結婚相談所の入会審査について

結婚相談所への入会を考えていても「結婚相談所の入会審査がや条件が厳しくて入会できなかったらどうしよう・・」と入会前の方であれば不安に感じている方も多数いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は結婚相談所での審査や条件で引っかかる人はどういったことで引っかかって入会できなかったのか、また具体的にどういったところを結婚相談所では確認して審査の判断をしているのかについて詳しく解説していきます。

もし今結婚相談所の入会審査について不安を抱えている方、これから結婚相談所の入会を考えている方ははぜひご参考にしてください。

結婚相談所への入会に必要な条件や資格

結婚相談所に入会するためには必ず入会審査を受けなければ入れません。
これは結婚相談所が会員になる方の年収や職業、結婚の意思などを知るために行うものになります。
必要な条件としてまず独身であることです。
結婚詐欺などのトラブルが起きないよう独身証明書の提出が必要になります。
そのため離婚する予定の方が再婚のために離婚前から利用することはできないようになっています。
二つ目の条件として安定した収入があることです。
高収入であればいいというわけではなく、毎月の安定した収入があるというところがポイントとなります。
相手の女性にとって収入面は相手を見極める重要なポイントとなるため正しい申告をしましょう。
三つ目は結婚する意思があるかどうかです。
彼女が欲しいというくらいの気持ちでは残念ながら入会はできません。
どのくらい真剣なのか?なぜ結婚したいと思っているのか?などを聞かれます。

結婚相談所入会への必要書類

ここからは結婚相談所に入会するために必要な書類について詳しくご説明していきます。
結婚相談所により提出書類が異なることもありますが共通した書類の提出を義務付けています。
書類の中には時間がなくてもすぐに手に入るものもあれば役所などに取り寄せるなど少し時間や手間がかかるものもあるので入会を考えている方は早めに入手しておくようにしましょう。

身分証明書・本人確認書類

まずは本人を確認できる書類です。
運転免許やパスポート・住民票などがこちらの書類に該当します。
運転免許やパスポートは手元にあるものなので特に急ぐ必要はありませんがどちらもない場合は住民票が必要になるので早めに役所に行くか取り寄せるのが良いでしょう。

独身証明書

あまり聞き馴染みのない独身証明書ですが本籍地の役所戸籍課窓口で発行してもらえます。
市区町村によって申請や取得方法、手数料などが異なるため個別での確認が必要です。
本籍地が遠く出向くことができない場合や仕事が忙しくてなかなか行けないという場合は郵送を行なっている役所も多いので一度問い合わせてみましょう。

収入証明書・年収証明書

あなたの年間の収入や一体いくら収入があるのかを示す源泉徴収票や所得証明書、給与証明書などの年収証明書の提出が結婚相談所では必要になります。
源泉徴収票や給与証明書を提出する場合はあなたのお勤めの会社で申請を行えばもらえます。
また源泉徴収票であれば手元にある方も多いと思いますのでこちらを提出してください。
所得証明書の場合はお住いの地方自治体に申請が必要になりますので地方自治体まで問い合わせをしてください。

在籍証明書

在籍証明書は現在のお勤め先にあなたが在籍しているかの証明を行うための証明書です。
在籍している会社に発行を依頼することで取得することができます。
会社に申請するのが恥ずかしいという方もいると思いますが雇用契約書や社員証が在籍証明書に変わりになる場合もあるので
詳細は今入ろうと検討されている結婚相談所に確認してみてください。
卒業証明書・学歴証明書
あなたの大学や高校の最終学歴を証明する書類になります。
申請方法はあなたが卒業した学校に申請することで取得することができます。
一般的には郵送で申請・取得することが多いです。もちろん窓口に直接出向き発行することも可能です。学校によっては申請方法が異なるので一度学校のHPを確認したり、問い合わせをしてみましょう。

その他、必要となることがある書類(資格証明書・婚姻関係証明書etc.)

このほかにも結婚相談所によっては必要となる書類がある場合があります。
例えば弁護士や医師などの公的資格が必要となる職業の場合は資格の所持を証明するための資格証明書の提示が必要になります。
また在日の方などは婚姻関係証明書の提示がある場合も多いです。

入会を拒否されることはある?審査に落ちる理由

結婚相談所に入会しようと思っていたのに審査に落ちてしまった・・という人もいらっしゃいます。
ここからは実際に審査に落ちた実例を交えてどういう理由で落ちているのかについてご紹介していきます。

男性の入会審査に落ちた事例

男性の場合年収で制限をしている結婚相談所もあるため年収で引っかかるという場合があります。年収制限をかけている理由は女性が男性を選ぶときの条件として年収をあげる場合が圧倒的に多いからです。
そのため結婚相談所では一定の年収制限をかけ、満たされていない場合は入会をお断りするというケースもあります。
実際に年収が300万の男性がある結婚相談所で審査を受けた際年収で引っかかって落ちてしまいました。
結婚相談所によって条件は異なるので同じ年収でも入れる相談所ももちろんあります。

女性の入会審査に落ちた事例

心身ともに健康でないという場合審査に落ちることがあります。
特に日常生活に支障がでるくらいの体や心に問題を抱えている場合は入会を断られる可能性が高いでしょう。
実際に32歳でうつ病を患い会社を休職していた女性が結婚を考え結婚相談所に行ってみたが入会審査で落ちてしまいました。
精神疾患があるとお見合いを組むことも難しい場合もあり、またお見合い相手に負担をかけてしまうリスクもあるため断られることが多いのです。
また子供作ることが難しい場合も女性は入会審査でお断りされる可能性が高いです。

入会条件が厳しい結婚相談所ほど安心という面も

本気で結婚を考えているのであれば入会審査が厳しい結婚相談所の方が安心という面もあります。
提出書類が多いと面倒ですがそれだけ手間をかけて登録する分相手も本気であることがわかりますし、相手の情報が多いほど安心感にもつながります。
またしっかり厳しい入会条件を通過した人であれば一定基準以上の相手ということは間違いありませんのであなたが求めているような異性とも出会える可能性は高くなるでしょう。

順調に入会できる人の条件

順調に入会できる人は必要書類をすぐに提出できること人でしょう。
提出しないといけない書類はどこの結婚相談所でも多数あります。
またすぐに手に入れれないものもあり手間もかかります。
そこをすぐに集めて提出できるという人はスムーズに入会できる人です。
また年収などもある程度あり安定もしていて、心身ともに健康であれば審査に落ちることもほぼないのでスムーズに入会できるはずです。

結婚相談別の入会条件

結婚相談所の入会条件に関しては各社共通する部分もありますが結婚相談所によって異なってる部分も実はたくさんあります。
ここからは結婚相談所別の入会条件や審査基準についてお伝えしていきます。
今入会を迷われている結婚相談所がある方はぜひ自分は条件を満たしているか確認してみましょう。

パートナーエージェントの入会時の審査や条件

パートナーエージェントは特に成婚率に強くこだわった結婚相談所として有名であるため他の結婚相談所とは少し違う入会条件を設けているところがあります。
パートナーエージェントは男性は22歳〜64歳以下、女性は20歳〜54歳以下の方に入会資格があります。
男女ともに必要な条件としてまずは独身であることです。もちろん婚約や同棲関係を含む婚姻関係がない方が条件です。
そしてパートナーエージェントの特徴的な審査項目としてEQ理論に基づいた行動価値観の分析を全員に行います。この検査で結婚適合性の基準をクリアしていることが入会条件として必要になります。そのため残念ながら基準をパスできない人は入会をお断りされてしまいます。またパートナーエージェントは店舗への来店ができる人を会員として募集しているので店舗に来店できるエリアに住んでいることも条件になります。
男性のみの条件になりますが定職につき安定した収入のあることも条件となっています。

IBJメンバーズの入会時の審査や条件

会員へのきめ細かいサポートで有名なIBJメンバーズ。
IBJメンバーズでは男性は22歳から44歳前後、女性は20歳から39歳前後が入会できる条件となります。
年齢基準に関しては他の結婚相談所よりも年齢の幅が狭く少し厳しい年齢制限を設けています。
男性・女性ともに共通する条件としては入会時に独身であることがあげられます。
男性の条件としては定職についていることが最低条件となり、また年収も400万円以上であることが入会条件です。
収入が少ない男性には少しハードルが高い条件と言えるでしょう。
女性の条件として高校卒業以上の学歴が必要となりますので中学卒業のみでは残念ながら入会することができません。
また提出書類は少し多く独身証明書・収入証明・学歴証明書に加え身分証明・住民証明の2つの本人確認書が必要になっています。また資格を伴う職業の場合は職業証明の提出も合わせて必要となります。

ツヴァイの入会時の審査や条件

ツヴァイは男女の登録比率のバランスが良く男女ともに自分にあった異性と出会える可能性の高い結婚相談所です。
登録は男性女性ともに20歳以上からで上限の年齢制限はないため何歳でも入会することができます。
そのため40代や50代の方でも気兼ねなく登録することができます。
男性女性とも共通した入会条件は入会時に独身であることが条件です。
他の結婚相談所に比べて比較的条件は緩いと言えるでしょう。
ただ紹介可能人数が規定に達しない場合は入会を断られる場合があります。
紹介可能人数に達しないというのはあなたが相手に求める条件を満たす相手をツヴァイでは紹介できないということです。
これはあまりに高い条件や細かすぎる条件を提示しすぎることで起こるので、あまりに厳しい条件をつけると審査に落ちる可能性がありますのでご注意ください。
提出が必要な書類として独身証明書、収入証明書、卒業証明書の提出が必須となっています。

オーネットの入会時の審査や条件

再婚の方でも入会可能なオーネットはどちらかというと審査や条件が緩めの結婚相談所と言えるでしょう。
まず男女ともに同じ入会条件は20歳以上であることです。
年齢の上限設定がないので登録者の年齢層も幅広く40代や50代の方であっても登録することができます。
また入会時内縁関係のない独身であることも男女ともに共通した条件となります。
オーネットから送られくる本人宛の郵便物を受け取ることができることも共通した条件となっています。
そのため何らかの事情で郵便物を家に送ってもらいたくない・受け取れないという方は登録することはできません。
またマッチング人数が紹介基準を上回ることも男女ともに共通した条件です。
そのためあまりに条件が厳しい場合は残念ながら入会をこと断られる可能性があります。
男性だけにある入会条件は定職についていることです。
こちらは男性だけの条件になっています。
必要な書類も特に特別なものはなく独身証明書、収入証明書、卒業証明書だけなのでこちらが用意できれば特に問題なく審査を受けることができます。

ノッツェの入会時の審査や条件

自分のスタイルに合わせた豊富なプランが用意されていることが特徴のノッツェ。
そのため入会後も自分のペースで婚活を進めることができるでしょう。

男女ともに共通する入会条件は入会時独身であることです。
またただお付き合いをするというだけではなく結婚を真剣に考え、相手を探しているということも入会条件としています。
男性は20歳から入会ができ、女性は他ではあまりない18歳から入会が可能になっています。
ただし高校生は18歳であっても入会できません。
特に上限の年齢は制限されてませんのでいくつであっても審査を通れば入会することができます。
入会時提出書類も独身証明書や本人確認書くらいでかなり入会の審査は緩いと言えるでしょう。
再婚者の方ももちろん登録できるので他で審査を通らなかったという方もノッツェなら安心して審査を受けることができるでしょう。
ただしまだ離婚が成立してない場合は入会はできませんので注意が必要です。

サンマリエの入会時の審査や条件

約5ヶ月前後で成婚退会する人が多くスピーディな婚活をしたいという人に向いているサンマリエ。
男女ともに20歳から入会することが可能です。
特に上限の年齢制限はないため20歳を超えていれば幾つでも入会ができます。
また男女ともに国内に住んでいることが条件になるので海外に赴任している人などは残念ながら入会することはできません。
男女共通して内縁関係のない独身者であることも条件の1つとなっています。
入会条件はそこまで厳しくはないですが入会前には本人確認書類を近くの支店まで持参する必要があります。
提出書類は収入証明書、卒業証明書、独身証明書になります。ただ所有資格取得の登録や表示を希望される場合は資格証明書の提出が必要となってきます。
資格はアピールの1つにもなるのでお持ちの場合は資格証明書も提出することをオススメします。

仲人協会連合会の入会時の審査や条件

一般社団法人である仲人協会連合会はあまり利益を追求していない他の結婚相談所とは少し変わった結婚相談所です。
そのため他の結婚相談所とはまた違った特徴を持っています。
男女ともに共通している条件は20歳以上であることです。また入会時に独身であることももちろん条件となっています。
また男性のみ定職について安定した収入があることという条件があります。

入会条件として心身ともに健康であることという条件があるのですが持病や障害を持っていても日常生活に支障がなければ入会することが可能となっています。
必要書類は免許書または保健所、在籍証明書独身証明書、卒業証明書などの本人確認書です。

入会条件・必要資格を理解して自分にあった結婚相談所を選ぼう

いかがでしたでしょうか?
結婚相談所でも会社によって入会条件や必要資格は異なってきます。
各結婚相談所の条件や審査内容をしっかり確認し、たくさんある結婚相談所の中から最も自分にあった紹介所を選んで婚活を進めていきましょう。そうすればいい結果も必ずついてくるはずです。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA