結婚相談所の成婚・成婚率について実際のところが知りたい!

婚活をしていく中で結婚相談所を利用したいと考えている人もいるでしょう。しかし、本当に結婚できるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

また、結婚相談所を利用した人から聞く『成婚』とは何なのか、『結婚』とは違うのかなど結婚相談所を利用する上で気になることを解説していきます。

他にも結婚相談所の成婚歴や成婚したの体験談や成婚前の注意点などについてもまとめたのでぜひ参考にしてください。

結婚相談所によって「成婚」の意味が違う

結婚相談所には『成婚』という言葉があります。これは主に結婚相談所にとっての目的を達成した際に使われる言葉で、その目的というのは結婚相談所によって異なります。

実際どのような目的で『成婚』という言葉を使用するのか有名結婚相談所を例に挙げてみましょう。

 

ペアーズエンゲージ 結婚を前提とした交際をすること
ツヴァイ 結婚もしくは結婚の意思を固めて婚活を終了すること
パートナーエージェント 結婚の意思を固めて婚活を終了すること
ゼクシィ

縁結びエージェント

結婚の意思を固めて婚活を終了すること
IBSメンバーズ 婚約

このように同じような所もありますが実際には少し異なるので、結婚相談所に登録する際には成婚の意味を理解しておく必要があるでしょう。

おおまかには、結婚の意思を固めるというものが『成婚』になるので、婚活を終える=『結婚』というのは結婚相談所と会員の間に違いが生じることも多いです。

結婚相談所の成婚率は本当?比較できる?

結婚相談所によって成婚の意味が違ということは理解して頂けたと思いますが、似たような成婚の意味をもつことからそれを比較して最も成婚率の高い所へ行けば良いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、実はこの成婚率は似たような定義をもっていたとしても細かくすると定義は違い、そこから比較しようとしても難しいものです。

そして成婚率と言っても成婚退会したけれど結局結婚には至らなかったという場合は計算に入っていないことも多いので、正しい成婚率ではないとも言えるでしょう。

また、成婚率の算出方法というのは結婚相談所によって異なり、全て統一しているわけではないので、「この結婚相談所は成婚率が高いけれど、あちらはどうなのか」という比較は通用しません。

例えば、『成婚退会者数÷在籍会員数』であったり、『成婚退会者数÷すべての退会者数』など明らかに違います。

このことから成婚率を比較して結婚相談所を選びたいと思っていたとしても比較にはならないでしょう。

結婚相談所で成婚した人の声・体験談を読む

実際に結婚相談所を利用した人で成婚退会した元会員の声や体験談がその結婚相談所のサイトに掲載されていることがあります。

結婚相談所がたくさんある中でいくつか体験談や婚活に関する声を載せているサイトを掲載していきます。

ぜひ様々なサイトを見てその結婚相談所がどのような所なのかなど把握していただければと思います。

『IBJ』https://www.ibjapan.com/seikon_interview/
体験談は主に30代が多いですが、中には20代の方や40代の方と幅広くの年代が成婚退会しており、婚活中に困ったことや心配だったことなども話しているので、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

『Nozze』https://www.nozze.com/service/couple/
体験談では実際の交際期間や婚活をしていく中での助言なども含めインタビューや体験談、声を記載しているので、ぜひ一度見てください。

『パートナーエージェント』https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/
パートナーエージェントでは会員だからこそ分かる婚活のホンネや、成婚コンシェルジュが見守った実話、パートナーエージェントで出会って成婚までした夫婦の結婚の過程など様々な視点からの体験談や声が集まっています。

『ツヴァイ』https://www.zwei.com/episode/
ツヴァイでは年齢別で出会いのきっかけ~結婚までの過程を実際にツヴァイを利用して結婚した夫婦にインタビューしたリアル体験談が載せられています。

成婚した夫婦の体験談の他にもサービスや出会い、相手についてや交際中エピソードなど様々な声が集められているので、ツヴァイを利用したことがない人でも分かりやすいでしょう。

『en婚活』https://en-konkatsu.com/experiences/
エン婚活エージェントには会員のリアルな体験談を紹介しています。成婚退会した会員のインタビュー記事や実際に現在婚活中の会員インタビューもあるのでリアルさが伝わってきます。

体験談もたくさんあり、性別や年代、婚姻歴や活動期など様々な方法で検索ができるようになっています。

自分と似たような環境下で成婚した人の体験談も見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所で成婚した人のブログを読む

上記では結婚相談所を利用したことで成婚できたリアルな声になり、主に結婚相談所の特徴を含めて紹介しています。

そのため、実際に結婚相談所を利用して成婚できた人のリアルな秘訣や声というのは分かりにくい部分があるでしょう。

そこで、もっと詳しく成婚について知りたい、秘訣を知りたいという人は、結婚相談所を利用して実際に成婚に結べた人のブログを読んでみてはいかがでしょうか。

『1年半全力で婚活して成婚したアラサーOLブログ』
https://ameblo.jp/thereisawayandblessing/
都内で働くアラサー女性が更新しているブログになり、他にも美容、英語、旅行、読書なども発信しています。

『アラフォーあんこの結婚相談所で婚活→成婚退会ブログ』
https://ameblo.jp/ancoracco/
真剣交際までいくも破局を経験したが、努力を重ね成婚まで行くことができた40代女性のブログです。婚活レポも載せているので参考になるでしょう。

『オタクで恋愛経験が全く無い30代男性の婚活とその後』
http://blog.livedoor.jp/ayumu_8112/
漫画やゲーム、海外ドラマが大好きな男性のブログになります。恋愛経験がないなか、結婚を望み、結婚相談所で1年活動してきた体験記事になります。

成婚しやすい人の特徴とは

誰しもが成婚を目的としていますが、成婚を達成できる人とできない人は何が違うのか悩む人もいます。

実は成婚する人にはいくつかの特徴があります。その特徴を兼ね備えていれば成婚の道はそんなに遠くないでしょう。

「どうせ美人とかイケメンとか外見だろう」と思っている人は待ってください。外見というのは変えられるものでもなく、年収や職業というのもすぐには変えられません。

そのような部分を重視している人もいますが、他にも実はいくつか特徴があるので紹介していきます。

特徴①素直であること

大人になると何故か頭が固くなりやすく、自分の気持ちや考えを優先してしまう人がいます。しかし、これは婚活において必要ありません。

婚活をしている人で人の意見を聞けないというのは婚活難民化しやすく、なかなか思うようにいかないことがあります。

まずは人の意見も素直に聞き入れられるだけの気持ちを持ち、結婚相談所の担当者の意見や友人や家族の意見を参考に婚活を進められるとプラスへ働いていくでしょう。

特徴②謙虚さ

謙虚というのは心遣いが出来る人を指します。自分の意見や思いを押し付けるのではなく、相手の意見も尊重し、自分が偉いと思うのではなく、相手からの行動や言葉からも学ぼうという意思を持つ人です。

婚活に限らず結婚生活でもこの『謙虚』というものは求められ、どれだけ相手へ配慮できるのか、心遣いを表せるのかという所が成婚へのポイントでしょう。

特徴③自主的な人

婚活をしていく中で、女性に多いようにも思いますが待っているだけという人は婚活がすぐに終わることはありません。

何をするにもまずは自分から行動できるのかということがポイントです。結婚相談所を利用する上で、担当者が全てやってくれるということはありません。

自分から相手を見つけにいき、積極的にアピールすることで相手を見つけることもできます。

特徴④柔軟な判断力

柔軟さというのは相手を外見や第一印象だけで決めつけないということです。どうしても人は写真や第一印象で「こういう人なのではないか」と思い込む時があります。

それでは相手から来てくれたとしても自分からタイミングを逃していることになるでしょう。

まずは写真やプロフィールで相手の人はこういう人だろうと判断するのではなく、会ってみてコミュニケーションを図り、知っていくようにしてください。

特徴⑤コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が高い人というのは、どのような人からも人気があります。その理由は相手の話を聞くのも上手で、相手を傷つけず楽しませる話術持ちだからです。

コミュニケーション能力というのは、元から備わっているものではなく、後からでもコミュニケーション能力をつけることはできます。

多くの人と交流を図り、コミュニケーション能力をつけていきましょう。

成婚退会後の破談はある?

成婚後の破談というのは、正直にお伝えすると『あります』。正確なデーターというのはお伝えすることはできませんが、真剣交際中で3割、成婚退会後が1割が破談になると言われています。

真剣交際中も成婚退会後も問題というのはいくつもあり、なかなかお互いに関係を壊したくないという気持ちから、話す必要のあることを話さずに流れ、最終的には破談してしまうということがあるでしょう。

他にも、真剣交際というのは期間も長くないので、その期間中に知ることがなかった相手の性格や価値観を知り、結婚はできないと感じる人も少なくはありません。

このような問題を解決するには、真剣交際中に決めておくことは話をしておき、確認したいことも遠慮なく確認していきましょう。

成婚後の破談となればまた結婚相談所登録から始まるなど手間が増えてしまうので、本当に結婚相手として相応しい相手なのか判断していくためにも真剣交際中に判断していけるようにしましょう。

成婚退会後・結婚後に後悔することはある?

これに関しても破談と同様、『あります』。やはり全てを短期間に知るということはできないので、結婚して初めて見える相手の姿もあります。

そのような時に後悔する人は少なくないでしょう。これに関しても上記同様に話しにくいことだとしてもはっきりと話すようにすること、自分は受け入れられないものがあると言うならば、それもはっきりしておくようにしてください。

そうしなければ、結婚後に分かったとしてお互いに話し合い解決できるものであれば良いですが、そう簡単ではありません。

解決することができなければ、どちらか片方が我慢し、耐え続けなければいけないので、それがストレスとなり最終的には破談という結果になりかねないので注意しましょう。

結婚相談所での結婚の離婚率

日本人の離婚率は年々上昇傾向にあるものの、結婚相談所を利用した人で結婚した夫婦の離婚率というのは低いと言われています。

これに関してもはっきりした統計はありませんが、主な理由として、結婚相談所を利用し出会った夫婦というのは婚活中に相手をしっかりと観察し、結婚相手として見るので、恋愛結婚とは違う結果を出せるためでしょう。

恋愛結婚の場合は、やはり結婚相手として見ていないことや好きという恋愛感情から相手のダメな部分も受け入れてしまいがちです。

それが結婚となった時に、我慢できない対象となることが多くあります。しかし、結婚相談所を利用した結婚は、そのような始まりではなく、相手を見極める所から入るので、離婚の理由となるものに当てはまらないと考えられます。

結婚まで進むために確認しておくべきこと

結婚相談所に登録してから結婚に進むためには、問題なくスムーズにいきたいですよね。後々成婚退会後に破談になるという道は避けたいものです。

そのためにも、まずは何を確認しておくことが重要なのか、素敵な成婚退会を迎えるためにもいくつかまとめたので参考にしてください。

確認すべきこと①借金や過去の経歴など

結婚後に発覚することがあるので、これは交際前には確認しておくようにしてください。借金やローンの有無というのは結婚後に悪影響を及ぼしてきます。

もちろんこれは本人だけではなく、親にもないか確認しておく必要があります。借金やローンがあり、それを知らずに結婚してしまうと、全て自分の元にきてしまいます。

また結婚歴や養育中の子供の有無も確認しておくと良いでしょう。離婚歴がある場合はその理由を明確にしておくことや、子供がいるというのであれば、月にいくら支払っているのかなど把握しておくことが重要です。

他にも犯罪歴は重要ですよね。もちろん本人は前に向かって進んでいるかもしれないので、責めるというわけではなく、相手の経歴を理解しておくことで、自分の対応も取りやすくなるでしょう。

自分も同様です。相手に何か上記のような事がある場合は全て打ち明けましょう。隠しているというのはバレた時に一気に信頼を失い、今までの努力も水の泡となります。

確認すべきこと②将来の計画(仕事・出産・育児など)

結婚を見据え、将来を一緒に歩もうという意思があるならば、相手に仕事のことや子供のこと、育児方針なども確認しておくと良いです。

仕事に関してであれば、これからキャリアップを目指しているのか、独立や転職を希望してたりするのか、その予定はいつかなど細かく確認しておきましょう。

子供や育児に関しては、何人子供が欲しいと思っているのか、育児や家事の分担はどうするのか、女性であれば出産後の仕事はどうするのかなど細かいと思うかもしれませんが確認をしておくことで、価値観の合致というのは見えてきます。

その他にもマイホームのことなどお金や育児に関するものは一番はっきりさせておくことで結婚後も問題になることはないでしょう。

確認すべきこと③お互いに素の自分でいられているか

最初はお互いどこか本当の自分というのは見せられないことがあります。最初というのは相手に気に入られたい、嫌われたくないという意思が働くので仕方のないことでしょう。

しかし、何回もデートを重ね、真剣交際や成婚目前という時にまだ自分を取り繕う状態であるならば、結婚後にうまくいくことはありません。

相手に対して本当の自分を隠しているということは失礼に値し、また自分を出せない相手と結婚したとしてもストレスを抱えるだけの関係になってしまいます。

結婚をする相手というのは、一緒にいて素の自分を見せることができる、リラックスできる関係であるということが重要でしょう。

自分はもちろんですが、相手にもそのような関係を与えられるよう頑張りましょう。

確認すべきこと④親の同意・紹介

結婚をするというのは当人同士の話だけではなく、お互いの家族も関係してきます。まずは、親にしっかりとお互いを紹介し、同意を得られるのか確認しましょう。

そして、結婚後の親との関係を明らかにしておくことも必要です。親と同居する可能性はないのか、親との距離感をどう保つのか、うまくやっていけるのかなどいくつか明確にしておくことが大切です。

同居や距離感というのはのちのお互いの関係にも関わってくるのではっきりしておきましょう。その中で自分では受け入れられないということがあるならば、しっかりと断っておきましょう。

確認すべきこと⑤健康状態

健康状態を明確にしておくことも必要です。持病はないか、治療中の病気はないかなど。持病や治療中の病気がある際、面倒を最終的に見るのは結婚相手であるあなたです。

病気によっては食事に気を付けなければいけなかったり、何か症状があった際の適切な行動などを知る必要が出てきます。

必要時には結婚後長く関係を維持することもなく、介護が必要になったり先に旅立ってしまう可能性も少なくはありません。

相手が病気を持っており、その治療に関して自分も携わっていけるのであれば良いですが、不安な場合や、面倒は無理だという場合にははっきり断りましょう。

自力で成婚の可能性を高めていくことが大切

成婚というのはなかなか難しいもので、努力が必要です。しかし、成婚しやすい人の特徴というものがあることを確認し、取り入れていくことで、成婚への近道となるでしょう。

まずは結婚相談所に載せられている成婚退会した人の声や体験談を参考にし、次に特徴を取り入れつつ自分から動くようにしてください。

そして、その後の関係を無理なく維持していくためにもお互いに確認し合うことや話し合う時間というのは取っていきましょう。

そうすることで、成婚退会後も安定した関係維持や結婚を望めるでしょう。

資料請求から始める

婚活を始めるにあたりまずは
資料を取り寄せたい方はこちらからどうぞ

リモート婚活方法を選ぶ

スタイル別リモート婚活方法はコチラ