オンラインお見合いにデメリットはあるの?気になる注意点総まとめ

コロナ禍で婚活もオンライン化が進み、オンラインお見合いの人気が高まって来ています。

オンラインお見合いを使いこなす事が出来れば、効率良く婚活を進めることができます。

まだ試したことが無い人のために、オンラインお見合いの注意点、コツやポイントをまとめました。

オンラインお見合いとは

オンラインお見合いとは、主に結婚相談所がコーディネートする、インターネットを上で行われる1:1のお見合いの事です。

パソコンやスマホの画面ごしに、ZOOMなどのアプリを使って行われます。

お見合い相手と事前に日時を調整した上で、自宅などの都合の良い場所で行う事になります。

また、オンラインお見合いと類似のものが、オンライン婚活パーティです。こちらは複数の人と一度にネット上に集まり、たくさんの人と、短時間でコミュニケーションを取っていくタイプの婚活イベントです。

オンラインお見合いの流れ

オンラインお見合いの流れについて解説致します。

①登録した結婚相談所のサイトで会員さんを検索し、自分が気になった人、または、仲人さんから紹介された人とお見合いをマッチングする。

②オンラインお見合いの日程を調整し、当日までにビデオ通話ツールなどの必要な環境を整える

③オンラインお見合い当日。開始後数分は仲人さんが場の雰囲気作りをしてくれる。

④慣れてきたら、その後は二人でコミュニケーションを取り、交際したい気持ちになった場合は、その旨を仲人さんに伝える。

⑤双方が交際を希望した場合は仲人さんがお互いの連絡先を教えてくれ、交際がスタート。

⑥その後は二人の間で連絡を取りあい、親睦を深めていく。

初めての場合でも、仲人さんが仲を取り持ってくれるので安心ですね。

オンラインお見合いの注意点とコツ

実際のお見合いとオンラインお見合いには、どのような違いがあり、どのような点に注意すべきなのでしょうか。
オンラインお見合いを成功させるための、押さえておくべきコツも合わせてまとめました。

オンラインお見合いの場所、背景、証明

オンラインお見合いが行われる場所は、自宅のリビングなどがほとんどです。実家住まいで家族の存在などが気になる人は、結婚相談所のオフィスやシェアオフィスを使用する場合も。

シェアオフィスとは、駅構内などに設置されている簡易型のオフィスで、Wi-Fiやモニター、防音設備なども整っており、一人用であれば15分250円程で利用可能です。

自宅でオンラインお見合いを行う場合は、しっかりと部屋を片付け、相手から見える背景がごちゃごちゃしていないように気を使いましょう。汚い部分が見えてしまうと、相手に『だらしがない人』という印象を与えてしまいます。
もし、良い場所が無いのであれば、背景を設定する機能を使うと良いかもしれません。

また、部屋の照明にも気を使いましょう。オンラインお見合いは、出来れば昼間、部屋のカーテンを開け、光を取り入れた明るい部屋で行うのがベストです。画面越しに相手と向き合っていると、表情から伝わる『その人の人柄』が伝わりづらいため、なるたけ部屋全体を明るくし、相手に自分の表情の変化が見えるよう配慮する必要があります。

予め実際にカメラに映る自分の姿をチェックしてから、本番に臨みましょう。

オンラインお見合いの服装

オンラインお見合いにおける服装ですが、通常のお見合いと同じで、
男性はシャツ+ネクタイにスーツ、女性はスマートカジュアルなどの服装で問題無いです。

カメラに映るのは基本的には上半身だけなので、上半身だけはしっかり身だしなみを整えましょう。できるだけプロフィール写真と同じ服装に身を包んでいた方が、相手にギャップを感じさせる事が無いのでおすすめです。

また、部屋の照明が暗い場合は、濃い色の服を合わせる事は避けた方良いです。暗い印象を与えてしまいます。

オンラインお見合いの場合は『鏡に映る自分』というよりも『画面に映る自分』を意識し、『画面映えする自分』を演出する必要があります。

オンラインお見合いの表情、身振り、手振り

画面越しに相手に見られる場合、どうしても表情による自分の感情が伝わりづらいです。

普通の顔=不愛想な印象を持たれてしまう、と思った方が良いかもしれません。

出来るだけ笑顔を意識しましょう。いつもの2倍は笑顔があって良いと思います。
明るい表情は人を安心させるからです。もし笑顔が難しければ、あえて画面に映るように、身振り手振りを加えて『今、自分はあなたといて楽しいです』という意思を相手に伝えると良いかもしれません。

また、目線に関しても伏し目がちにならないように意識し、出来るだけ上げた方が良いしょう。

オンラインお見合いの画面上では、自分の顔も確認できます。自分の顔もたまにチェックしながら、出来るだけ笑顔で相手とコミュニケーションを取ってみてください。

オンラインお見合いのアプリやカメラの設定など

カメラの位置は目線よりやや上に設定しましょう。目線より下だと、顔の皮膚が下がり、顎のお肉がたるんで老けて見えてしまいます。

また、カメラと自分との距離感にも注意しましょう。60~80㎝の間がベストです。近すぎても相手に威圧感を与えてしまい、あまりに遠すぎてもコミュニケーションの妨げになってしまいます。胸の辺りが映るくらいの距離感がちょうど良い目安です。

また、使用するスマホやタブレットはしっかり充電し、ZOOMなどのアプリを使用する場合の動作確認、Wi-Fiなどの通信環境の整備も怠らないようにしましょう。音声が途切れたり映像が止まると相手はストレスを感じてしまい、相手に与える自分の印象も悪くなります。

オンラインお見合いで、相手とコミュニケーションを取れる時間は限られています。事前に出来る準備はしっかりしておいた方が良いでしょう。

オンラインお見合いのデメリット

オンラインお見合いには、いくつかのデメリットがあります。そのデメリットを知ることは、オンラインお見合いを婚活に役立てるための手助けになるはずです。

アプリやカメラなどの設定が、慣れていないと面倒

これまでオンラインであまり人とのやり取りをしてこなかった方の場合、アプリやカメラなどの設定が難しく感じられてしまうかもしれません。

複雑な操作が必要な場合もあるため、分からない部分があっても『何がどう分からないのかが分からない』という状況になる可能性も。そうなるとネットで検索する事も難しいので、時間と労力が必要となってしまいます。慣れている友人が近くにいるのであれば、お願いして手取り足取り教えてもらった方が懸命かもしれません。

場所、自分の演出や見え方に気を遣う

オンラインお見合いにおいては、通常のお見合いに臨む場合とは、違った部分で気を遣う必要があります。

自宅で行う場合、プライベートな空間を相手に見せなければいけません。『しっかり掃除しなければ』『部屋のどこを背景として使おうか』など、あれこれ気を遣う必要があります。

また、自分の身だしなみや言動に加えて『自分が画面上でどのように見えているか』を客観的に見て、自分を演出する必要があります。画面越しだとどうしても暗い印象になってしまうのです。

女性の場合、画面上では印象が薄まるので、メイクをしっかり目にする必要があったり、男性の場合はシミが目立ちやすく老けて見えてしまうため、シミ消しをする必要があったりと、男女ともに気を遣って画面上の自分を良く見せる努力が求められます。

チェック出来ることが対面より少ない

通常のお見合いでは、実際にどこかのお店などで会い、面と向かってコミュニケーションを取る事になるので、自然と相手の情報が引き出されてきます。

しかし、オンラインお見合いの場合、表面上伝わって来る情報は『胸から上の相手の姿』、と『相手の声』のみです。
相手の身長、体型、服装、持ち物のセンスなど、見た目の情報だけでも、分からない事は数多くあります。

また、お店の人への接し方などは、相手の人柄を知る上で大きな判断材料となるはずですが、オンラインお見合いではチェックする事はできません。

個人情報の扱いに注意が必要

近年、ユーチューバーなどが配信した動画から住所が特定され、嫌がらせを受けてしまう事件が増えています。

結婚相談所の登録者にも、そういった悪どい人物がいないとも限りません。念のため、オンラインお見合いを自宅で行う場合は、映像から自宅の住所などの個人情報が漏洩してしまうことの無いよう、注意しましょう。

また、喫茶店など、不特定多数の人間が出入りする場所でオンラインお見合いを行う場合には、映像からお見合い相手の個人情報が流出してしまう危険性があります。
できるだけ周りに人のいない、シェアオフィス等の閉鎖空間で行った方が良いかもしれません。

オンラインお見合いのメリット

次に、オンラインお見合いのメリットをまとめました。

服装、時間など、対面より気を遣わずに済む

通常のお見合いと比べて、オンラインお見合いの方が、『時短』でお見合いを行う事が出来ます。

通常のお見合いの場合、事前にお店を予約し、当日はしっかりと全身の身だしなみを整えてから、予約したお店に行き、時間制限は特に設けずに相手とお話をする、という流れですよね。これではお見合いで一日が終わってしまう事もあるでしょう。

オンラインお見合いの場合、お店を予約する必要はなく、自宅で行うのならば、移動する必要もありません。また、身だしなみに関しても、上半身だけ整えれば良いのです。時間はかなり短縮されるはずです。

さらに、相手とお話出来る時間が決められているので、仮に自分の好みでない相手だった場合でも、終わらせ方に気を遣う事なく、きっぱりと終わらせる事ができます。

通常の対面でのお見合いより交際に発展する可能性が高い

日本結婚相談所連盟によると、オンラインお見合いを行った方の約半数が仮交際へと発展しており、通常のお見合いより20%も増えているそうです。

この現象の背景には、自宅などのリラクックス出来る環境でお見合いできるため、話が弾みやすい、という事に加え、オンラインお見合いの仕組みが関係しています。

多くのオンラインお見合いの流れですが、まず仲人が数分程二人の仲を取り持ってくれ、その後仲人の退出後、二人で30~40分話します。そして最後に再び仲人が締めの挨拶をして終了、というふうに行われます。

30分~40分ほど話して『ちょうど会話が盛り上がってきたかな』というタイミングで終了。このように時間が短く、限られている感覚が二人の気持ちを盛り上げ『またあの人と話したい』という気持ちに繋がりやすいのです。

コストがかからない(飲み物代、食事代、交通費)

オンラインお見合いは自宅などで気軽に行えるため、通常のお見合いで発生するであろう、お店での飲食代、食事代、交通費がかからない、というメリットがあります。

特に男性の場合、デート代を全額負担する事が多いため、婚活が長期化すると多大なコスト
かかってきます。相性の良くない相手とのお見合いでかかるコストが無くなる事は、大きなメリットと言えるでしょう。

対面だと合いにくい距離の人と出会える

オンラインなので、距離は関係ありません。自分の生活圏内以外の人とも出会える事は、チャンスが莫大に増える事につながります。

リモートワーク化が進んでいる昨今、自宅からは遠い距離にいる人と恋をして、その後引っ越したとしても、必ずしも転職をしなくても済む時代です。昔より、遠くにいる人との恋愛は始めやすいでしょう。

一日に何人も会える

オンラインお見合いは、時間が限られていて、移動時間もかかりません。身だしなみを整える時間も少なくて済みます。ということは、一日で何人もの人と『お見合いのハシゴ』が出来る、ということです。

オンラインお見合いを活用して婚活をすすめよう

コロナの猛威によって生まれた、オンラインお見合いの文化。近年の仕事のリモート化も相まって、コロナ収束後もこの文化は続いていくという見方ができます。

オンラインお見合いとは、いわば『簡易版お見合い』です。現代社会のオンライン化がいくら進んだとしても、恋愛や結婚生活は、人対人で成り立つものです。当たり前の事ですが、対面での関わりが前提です。

とはいえ、従来のお見合いだと、どうしても肩肘はってしまう部分があります。自然な会話が出来なかったり、自分の良いところをお互いに見せる事が出来なかったりしてしまうのです。

まずは、オンラインお見合いを行い、相性の良さそうな人を探し、ある程度仲を深め、『関係の下地』を作る。その後、その人と対面でのお見合いやデートをすることで、従来の婚活よりも、急速に仲を深める事が出来るはずです。

効率の良い婚活にするために、オンラインお見合いを取り入れてはいかがでしょうか?

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ