婚活もグローバルな時代!ネットで婚活して海外の人と出会おう

グローバル化が進む社会で、国際結婚に興味を持つ人も少なくありません。最初から国際結婚に憧れていたという人や、外国人と結婚をして海外に移住したいと望む人もいるでしょう。

現在SNSで注目を集める国際カップルに憧れる人も増えてきています。そこでここでは海外の婚活事情と日本国内で海外の人と出会う方法について解説していきます。

ぜひ国際結婚を望んでいるという人や、婚活において外国人と出会うためにはどうしたら良いのか分からないという人は参考にしてください。

国際結婚へ至ることができるチャンスを学び、夢を叶えましょう。

海外の婚活事情、日本とどう違う?

最初に海外の婚活事情はどうなのでしょうか。海外の文化ややり方というのは、やはり日本とは違う部分がいくつかあります。

まず海外と言っても世界は広く、確かに地域によっては婚活事情が異なることもあります。一昔前のように親や親戚が仲介に入ってお見合いや婚活をしていたという文化はアジア圏の文化です。

そのため、アジア圏以外の海外ではこのような方法はなかったでしょう。また現在も海外では結婚相談所と呼ばれるものはマイナーな業種であるため、海外へ行って結婚相談所に登録し、さくっと結婚ということは現実的ではありません。

しかし、海外でも日本同様にネット社会は進出してきており、それを利用して婚活をするというものは始まっています。

ネットの婚活アプリでも海外の人と出会うために

現在日本ではマッチングアプリや婚活サイトが普及しており、多くの人が利用をしていますが、その中で海外の人もどんどん登録をしています。

しかもその多くは日本に在住している外国人が主で、気になった相手がいればすぐに出会うことも可能となるでしょう。

そのため、わざわざ海外に行って出会いを求めるという行動よりも、日本のマッチングアプリなどを利用して出会う方が現実的となり、多少英語ができなくても問題は少ないです。

また、そのような相手を見つけたい場合には手当たり次第マッチングアプリや婚活サイトに登録していくのではなく、SNS上にある広告が出る大手マッチングアプリや婚活サイトの方が登録している人数も多いので、手軽に見つけることができるでしょう。

海外の人との婚活は自信をもって

日本人特有の「相手のことを察する」「奥ゆかしい態度」と言われるものは相手が日本人であれば通用するかもしれませんが、これは海外の人には必ずしも通用するということはありません。

もちろん海外の人の中には、日本人特有の性格を気に入っている人もいますが、場合によっては自分に自信がある人や、物事をはっきり伝える人の方が人気はあるでしょう。

そのため、婚活をしていく上で、「このような人が婚活に成功しやすい」というものを指標に進めていくのではなく、自分をしっかりと持ち、相手に接する時も控え目に接するというよりは、大胆に行動していく方が好かれやすくなります。

さらに重要なことは、日本人特有の性格面を海外の人に求めないということです。配慮がない、自分の話を聞いてくれないというのは日本人だけが求めている可能性も高いです。

海外の文化で育ってきている人にとってそれらは理解しにくいものであると思っておくと良いでしょう。

海外の人を対象にした時、日本の文化を決して無理強いするのではなく、相手を見て、相手の文化も尊重していってください。

ネットを通しての海外の人と婚活するときは関係性をはっきりさせて

日本では交際をする時に「付き合ってください」「好きです」と相手に伝えた上で交際に発展することが通常です。

しかし、海外ではそのような言葉はなく、雰囲気やお互いの交流の仕方で交際に発展することがあります。そのため、日本人からすると、これは交際しているのか疑問に感じることも少なくありません。

もし「いい感じだけれど、これは交際しているといっていいの?」と疑問に感じた場合、この関係をはっきりさせるためにも、相手に関係性を確認した方が良いでしょう。

そうすることでお互いの関係性を明確に出来るという安心感はもちろん、遊びか否かという判断もすることができます。

もし遊びなのであれば、結婚を真剣に考えている側として関係を終わらせる必要があり、交際に発展しているのであれば、そのまま続けることも一つなので、自分の中で決めるきっかけにもなります。

また海外の人の中には、ビザのために日本人と結婚を望む人も少なくありません。このような場合には、ビザが取得できた場合離婚ということもあるので、要注意しましょう。

ネットで海外の人との婚活を始める前の注意点

ネット婚活を利用することで、海外の人に出会えるチャンスはあり、また出会えたからと言ってそれが100%うまくいくとは限りません。

国際結婚は日本人同士の結婚と比較して、離婚率が高いというデータもあります。せっかく理想の結婚を果たしても、離婚になってしまえば、今までの行動も全て水の泡となってしまいます。

できるならば、そのような結末は避けておきたいと望むでしょう。ではそうだらないためにはどうしたら良いのでしょうか。

国際結婚の前に、ネットで海外の人と婚活をしようと思った際に事前に注意しなければいけないことを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

海外の人との婚活はお国柄・文化に注目

現在日本はグローバル社会になり、海外の人と多く接する機会が増えてきています。SNSなどを利用した海外情報も多く、場合によっては海外のことについて知っていると思っている人もいるでしょう。

しかし、実際は海外の人にも言えますが、日本人も知らない細かなルールやマイナーすぎる文化などもあり、それを知らなかったという人は多くいます。

例えば、日本の文化を前にした時、日本語を使うことは当たり前でしょう。しかし、日本でもその地域によっては方言や文化・風習というのは異なってあります。

それと同時に海外でも国として大きなくくりで見ると、一見理解できそうな文化や風習はあるものの、そこから細かく見ると、知らないことが点在しているでしょう。

国という大きなまとまりで文化を理解しようとするのではなく、出会った人の国や地域などを理解しておくという行動や、教えて欲しいという前向きな姿勢で行動していくと、相手にとっても良い印象として映ります。

また周囲の人の理解を得ていくということも重要です。身内に国際結婚について否定的な意見を持っていると、その後の交際もうまくいかない可能性が出てくるでしょう。

海外の人との婚活では受け入れる姿勢が大切

これも上記と多少似ていることにはなりますが、文化やお国柄で価値観が違うと分かった時に、生涯を共に過ごす上で理解できるのか、また受け入れることができるのか判断をしていかなければなりません。

やはり海外で住むとなれば余計にそうなのですが、日本にはない文化や風習があれば、驚くことはもちろん、否定的な気持ちになることも少なくないでしょう。

そうなった時に自分は受け入れることができるのか、また一緒に住む上で理解できるのか判断していく必要も出てきます。

「郷に入っては郷に従え」ということわざもありますが、どちらの国に住むにしても、全てをそちらに合わすということはできず、無理に合わせれば、それはストレスの原因にもなってしまいます。

最終的には我慢できずに離婚という結果になりかねないため、しっかりと自分はもちろん、相手にも価値観などの違いを認めてもらい、お互いにすり合わせていけるかどうかが求められるでしょう。

ネットを活用して海外の人と婚活を楽しもう

ネットが発達し、グローバル社会となった今だからこそ、国際結婚は前向きに捉えられやすく、現実味もおびてきました。

周囲にも国際結婚をした人がいたり、子どもが可愛いハーフということも増えている今、あなたの夢も実現するチャンスは間近にあります。

その夢を叶えるためにも、これまでの日本の常識には囚われずに、相手の文化ごろ全て受け止め、婚活でも理解を示して行動し、国際結婚を目標にした婚活を楽しんでいきましょう。

 

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ