40代の婚活。アラフォーの男性も女性も知っておくべきこと・やるべきこと

晩婚化時代の今、多くの40代の男性・女性が婚活を進めています。

しかし「40代になると、男性、女性ともに婚活は難しくなる」と世間では言われています。

実際のところ、どうなのでしょう。

40代の婚活の実情と、成婚につなげるためにどのようなことを意識し行動すべきかをご紹介します。

婚活中40代男性の厳しい現実

40代男性の婚活が難しくなる理由として以下のような内容がよく挙げられます。

・未婚の理由を勘ぐられる

40代で初婚をまだ経験していない=その人に何か問題があるのではないか、と思われてしまう。すると、周りから出会いの場をあまり紹介されなくなってしまいます。

・男女間の求める世代の行き違い

40代男性は若い女性と出会いたいと思っており、40代女性は同世代の男性と出会いたいと思っています。この行き違いにより、40代は成婚に結びつく確率が低くなってしまうのです。

・『出会いの場』そのものの減少

婚活パーティなどのイベントには年齢制限があり、40代は参加できない場合も多く見られます。チャンスが減ってしまうことで、40代の婚活はさらに厳しくなってしまうのです。

婚活中40代女性の厳しい現実

40代女性は、40代男性と同様か、それ以上に婚活が難しい、と言われています。
その理由として以下のような内容がよく挙げられます。

・妊娠、出産が難しい

結婚をしたい男性が子どもを欲しがっている場合、妊娠適齢期とされる20-35歳の女性を希望し40代女性を敬遠する傾向があります。どんなにその女性が魅力的であっても、年齢によって結婚相手の対象として除外されてしまうのです。

・独身の理由を勘ぐられる

40代男性と同様に、40代女性も「この歳まで独身ということは何か問題があるのでは?」と不審がられてしまうことがあります。ただし人によっては、落ち着きがあると見てくれることも。バツイチの場合、『経験豊富』と受け取られることもあるようです。ただ世間一般的には敬遠されがちであることを認識する必要があるかもしれません。

・キャリアが裏目に出る。

30代までの男性は共働きを希望するケースも少なくありませんが、40代男性は安定した高収入を得ている場合も多く、女性には『家庭に入ってもらいたい』と思っている人も多く存在します。
高スペックなキャリアウーマンの場合、男性の求める家庭的なイメージにそぐわない、とされることもあり、プロフィールを見た時点で断られてしまう場合も。また、プライドの高い男性は、ハイスペックな女性に劣等感を覚えるので、敬遠されてしまう可能性があります。

婚活40代男性の勘違い

今まで仕事をがんばってきた40代の男性には、安定した高収入を得ている方も多いです。そういった高スペックな40代男性は、婚活市場で人気があり、結婚相談所に登録したとたん、100件以上の申し込みがある場合も。しかし、人気があるが故に『勘違い』してしまう男性も多く見られます。

また、婚活の目的が『結婚』ではなく『出会い』になってしまう40代男性も多いです。
恋愛経験が少ないまま40代になった男性は、多くの女性と関わることができる婚活を通して、出会いを求め『恋愛』することが目的となってしまうのです。

恋愛と結婚は必ずしも繋がっているわけではありません。経験豊富で現実的な女性から見たら、子供っぽく見られてしまい敬遠される要因の1つです。

婚活40代男性と20代女性の結婚?

自分はモテる、と勘違いしてしまった40代男性は、若くて綺麗な20代女性にばかりアプローチをかけてしまう場合があります。20代女性は20-30代男性を求めていることから、女性の希望と折り合わない結果となります。20代女性からすると、30代までならまだしも、40代となると『話が合わない』『もっとフレッシュな人が良い』と思う人も多く、あまり成婚に至るケースは生まれません。

清潔感がある、イケメンでオシャレ、かなりの高収入etc.といったハイスペックな男性でない限り、20代女性と結ばれる事は厳しいと思った方が良いでしょう。

あまり女性の年齢や見た目にこだわり過ぎずに、まず『会って話をしてみる』というスタンスの方が結果に繋がりやすくなります。

婚活40代男性の年収は?

40代男性の年収は、40~44歳で平均564万円、45~49歳で平均629万円となっています。

40代独身男性は年齢からそれなりの役職についていて、役職に伴った安定した年収を手にしている人が多い傾向にあります。そして、管理職であることで仕事に追われ、その多忙さからお金を使う時間が無く高額の貯金を所有している人も多く存在します。

年収や貯金額が多いことで強気になって、初対面の女性に貯金額を聞いたり、世間知らずで器が小さい発言をしてしまうことがあります。いくら年収が高くても女性からしたら嫌な男性だと思われてしまっては元もこうもないので、相手の気持ちに立って発言や行動をできるように気を引き締めましょう。

ケース別|40代の婚活

40代ともなると、様々な経験を経て、人それぞれ置かれている立場や環境が変わってきます。ここからは、40代の婚活をケース別に分析していきます。

再婚(バツイチ)の場合

40代の中には、過去に結婚し、離婚を経験している方もいるでしょう。

20代~30代前半までの場合、バツイチはマイナスの印象を持たれる可能性がありますが、40代の場合、マイナスにはならず、むしろプラスに働く場合もあります。

むしろ、初婚より40代のバツイチの再婚の方が成婚率が高まる、というデータがあるくらいです。

離婚を経験している、という事は、人を傷つけ、傷つけられる痛みを知っている、ということです。バツイチの方は結婚に過度に期待することのない現実的な結婚感を持っていて、相手を気遣える包容力を備えている、という印象を与える事ができます。

バツ+子持ち・シングルマザーの場合

シングルマザーの婚活は、データ上難しいとされています。子供が欲しい男性はたくさんいますが、その子供とは、多くの場合『自分の子供』を指しているからです。

シングルマザーとの結婚に対して男性からは『他人の子供を愛せるかどうか自信がない』『世間の目が気になる』などの意見が。

とはいえ、中には、好きになったのだからシングルマザーでも気にならない、という男性もいます。

シングルマザーの方は、家事、育児のスキルがあるのはもちろんのこと、堅実である、というプラスの面も備わってるので、男性にとって魅力的に映る場合もあります。

次に、男性のバツイチ・子持ちの場合です。
こちらも女性の場合と同じで、ハンデとなる可能性は高いです。仮に男性が別れた相手の子供と一緒に暮らしていない場合でも、養育費の問題は再婚相手の女性にも影響してくるので、敬遠される要因となります。

また、子供がどう思うか、も大事です。子供が小さいのならば尚のこと、その子の気持ちを尊重した婚活をする事が必要です。

無職の場合

男性が無職の場合、結婚相談所に入会すらできないケースがほとんどです。結婚生活とはお金がかかるもの。結婚相談所とは、幸せな結婚を生み出す事を生業にしている場所である訳ですが、安定した収入をのぞむ場合の多い婚活において、一家の大黒柱として家計を支えてくれる男性を求めている女性は未だに多い状況です。経済的能力がない「無職」であることは、紹介する上で大きな障害となるので結婚相談所も男性の就職状況についてを入会基準の一つにしている訳です。

しかし、可能性はゼロではありません。家事が嫌いな女性や、仕事以外で自分を支えて欲しいキャリアウーマンなど、専業主夫になってくれる男性に価値を見出してくれる女性も一定存在します。

とはいえ、一般的には無職であることは敬遠されがちであり、無職のパートナーでは人生設計を成り立たせる展望は描きづらいです。まずは就職してから婚活するのが無難でしょう。

女性の場合は、職についていない場合でも結婚相談所には登録できることが一般的です。しかし、女性もバリバリ働き、夫婦共働きが当たり前になりつつある昨今、男性側も女性の無職の理由を気にしてしまいます。納得のできる理由を用意しておき、『無職』より『求職中』や『休職中』などの表現を使うようにしましょう。

また、高収入でハイスペックな男性は、専業主婦を希望する場合もあります。しかし、ハイスペックな分、女性に求める家事のレベルも高くなる傾向もあるので、専業主婦を希望する場合は、最低限の家事のスキルは身につけておきましょう。

40代後半の場合

男女共に40代後半から、成婚率はぐっと下がります。自然な出会いから成婚まで結びつく事は厳しいと言われています。

婚活アプリの利用者は若い世代が多く、なかなか若い世代とマッチングすることが難しい状況です。

結婚相談所のカウンセラー、コンシェルジュや、40~50代が参加可能なミドル世代向け婚活パーティを利用するなどして、自身の年代に合わせ婚活を進めていきましょう。

40代婚活の成功のために。5つのポイント

40代の婚活で成功するために、5つのポイントを解説していきます。

具体的には、

・求めるスペック・条件の見直し
・見た目を整える
・チャンス作り・探し
・へこたれない
・自分の価値観・行動の見直し

この5つのポイントについて説明していきます。

①求めるスペック・条件の見直し

40代になると、結婚に対する気持ちが高まりすぎることで、求める相手の理想が高くなりがちに。
試しにサイトで検索する異性の年収、年齢などの基準を緩めてみましょう。
そして、まず会って話をしてみるという姿勢を大事にし、一度会ってイマイチだと感じたとしても、3回までは会ってみましょう。すると相手の思わぬ一面が見えてくるかもしれません。

40代になって燃えるような恋愛から結婚に繋がることは非常に稀です。結婚に理想を描きすぎに、ともに人生を過ごせることでお互いに充実できる点が少しでもあれば、まずは検討してみるといった柔軟な婚活観を持ち、婚活を進めましょう。

例えば、男性であれば、シングルマザー、同年代や年上の女性にも積極的に交流してみる。女性であれば、男性の年収をにこだわり過ぎない。など、うまく自分の理想と折り合いが付けて婚活に取り組んでいきましょう。

男性でも女性でも、『子供を持ちたいのか、血縁関係がないといけないのか、養子をとる選択肢はどうか』など、改めて問いただしてみて下さい。その答えによっても自分に合った相手は変わってくるはずです。

②見た目を整えるのは礼儀

婚活を成功させるためには、男性も女性も、まず異性に『会ってみたい』と思ってもらう必要があります。見た目を最低限整えておかなければ、スタートラインにも立てません。

20代~30代までは通用したありのままの自分は、40代では通用しないことも多く、自分を演出して婚活に臨みましょう。

身だしなみに無頓着であるくらいなら、少し派手なくらいでよいです。とはいえ流行を追いすぎた明らかに不自然な若づくりはやめましょう。『流行に遅れていない』くらいが丁度良いです。

体型にも気を使いましょう。40代になると若い時よりも如実に生活習慣が体型に現れます。だらしない体型=その人の性格までだらしない、と思われてしまう上に、清潔感が欠けた印象を与えてしまいます。また、実際に会った時のために、口臭、体臭にも気を使いましょう。

③チャンス作り・探し

男女共に積極的に行動しましょう。様々な婚活ツールを使い、会えそうなら会う。積極的にコミュニケーションをとり、次の約束もしっかり取り付ける。

自ら動き、チャンスを作り、そのチャンスは逃さない。こういった積極的かつ堅実な行動が、成婚への近道となるのです。

④へこたれない

婚活は、そう簡単ではありません。相性の良い相手と出会える確率はそう高くはないからです。

そんな、『運』にも左右される婚活の結果にふりまわされ、いちいち自分をせめて落ち込んでいたら身が持たないし、もったいない。もし疲れてしまったなら、前向きになれるまで休めば良いのです。

1番ダメなのは、切羽つまった状態で婚活をがんばってしまうこと。悲壮感が伝わってしまい、相手は離れて行ってしまいます。

⑤自分の価値観・行動の見直し

40代になると、率直な意見を言われる事が減るため、自分を客観的に見ることが出来なくなりがちです。

特に会社に部下がいる男性は、女性に対しても上から目線で自慢話ばかりしてしまったり、部下の『年齢に割にお若いですね』などのお世辞を真に受け、見た目のケアを怠り婚活に失敗してしまうことも。

また、仕事に打ち込んできたタイプの女性の場合も、結婚相手を減点方式で判断してしまい、少し嫌なところが見えたらすぐに『この人はダメ』と判断しがちです。こういった女性は男性と張り合う傾向があり、自分の弱さがうまく出せなかったりします。

これでは、良いパートナーシップは築いていけません。男女共に今までの自分とは違う価値観を試し受け入れていく必要があります。

40代婚活の成功のために

晩婚化時代の現代において、40代の婚活には大きな可能性があります。

仕事や恋愛において、たくさん失敗し、傷ついてきたからこそ、『自分』というものの等身大の形を知っていたり、今までの人生経験を元に魅力ある人物が40代の男性、女性には多く存在します。

若いうちは、結婚に夢を求め、『素敵な人と恋に落ちて、大恋愛の末に結婚し、夢のように幸せな結婚生活を送りたい』と思ってしまうもの。

しかし結婚とは夢や希望だけに溢れたものではありません。苦しいも辛いも共有しあい支え合って歩んでいくことが結婚生活なのです。

また『お金があれば幸せ』というのも幻想であり、ある程度の水準を超えると、お金によって人の幸福度は変わらない、という研究結果も出ています。

人生経験豊富な40代であれば、友人や兄弟の結婚生活を目にしていることも多く、現実的にどのような相手と結婚すれば幸せになれるのかを見極められる方が多いのではないでしょうか。

20代でも40代でも一緒ですが、自分に合わせた幸せになる為の婚活を進めていきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ