結婚相談所で相手の目に留まる自己紹介文の書き方とは!

結婚相談所を利用した際に、必ず最初にぶつかる壁は『自己紹介文』であり、自己紹介というのは、相手に与える第一印象ともなる『顔』です。

魅力的な自己紹介文を作成する必要がありますが、やはりどのような自己紹介文を作成することで、相手にとって良い方向へ進むのかということを理解していないとなかなか選ばれません。

どのような自己紹介文が魅力的になるのか、また自己紹介文を書く際に気を付けることは何なのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

結婚相談所で書く自己紹介文とは

結婚相談所に限らず、マッチングアプリや婚活パーティへの参加時にも自分について相手に知ってもらうためにプロフィールを作成しなければいけません。

名前や年齢はもちろん、職業や趣味、特技の他、プライベートな休日の過ごし方や結婚観、婚活のきっかけなども記載します。

相手にどのような意思をもって婚活をしているのか、また結婚に対してどのようなイメージを持っているのかなどを入力することで、相手に自分の結婚に対しての価値観などを知ってもらう機会にもなるでしょう。

そして、最後には自分のPR文として相手へのメッセージを記載する所もあります。そのような部分でも相手が持つあなたへの印象というのは大きく異なります。

そのため、自己紹介文というのは自分にとっても相手にとっても選ぶ指標となり、相手に感じる第一印象となります。

第一印象を決めるのは写真

プロフィール作成にあたって一番重要なことは『写真』です。婚活によっては写真を必要としないところもありますが、結婚相談所では必ず写真を必要とします。

そして、相手を探す際に一番目に止まるものが写真なので、この写真で第一印象を与えることができ、気になったらプロフィールを見てもらえるでしょう。

結婚相談所の写真は加工など一切できないので、本当の自分を見せなければいけません。では、それだけ大きなきっかけになる写真を相手に良く見せるにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは結婚相談所のプロフィール写真をどのような形にすることで良い印象を与えることができるのか解説していきます。

写真撮影はプロにお願いする

写真を選ぶ際に自撮りの写真であったり、どこかで撮ったことのあるスナップ写真を使用している人もいますがそれはあまり良くありません。

結婚相談所の案内時にも説明をしてくれることもありますが、可能であればできるだけプロのカメラマンに結婚相談所用の写真をお願いしてみましょう。

現在の結婚相談所にはプロフィール写真をプロが撮ってくれる所も増えてきました。無料でやってくれるところもあるので、そのような場合にはそちらでお願いすることをオススメします。

プロのカメラマンが撮ってくれる写真というのは、光加減の調節や印象を良く見せる角度で写真を撮ってくれるので、自分で撮るよりも女性であれば可愛く、綺麗に。

男性であればかっこよく、さわやかな感じの写真を撮ってくれるので、明らかに好印象を持ってもらえます。

証明写真ではどこか就活のようなイメージをもってしまうので、固くなってしまうのでNGです。そして、どの写真を使用するかは自分で選ぶよりも自分以外の人に選んでもらいましょう。

そうすることで、人から見た好印象な写真を選んでもらえるので他者に選んでもらうようにしてください。

清潔感と笑顔は必須

男女共に清潔感というのは必須です。男性であればスーツを使用すること、ネクタイを使用しない場合はジャケットを羽織って少しでも印象を良くしてください。

女性であればスーツなどではなく、ラフすぎず、派手すぎない服装を使用し、可能であれば清楚感溢れるワンピースなどを着て写真を撮ると良いでしょう。

そして写真を撮る際に最も重要なことは『笑顔』です。無表情であったり固い笑顔では相手に与える印象も良くありません。

自然な笑顔というのは自分の一番良い部分を引き出し、相手に与える印象も強く、話しやすい人だという印象や、優しそうなどプラスへ運んでくれるので笑顔の写真を撮るようにしてください。

もし笑顔が苦手という人は、鏡を見ながらトレーニングをしてみましょう。笑うことが少ない人やあまり慣れない人というのは、どうしてもひきつってしまい、自然な笑顔を見せることができません。

またあまり表情を作っていないと、表情筋が固まってしまう傾向にあるので、練習をしておくことで解すことができます。

結婚相談所の自己紹介文は需要を考える

写真の次に見られる部分は自己紹介文になります。自己紹介というのは普段書く機会がないので、どのように書くか悩む人も多いでしょう。

どのようなアピールをすることが大切なのか、どのようなことを記載することで相手の目に止まることができるのか考えることが大切です。

自分好みに全て書くのではなく、相手がどのような人を求めているのか、何を書くと印象を悪くしてしまうのか解説していきましょう。

アピールポイントは絞っておく

『自分はこういう人です』ということを相手に理解してもらうためにもアピールポイントを絞っておくことは大切です。

アピールしたいところが多くて、たくさん書いてしまうという人もいますが、それでは相手に何を伝えたいのか、結局決め手となるものが分からなくなってしまいます。

他にも、あまりに多く書けば自分にはそのつもりはなくても自慢をしてきているのかと捉えられてしまうことも。

もしたくさんアピールしたいと思っていたとしても、ある程度これだけは伝えたいというものを絞っておきましょう。

そうすることで、相手にもしっかりと伝わりやすく、もし結婚した時にどのような生活になるのかなどイメージもつきやすくなります。

では実際にどのようにアピールをすると良いのでしょうか。自己紹介文を作成する際には主に

・趣味
・休日の過ごし方
・性格
・どんな人と出会いたいか
・どのような家庭を築きたいか

を記載しアピールできると良いでしょう。これだけでも相手にとっては十分な想像がでます。可能であれば仕事も記載しておくと、結婚後の仕事に関しても話やすくなるでしょう。

趣味や興味はわかりやすく書く

趣味や興味を記載しておくことで相手もその趣味などを見てあなたに興味を持ってくれることが多く、価値観の合致にもなります。

価値観は結婚を前提とした時に大切で、共通の趣味やこれから一緒にできることなどを分かっておくことで、お互いの距離感も近づき、これからの発展にも繋がります。

女性の中には、少しでも相手におしゃれな女性アピールをしたいと思うからなのか、特にそこまで興味はないけれどおしゃれなものを記載しようとしている方や、男性の中には少しでもかっこつけたいと思うのか、かっこいい趣味を記載する人もいます。

しかし、それはどちらにとっても趣味とは言えず、それで男性女性が興味を持ったとしても長く続くことはないでしょう。

よく分からない趣味ではなく、本当に自分が興味を持っているもの、夢中になれているものを記載し、詳しく書いておくようにしてください。

例えば、スポーツが趣味という場合
・「スポーツ観戦が好き」
・「スポーツをプレイすることが好き」

これだけでも大きく意味は異なるので、何がどのように好きなのか詳しく書くことで同じ趣味を持つ人が寄ってくれます。

興味があるものに関しては、趣味ではないけれどこれから始められるという可能性を示唆しておくと良いでしょう。

結婚相談所では結婚観・将来像を具体的に!

これは自分がどのような結婚生活を送りたいのか、子供が何人ということや結婚後の自分の描く生活など詳しく記載しておくことで、相手にも自分の気持ちが伝えやすいということや、同じような結婚観を持つ人が来てくれるでしょう。

しかし、自分の理想や相手に求めるものを多く書いてはいけません。結婚した後に「これだけは譲れない」というものを記載しておくことが重要です。

生活面はもちろん、仕事についても記載しておくと良いでしょう。例えば女性の場合であれば結婚後の仕事はどうしたいのか、男性の場合は、もし転職や起業することを考えているのであれば、それについて詳しく記載しておくことが大切です。

結婚後にどうなるかというのは分からないですが、計画性をしっかり持っていることをアピールすることで相手もイメージをしやすくなります。

理想の結婚相手について書く

婚活では相手に抱く理想というのを明確に持っておく必要があります。その理想条件を掲示することで、それに近い男性女性が『自分なら合う』と興味を持ち、自分からも探しやすくなります。

しかし、中にはそれは高すぎるのではないかと思うような理想条件を掲示する人がいます。この場合、相手は見つかりません。

自分に都合の良い理想条件を求めても、自分がその人に相応しいとも言えないことや、それだけ高い理想を持つ人というのはいないに等しいでしょう。

理想条件を記載する前に、まずは自分で理想条件を書き出し、どの条件が譲れないのか、どれなら妥協できるのかなど考えてから優先順位をつけてみましょう。

そして、まとまった後にプロフィール内に記載をしてください。そうすることで相手も見つけやすく、自分に合った良い人が現れます。

あまりに多い条件を書き出すと、プロフィールを見た異性からすれば自分は合わないなと避けてしまうこともあるので要注意です。

自己紹介文で書いてはいけないこと

上記でアピール内容を知ってもらったところで、次にはどのようなことを記載してはいけないのか紹介していきます。

プロフィールは相手に自分を見せる最初の機会でもありますが、好きに書いて良いわけではありません。

これを理解していなければ、せっかく相手に自分を知ってもらう機会なのに悪い印象しか与えなくなってしまい、興味も持ってもらえなくなります。

中には
「何を書けば良いのだろう」
「これはきっと知らないことだろうから教えてやろう」
「自分の好きに記載しよう」

と、悩む人や自分のことばかりを考えて記載している人もいますが、これは明らかにマイナスの印象を与えます。

せっかく婚活をしようと決めたのに、これでは婚活難民となりかねません。では、どのようなことに気をつけていくと良いのでしょうか。

文章自体が上から目線はNG

自分は他の人とこのような所が違います、というアピールも一つの方法ですが、その表現方法によっては上から目線に捉えられてしまい、相手にとって気分の良いものではなくなります。

例えば、「容姿に自信がある」「経済的に自信がある」というのは魅力の一つではありますが、相手からすればマウントを取ってきているようにしか見えません。

容姿に関してはプロフィール写真を見れば分かり、経済的な部分は職業や年収の記載だけで十分でしょう。

その他に何か自分をアピールすることに夢中になって記載するとせっかくの魅力がマイナスになってしまいます。

要は、『余計なことは記載しない』に越したことありません。自分ではその気がなくても相手からするとあまり気持ち良く読めるプロフィールではないかもしれないので、一度他者に確認をしてもらうと良いでしょう。

嘘や虚栄心はダメ!

選ばれたい、多くの人の目に止まって欲しいと願うことは誰しも一緒ですが、だからと言って嘘や偽りを書いてしまうのは良くありません。

最初はそれで興味を持ってもらったとしても何度も会う度に徐々に違うと感じ、最終的には不信感へと変わります。

もしお見合いまで持っていけたとしても、交際から結婚まで運べないと意味はありません。まずは素直な自分をプロフィール上でアピールし、嘘になりそうなこと、嘘でも言いたいということがあっても決して書かないようにしましょう。

見栄を張りたいという気持ちも理解できますが、相手にはどのように映るかは分かりません。嘘や虚栄心で自分を盛って、のちにバレてマイナスな印象を与えるよりも、相手から素の自分を受け入れてもらえることの方がのちに大きな喜びになるのではないでしょうか。

自分のいい所も悪い所も受け入れてくれる相手が結婚相手として相応しいでしょう。

ネガティブ表現や空欄は避ける

ネガティブな発想を持つ人や、常に暗い表情を持つ人は周囲からも人が寄ってこなくなります。自分の何かに自信がないというのは誰しもが持つ悩みでもありますが、それをポジティブな表現に変えるということがキーポイントとなります。

例えば、人混みが嫌いという場合には、落ち着いた空間が好きや、二人の時間を作れる空間が好きなど、ポジティブに変えることで、相手の受ける印象も良くなるでしょう。

そして、空欄は極力避け、入力するようにしてください。相手に少しでも情報を掲示することで、どのような人なのかという想像がしやすくなります。

何か一言でも一つでも良いので、絞りだして書くように心がけましょう。

自己紹介文は素直が1番!

プロフィールというのは、自分をアピールする大切な場所ともなるので、自分の伝えたいことを素直に書くことも大切ではありますが、自分の考えや思いを書いてしまうと、相手にはマイナスの印象となってしまいます。

節度を持ち、必要最低限の情報やプラスに働く自己紹介文を作成し、相手に好印象を与えられるようにもっていくことが大切といえるでしょう。

どのような文章が相手に選ばれるのか考えながら書くことで、印象が良くなるので、極力ポジティブな表現を使用し、婚活を行ってください。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ