結婚相談所の選び方のコツと注意点

これから婚活を本格的にスタートさせたいと考えたとき、一番に思いつく方法として結婚相談所があるのではないでしょうか。「婚活の王道」ともいえる結婚相談所ですが、実はタイプが違ったり、実績が違ったりと一括りでは説明ができない奥が深いものなのです。

では、これから結婚相談所に登録しようと思っている人は何を基準に選べばいいのでしょうか。もちろん選ぶ基準はさまざまですが、今回は失敗しない結婚相談所について、結婚相談所の種類や選ぶ基準、注意点などを詳しくお話していきます。

これから婚活を始める人、今登録している結婚相談所ではうまくいかないという人はぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所はどうやって選ぶ?

ひと口に結婚相談所といっても、各相談所によってサービス内容や料金、登録者数はまったく異なります。他のどんなサービスでもそうですが、企業や店舗によって強味弱みがあるように結婚相談所にも得手不得手が少なからず存在します。その特徴を知らないまま「同じ結婚相談所だから」と登録してしまうと、あとあと後悔することになってしまうこともあり得るのです。

結婚相談所を選ぶには、まず結婚相談所にはタイプがあるということを知ること、そして各相談所のサービス内容や強味を知ることが先決です。これらを知っている・知っていないの差は非常に大きく、ひいては婚活が比較的短期間で終わるか長期戦化するかの分岐点になるといっても過言ではないでしょう。

結婚相談所を選ぶ基準はさまざまあります。この記事ではその基準についてご紹介します。しかし、最後は利用したいと思う結婚相談所をいくつかピックアップして比較することに尽きます。比較検討の材料として今回ご紹介する基準を用いてもらえれば、おのずとみなさんに合った結婚相談所が見つかるはずです。

結婚相談所のタイプは2種類

まず知っておいてほしいのは、結婚相談所には大きく分けて2つのタイプがあることです。ただそこにスタッフがいて、話を聞いてから条件にあった人を紹介される、というものではありません。

2つのタイプとは、「仲介人型結婚相談所」、そして「データマッチング型結婚相談所」のことです。それぞれに特徴や使い勝手の違いがあるので、その違いを明確にし、どちらが自分のライフスタイルに合っているか、自分の理想の結婚相談所なのかを見極めましょう。

それでは、この両者の特徴について迫っていきましょう。

仲介人型結婚相談所

担当のカウンセラーが利用者にお相手を紹介してくれる結婚相談所を「仲介型結婚相談所」と言います。昔からあるタイプの結婚相談所で、仲介人と呼ばれるカウンセラーが相談者の話を聞いて、条件に見合った相手を紹介してくれるスタイルで運営されています。

サービスの提供元が人なので、その手厚さに定評があります。細かなニーズも話を聞いてくれるのでマッチング率も高くなる傾向にあります。反面、こちらが提示する条件が細かくなればなるほど紹介される人数が少なくなったり、サービスが手厚い分費用が高額になりがちです。

細かな希望も聞いてほしい、人対人のことなので、機械ではなく人に紹介をしてほしいという人には向いている結婚相談所の形です。費用に関しては年間で60万円ほどを考えておけばいいでしょう。

データマッチング型結婚相談所

「仲介人型結婚相談所」と異なり、AIが登録データと元に紹介する相手を選んでくれる結婚相談所が「データマッチング型結婚相談所」です。現在、政府が後押ししているのもこちらのスタイルになります。

人工知能「AI」が、今までのマッチングのビッグデータと登録者のデータを使って理想の相手を探し出すシステムで、費用はこちらのほうが安く済みます。また、ビッグデータに基づいて探すので「仲介人型結婚相談所」よりも提示される人数は多めです。

しかし、細かな情報までは反映されないためどうしても細かな条件が叶わないケースが多いのも事実。相手を探すのが人ではないので、最終的には自身で確認する手間もあります。費用面に関してはかなり安く、高くても30万円ほどとなります。

結婚相談所を選ぶ4つのコツ

結婚相談所のタイプごとに得手不得手があるのですが、それ以外にも結婚相談所それぞれに得意不得意があります。同じような費用を費やすのであれば強みが多いところに登録したほうがいいのは言うまでもないでしょう。しかし、どの結婚相談所も数字や実績がたくさん表示されており、何を見るべきかがよくわかりません。

そこで本章では4つの結婚相談所選びのコツをご紹介。自分に合った相談所のタイプ選びの他に気をつけたい項目について説明します。

デートの成約率の高さ

まずもっとも重視したいのがデート成約率の高さです。デートの成約率は、先に紹介した2タイプの相談所でも、場所によってはっきり別れてしまいます。結婚相手を探すためのサービスですので、デートまで持っていける相談所がいいのは言うまでもないでしょう。

デートの成約率が高いということは、そこまでのサポートが手厚い、もしくはマッチング率が非常に高いということ。ノウハウやデータを持っている結婚相談所なだけに信頼度は非常に高いはずです。

異性との出会いがなければ婚活の第一歩を踏み出すことすらできません。結婚相談所の決め手第一はデート成約率の高さで判断しましょう。

会員数で判断する

当然のことですが、会員数が多い結婚相談所のほうが出会いが多く、婚活成功につながりやすくなります。選ぶときは、会員数が多い結婚相談所を選ぶようにしましょう。

言い方は悪いですが、選択肢が多ければ多いほど理想の相手に会える可能性は上がります。選びたい放題とまではいかないでしょうが、「仲介人型」でも「データマッチング型」でも探す対象・ヒットする対象が増えるので、必然的に出会いの機会は増えていきます。まずは出会いが重要な婚活において、この判断材料はデート成約率の高さに続いて重要な要素と言えます。

もちろん男女比には注意してください。女性が女性会員数が多いところに登録してもあまり意味がありません。

婚活のサポートが充実しているかどうか

もし初めて婚活をするのであれば、探している結婚相談所の条件にサポート体制の手厚さを追加しておきましょう。手取り足取りとまではいかなくても、サポートが充実しているのとそうでないのとでは安心感に差があるのは想像に難くないでしょう。

サポート体制が充実しているから成婚率が高い、充実していないから成婚率が低いというわけではありません。一概にサポートひとつで成婚率には直結はしません。しかし、特に初心者にとっての安心感が違うのは言うまでもないはずです。

いきなり我流で婚活をしてもうまくいかないこともあるでしょう。婚活は個人戦のイメージがありますが、昨今では結婚相談所がサポーター役に回ってくれることも。せっかく登録するのであればサポートをフル活用すると、孤独感を感じにくく済むのもメリットです。

費用感で決める

デートの成約率、会員数、サポート体制も十分だけど費用が高くて登録し続けられるか不安と考えるのならその結婚相談所は辞めておいたほうがいいでしょう。婚活は確かに真剣に結婚を考えており、出会いを求めている人にとっては重要な活動です。しかし、それで生活に支障をきたしてしまうようでは意味がありません。

婚活は確かに大事な行動のひとつではあります。しかし、自らの生活を削ってまでする必要はありません。多少の節制は必要かも知れませんが、無理をしたところで結婚相談所にもバレてしまいます。

何よりも婚活をするにはみなさんの健康が第一。無理をしてまですることは強くおすすめできません。

結婚相談所を選ぶ際の4つの注意点

結婚相談所を探す上で注意したいこともいくつかあります。見るべきポイントはきちんと見なければいけませんが、一方であまりにも情報が少なかったり、他の結婚相談所と比べて高すぎる数字を掲載している場合は特に要注意です。

では、結婚相談所選びで特に注意すべきポイントとはどこなのでしょうか。4つのポイントについて見ていきましょう。

成婚率で見ない

結婚相談所のサイトや資料を見て一番に目が行くのが「成婚率」ではないでしょうか。登録者のどのぐらいが結婚までたどり着けているのかは確かに気になる数字ではあります。

しかし、注意しないといけないのは「成婚率の出し方が会社によって違う」ことです。例えば、母数を会員数全体にしているところもあれば、デートまでいったペアから成婚率を出しているのかで成婚率は異なります。また、成婚の定義も違いますので、成婚率を鵜呑みにするのは危険です。

もちろんまったく見なくていい数字でもありません。ただし、前提として定義が違う、出し方が違うことを念頭に置いて、あくまで参考値として見ることをおすすめします。

虚偽の広告に騙されない

ネット上の広告をそのまま信用するのもよくありません。もちろん広告ですので、各社強みとなることを書いてはいますが、中には誇張して実績を載せている結婚相談所もあるからです。

つまるところ、ネット広告はあくまでも参考程度にしておくことが望ましいでしょう。これは大手であっても、小さくても同じことが言えます。ネット上の数字やデータにはまず疑ってかかることが重要です。

正しい情報がほしければ、気になる結婚相談所に直接問い合わせることが最善の方法です。信用性の低い情報だけで判断するのではなく、一手間加えてでも正しい情報で判断すべきです。

料金表が記載されていない結婚相談所は避ける

料金表が記載されていない場合は、追加請求される場合があるので注意が必要です。概算でも出ていれば問題ないでしょうが、まったく書いていない場合は要注意です。

結婚相談所によってサポート内容が異なるように、料金体系もまた変わってきます。すべてを明示している結婚相談所はむしろ少ないでしょうが、あまりにも情報開示していないと、「そちらはオプションです。」といわれて追加料金を請求される可能性があるからです。

こちらも広告同様直接問い合わせたほうがいいでしょう。あまりにも開示データが少ない結婚相談所は最初から候補に入れないことも重要です。

遠すぎて通えない結婚相談所は避ける

最後は距離の問題です。料金体系もサービス内容も十分で自分の理想に叶っていても、通えないような場所にある結婚相談所を選ぶのは得策とは言えません。

なにか相談したいときや、条件の変更をするたびにいちいち遠方に赴いていては、貴重な時間もお金ももったいないでしょう。時間も費用も、かけるならマッチングで出会った相手にかけるべきです。結婚相談所に費やす時間や費用は必要最小限に抑えるのがベストです。

遠すぎる結婚相談所は、もちろん選んだ分の効果は見込めるかもしれません。しかし、この時点で疲弊してしまうようであれば意味がなくなってしまいます。優先順位を間違えないことが大事です。

無料カウンセリングを受けてみよう

結婚相談所のタイプごとの特徴と見るべきポイント、逆に注意すべき点についてお話しました。人によっては短期間で婚活が成功することもあるとは言え、基本的には時間も費用もかかります。そのかかる費用も時間もどれだけ抑えられるかが最初の焦点になります。

いくつか絞った結婚相談所のうち、どこにするか決めかねているのであれば、まずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。受けたからと行って入会ではないので、ここで調べた段階ではわからなかったことをぶつけてみるのもいいかもしれません。

気に入った上に自分の無理のない範囲で婚活ができると判断できたらそこに通いましょう。良縁に恵まれることを心よりお祈りしています。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA