婚活費用の総額の相場は結局どのぐらい?費用対効果は?【男性・女性別】

婚活をしていく上で出会えるかどうかという事以外に気になるのは、『費用』という部分ではないでしょうか。

婚活費用は高い、費用の問題上婚活をしようと思ってもできないという悩みを抱える人も多いです。しかし、婚活費用というのは様々な条件で変わってきます。

婚活をしていくなかで、どれだけ費用がかかるのかケース別で紹介していきますので、これから婚活をしようと思っている、婚活費用について悩んでいるという人は参考にしてください。

婚活の費用は男性か女性か・婚活スタイルなどで変わる

実は婚活費用というのは統一して高い・安いということはなく、性別や婚活スタイルで大きく変わってきます。

婚活スタイルというのは、婚活アプリ・婚活パーティー・結婚相談所など様々な方法を用いて行うもので、その方法によって費用は大きく異なります。

やはり、費用について理解せずに婚活を行ってしまうと、思った以上にかかってしまい問題になってしまうことも少なからずあるでしょう。

費用について概算を出せるように男女別にまとめたので解説していきましょう。

男性の婚活費用まとめ

最初に男性の婚活費用について解説していきます。男性の場合は女性と異なり多少金額面で大きくなることがあります。

そのため、むやみに色んな方法を試したりするとのちに莫大な費用がかかっていたということも。どの方法にどれだけの費用がかかるのか、別途にかかる費用とは何なのか解説していきましょう。

男性の婚活費用①婚活アプリ・婚活パーティー

婚活アプリというのは、ネットサイトの使用やアプリを使用して行う婚活方法になり、費用は男性で2,000円~4,000円程毎月かかります。

婚活アプリの場合は男性が有料という形になっていることが多く、女性は無料になります。婚活アプリや婚活のプランによっては金額の変動はあるでしょう。

婚活方法の中では婚活アプリが一番安くなりますが、結局メッセージのやり取りに追加料金が発生することや、マッチングした場合にはデート費用がかかることもあるため、月々の費用は多めにみておきましょう。

アプリ内の費用に関してはサイトに記載されていることもあるので、オプション料なども把握しておくと良いです。

婚活パーティーはその名前の通り企業側が開催した婚活パーティーに参加し、多くの人と出会える方法になり。

男性の場合パーティー内容によっても大きく異なりますが、3,000~8,000円/回です。1回でそれだけの費用がかかるので、月に何度もパーティーに参加する場合はそれだけ費用も払うことになるでしょう。

ただし、男性が高スペックの持ち主であった場合は、女性よりも男性の方が安いことがあります。月にどれだけパーティーに参加したいのか、その交通費などを考えてみるとだいたいの目安も見えてきます。

男性の婚活費用②結婚相談所

結婚相談所は結婚に対して真剣に考えている人が多いので、婚活方法として利用している人も多いですが、結婚相談所の使用は他の婚活方法よりも費用が高くなります。

結婚相談所はサポートシステムや結婚相談所によって料金形態が全く異なります。高い所では20万円プラス成婚料で50万円以上かかるところもあれば、安い所では10万円以内で収まることも。

これはあくまで例えになりますが、細かい詳細として下記にまとめました。
入会費
3~15万円
登録料
1~3万円
初期費用
3~20万円(サポートで上下する)
月会費
1~2万円
成婚料
5~30万円(無料のところもある)

このように一番かかるのは初期費用と成婚料になり、成婚退会できずに長い月日結婚相談所に登録しているとそれだけで月会費も重なるでしょう。

成婚料意外にもオプションのサポート料金などでも変わるのでしっかりと最初に金額の説明を受けると良いでしょう。

主な目安としてサイトを見ると初期費用や婚活予定期間、お見合いのペースなど記載がしてあるので、覗いてみてください。

タイミングや相談所によってはキャンペーンなどの割引がありますので、ぜひ探してみてください。

男性の婚活費用③デート・身だしなみの費用

婚活時、費用がかかるのは婚活スタイルだけではありません。マッチングした後にデートなど何かしら女性と会う機会が増えます。

その際のデート代や食事代は主に男性が全額負担するか多めに負担することが一般的でしょう。ランチか、ディナーなのか、カフェのみなのかというお店のグレードにも異なりますが5,000円~10,000円程になるでしょう。

もちろん、それにプラスして交通費なども含まれるので、遠い所の女性に会おうと思うとそれだけかさばるります。

また洋服や髪の毛など身なりを整えたり、新しいスーツを買うという場合にも別途かかるので、交際費として全てにおいて一人の女性には20,000円~みておくと余裕がもてます。

デート代に関してや清潔感を維持するための費用というのは、婚活をしていくうえで重要なことなので、費用をケチることや、不潔感を出してしまうようなことは避けていきましょう。

女性は清潔感がある人を好むので、常に綺麗に整えておくとベストです。また金銭的な部分も女性は注目しています。

ケチだと分かってしまうと、関係の維持は難しくなり婚活が失敗してしまうパターンも多いので要注意です。

女性の婚活費用まとめ

次に女性の婚活費用について解説していきましょう。女性の場合は男性と異なる点がいくつかあり、簡潔にまとめた費用だけを見ると勘違いしてしまう人もいます。

女性の場合は婚活スタイルやデートなどで費用が大きく変わるので、おおよその目安を分かっておくとその後の行動もしやすいでしょう。

女性の婚活費用①婚活アプリ・婚活パーティー

女性の場合婚活アプリは無料であるところが多いですが、中には有料として4,000円程かかるものもあります。

有料の婚活アプリは男性側が高スペックな人ばかりということが多く、そのような人との結婚を目標としているのであればオススメです。

また無料のアプリでも有料登録することで使える機能が増える場合もあるので、登録前にサイトを見て確認してみましょう。

婚活パーティーの場合、一般的には500~5,000円/回ほどかかります。男性よりも女性の方が安いというのが一般的ですが、こちらもアプリ同様高スペックの男性を対象としたパーティーの場合、女性の方が高いこともあります。

後は回数や交通費などを費用に含めて考えるとおおまかな目安をたてやすくなるでしょう。婚活パーティーを始める前にどのパーティーに参加するか、そこまでの交通費や美容代を含めて計算をしてみてください。

女性の婚活費用②結婚相談所

結婚相談所の費用に関しては男性同様女性も相談所ごとにシステムや料金形態が違います。婚活アプリやパーティーの場合は女性が優遇されていることもあり、結婚相談所もそうなのかと思う人もいるでしょう。

しかし、基本的には男女によって費用の差というのはありません。結婚相談所は男女で料金別にしている所はあまりなく、主に同じです。

こちらは男性の費用についてでもお伝えしたものと同じになります。
入会費
3~15万円
登録料
1~3万円
初期費用
3~20万円(サポートで上下する)
月会費
1~2万円
成婚料
5~30万円(無料のところもある)

では他の方法が良いのかと思う人もいるでしょう。確かに費用がかからない方が魅力ではありますが、デメリットがいくつかあることも事実です。

結婚相談所は結婚に対して真剣に考えている人が多く、身分証明などもはっきりしているので、どのような人なのか把握がしやすいです。

また、スタッフのサポートも充実しているので、一人で婚活をすることに不安を感じている人は結婚相談所がオススメです。

女性の場合もサポートやオプションによっては追加料金がかかる所もあるでしょう。まずは結婚相談所のホームページを見て費用の目安をたててみましょう。

また相談所によっては婚活時期やお見合いペースなどによって費用を減らしたり、割引をしている所もあります。

女性の場合は女性割引や20代女性を対象としたもの、シングルマザーを対象にした結婚相談所もあるので、すぐに決めず様々な結婚相談所を見てからどこにするか決めるようにしてください。

女性の婚活費用③デート・身だしなみの費用

女性の場合はデート代や食事代は男性が全額か多く支払ってくれることが多いため、そのような費用はそこまで心配する必要はありません。

だからといって何も出さない、男性が支払って当たり前という姿勢は相手に失礼であり、自分の評価を下げる可能性も高いので、しっかりとお礼をするか、いくらかは出すという姿勢を見せましょう。

女性は男性よりも身なりに費用がかかります。美容室や化粧品などを購入するとなるとそれなりに重なってきます。

また、洋服も購入となれば安くはないでしょう。デート代などで費用がかからない分、こちらの身だしなみには多少かかるため、いくらか準備しておくと良いでしょう。

自分の婚活費用を計算してみる

婚活方法によって費用が違うということが把握できたならば、次に上記の婚活費用を元に自分に合う婚活費用の計算をする必要があります。

そのためにも、まずは婚活費用の計算方法を知っておくと良いでしょう。どのような方法で婚活費用を計算するべきなのか解説していきますので、参考にしてください。

婚活費用の計算①求めるサービス内容を検討して方法を選ぶ

まずは自分がどのような婚活方法が合うのか決める必要があります。それぞれ婚活方法は自分がどのように動くべきかという点で異なるので、慎重に選んでください。

アプリであればプロフィールの登録から好みの相手探し、メッセージを送ること、会う機会を作るなど、全て自分で行わなければいけません。

パーティーであれば、コミュニケーション能力が求められる部分もあるので、一定の補助は必要だけれど、相手に自分を見せることができるという人はパーティーも良いでしょう。

その反面、結婚相談所の場合はスタッフのサポートや助言が頼みとなります。もちろん自分で相手を探すことも必要ではありますが、婚活計画などもスタッフが立ててくれるので進めやすいでしょう。

そして、婚活に対しての悩みや不安がある場合にはスタッフがサポートしてくれるので、安心感はあります。

このように、それぞれ婚活方法には特徴があり、どれを選ぶかで費用も大きく異なるので、上記の方法の中でどれが一番自分の望むサービスを提供してくれるのか、どの方法が自分に合うのか探しましょう。

婚活費用の計算②結婚時期の目標を立てて金額を計算する

大まかに方法が決まった場合は、次に目標を立てます。結婚相談所であれば婚活計画を立ててくれますが、最初からそれに頼るわけではありません。

まずは、自分の望む婚活目標を立てるのです。一番最初に立てる目標は結婚まで持っていく期間です。例えば、現在32歳で3年以内の結婚を目指したいという場合、婚活期間は3年という指標が立ちますよね。

そして、自分が選んだ婚活方法でかかる初期費用、サービスの月額、期間のランニングコスト、お見合いやデートの想定回数×金額、ファッションや美容代など様々なものを追加し、必要費用を算出していきます。

もちろん全ては想像での算出になるので、多くなることもあれば少ないこともありますが、目安として算出しやすいのではないでしょうか。

そして、それぞれの方法を見比べ、比較してみてください。その上でどの方法が自分に一番良いのか、金額的に問題がないのか見えてきます。

婚活費用の計算③初期費用と毎月の費用を分けて把握する

では、大まかに算出できた際、初期費用と毎月の費用はどのように出せばいいのか考えますよね。一般的に多いのは、初期費用など大きな金額の場合は貯金から出し、月々の費用は給料から出す人が多いです。

そのため、初期費用を出す場合に貯金から出してマイナスにならないのか、毎月の費用は収入とのバランスは適切か確かめた上で別々に把握しておきましょう。

どうでしょうか。貯金や収入に費用をあてた際厳しいことはないか、マイナスになる危険性などはないでしょいか。

もし厳しいようであれば、婚活方法を変えるか、期間の短縮を試みましょう。他にも、費用の見直しや行動の見直しも必要です。

もちろん、婚活を始めた後も費用の算出は行うようにしてください。最初にしたのは予想なので、それに伴った費用が現実であるとも限りません。

費用のチェックを常に行い、無理なく続けられているのであれば良いですが、明らかにマイナスな時があったり、ギリギリという場合には見直しましょう。

婚活の費用対効果を考える

婚活を行って必ず結婚できるというわけではありません。大きな費用を支払ったからと必ずすぐに結婚できるという考えを持つ人は今すぐに捨てて下さい。

婚活というのは運やタイミングも必要で、それ以外であれば自分次第なのです。自分がどのような人間で、自分に合った行動はできているのか把握しておくことで、道は徐々に開けてきます。

しかし、自分に合わない方法であったり相手に求めているものが大きかったりと何かしら問題がある場合は費用が無駄にもなりかねません。

自分に合ったサービスを見つけること、自分が積極的に行動することの両方が必要であり、それだけではなく、相手に求める条件の見直しや自分磨きを行っていきましょう。

費用を払って婚活を行うのですから、しっかりとサービスの情報収集、正しい判断、正しい行動をしてください。そうすることで、努力の効果が費用によって現れてくるでしょう。

目標を立てて予算を考えたうえで婚活に挑もう!

婚活費用というのは、婚活方法によって大きく異なります。そのため、まずは自分がどの方法が合うのか考えてみてください。

そして、自分の中の婚活目標を作り、その期間内に結婚できるよう行動もしていきましょう。そうすることで、その目標内予算で結婚に近づくことができます。

婚活で使う方法は直ぐに結婚できる方法ではなく、結婚できるようにサポートをするものです。それを十分に理解して、婚活が成功しないという場合には、自分の行動や容姿など再度見つめなおしてください。

婚活で得られる結果というのは、最終的には自分の努力です。費用を予算内で抑えたいという人はそれなりの努力と行動をしていきましょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ