしまい、交際、成婚までたどり着けなくなってしまいます。

『出会いの間口が広がる』という意味で、若さと美貌という自分のアドバンテージを生かしつつ、客観性を失わないようにしましょう。友人や両親などに、自分の婚活の現況を随時話てアドバイスしてもらう習慣を付けると良いかもしれません。

20代なのにモテない!?傾向と対策

20なのにモテない。という人は、今一度『自分は最低限の事が出来ているか』客観的にチェックし『この人と一緒に暮らしていきたい』と思ってもらえるように、1つずつ改善していきましょう。

まず、プロフィールの文章はきちんと自分を説明できているか、自分の良さが出ているプロフィール写真になっているか、振り返ってみましょう。

また、特に女性の場合は、相手に対して理想が高くなりすぎてしまっていないか、男性の場合は、お見合いでの身だしなみにしっかり気を使えているか、常に自分自身を客観的にチェックするようにしましょう。

そして、相手への関わり方についても、振り返ったみた方が良いです。

会社に部下がいる男性に多いのですが、相手に対して、ついつい上から目線で価値観を押し付ける発言をしてしまう傾向があります。相手を尊重する意識を忘れないようにしましょう。

女性側も、男性の話が自分の興味の無い話だとしても『自分の知識の間口が広がる』という風に思いながら話を聞いてみてはいかがでしょうか。

とは言え、自分を客観的に正しく見つめる事は難しいことです。
『今の自分は人にどのように見られているのか』を知るために、積極的に友人などにアドバイスを求める事ができたら良いかもしれません。

結婚相談所に登録している20代男性の年収は?

世代別の年収を公開している結婚相談所はほとんど見られませんが、平成30年度の国税庁の調査によると、20代前半の平均年収は267万円、20代後半の平均年収は370万円でした。
20代全体で見た時の平均年収は319万円となります。

この金額は、税金や社会保険料が引かれる前の金額になっているため、実際の手取り額は、20代前半で平均214万円、20代後半で平均296円ほどと考えられます。

また、学歴別に20代前半の年収を見た場合、大卒・院卒で276万円、短大・高専卒で249万円、高卒で242万円でした。

さらに、学歴別に50代前半の年収を見た場合、大卒・院卒で642万円、短大・高専卒で481万円、高卒で423万円となります。

50代になると大卒・院卒と高卒の収入の差が219万円も生まれています。これらの数値は職種や会社にもよるところなので一概には言えませんが、幸せな結婚生活を送るために、知っておいても良い知識かもしれません。

20代で成婚するために

今回の記事では、20代が結婚相談所を使って、失敗せずに成婚に至るための情報をまとめました。

結論から言うと、結婚をしたいと思っているのであれば、結婚相談所に登録するのは、早ければ早いほど良い、と言えるでしょう。『まだ20代』と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事や、遊びに打ち込んでいる間に、あっという間に時間は過ぎていってしまいます。早いうちから、結婚相談所の活用法を学び『婚活するための筋肉』を付けておいて損はありません。

また、もし仮に成婚にまで至らなかったとしても、20代のうちから結婚に真摯に向き合って婚活をしたことは、自分自身を知り、成長する事に繋がっているはず。その経験が、自分が30代、40代になった時に生きてくるのです。
20代からの婚活は、自分が本当に求める人物像や、自分なりの幸せの形を明確にしてくれ、人を的確に分析する力を与えてくれるでしょう。

この記事がより良い結婚に結びつく手助けとなれば幸いです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ